「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

大船渡市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンクを設置。空き家バンクを利用して売買又は賃貸借契約を締結した空き家の所有者と市外からの転入者を対象に奨励金(5万円)を交付。空き家バンクを利用して売買又は賃貸借契約を締結した空き家のリフォームをする場合、ローンの金利優遇措置や助成制度あり(条件等は要確認)。(2)漁業者が市外からの新規雇用者を確保するために行う宿舎整備等に対して、補助金を交付。水産加工事業者が市外からの新規雇用者向けに宿舎を確保する場合、補助金を交付(条件等は要確認)。(3)市内の事業者等に常用雇用者として6ヶ月以上雇用されたUIJターン者等に対し、6万円分の地域商品券を交付(条件等は要確認)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 731.8 万円
利子補給条件・備考等 【被災住宅債務利子補給】(a)建設は、借入利率上限2.0%、上限額は465万円。(b)土地購入は、借入利率上限2.0%、上限額206万円。(c)敷地造成は、借入利率上限2.0%、上限額60.8万円。終了日は2022年3月31日。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)200万円(2)130万円(3)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【被災者住宅再建支援事業補助金】複数世帯は上限200万円。単数世帯が上限150万円。(2)【復興住宅新築補助金】(a)バリアフリー対応工事は住宅の延べ床面積に応じて上限90万円。(b)県産材使用工事は県産材の使用量に応じて上限40万円。2022年3月31日まで。(3)【地域材利用促進事業費補助金】気仙産材を5m3以上使用し住宅を新築する人に対し、建築費用の一部を助成。助成金額は、気仙産材1m3使用につき1万円。申請は工事着手前。予算がなくなり次第受付終了。生活再建住宅支援事業(県助成事業)など国、県又は市で実施する他の補助金との併給はできない。(2)復興住宅新築補助金の(b)との併給は不可。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 731.8 万円
利子補給条件・備考等 【被災住宅債務利子補給】(a)購入は、借入利率上限2.0%、上限額は465万円。(b)土地購入は、借入利率上限2.0%、上限額206万円。(c)敷地造成は、借入利率上限2.0%、上限額60.8万円。終了日は2022年3月31日。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)200万円(2)130 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【被災者住宅再建支援事業補助金】複数世帯は上限200万円。単数世帯が上限150万円。(2)【復興住宅新築補助金】バリアフリー対応工事は住宅の延べ床面積に応じて上限90万円。県産材使用工事は県産材の使用量に応じて上限40万円。終了日は2022年3月31日。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 671 万円
利子補給条件・備考等 【被災住宅債務利子補給】(a)購入は、借入利率上限2.0%、上限額は465万円。(b)土地購入は、借入利率上限2.0%、上限額206万円。終了日は2022年3月31日。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 200 万円
補助/助成金条件・備考等 【被災者住宅再建支援事業補助金】複数世帯は上限200万円。単数世帯が上限150万円。終了日は2022年3月31日。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)(地域商品券+現金)25万円(2)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム助成事業】機能維持工事(リフォーム)。工事費の10%、上限は5万円(地域商品券で支給)。機能向上工事(バリアフリー)。工事費の20%、上限は10万円(地域商品券で支給)。※両方の工事を行う場合、上限は10万円、空き家バンク利用で15万円加算。(2)【地域材利用促進事業費補助金】気仙産材(大船渡市・陸前高田市・住田町のいずれかの区域内の森林から生産された木材)を1m3以上使用して住宅を増改築する人に対し、建築費用の一部を助成する。助成金額は、気仙産材1m3使用につき1万円。申請は工事着手前。予算がなくなり次第受付終了。生活再建住宅支援事業(県助成事業)などの国、県又は市で実施する他の補助金との併給はできない。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域陸前高田市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【被災関連定住支援事業費補助金】東日本大震災時に市外に居住していた人で、今後、市内に住宅を新築して定住する人の経済的負担を軽減する。(2)【定住支援住宅事業助成金】移住者への住宅支援。上限100万円の商品券。(3)【陸前高田市Uターン促進奨励金】市内に住所を定めたUIターン者に対し、奨励金を支給。(4)【陸前高田市空き家バンク事業】「空き家の利用を希望されている方」と「空き家の貸出を希望されている方」を仲介する制度。(5)移住定住相談窓口(陸前高田市移住定住総合支援業務により特定非営利活動法人高田暮舎に委託し相談窓口を設置している)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 250 万円
利子補給条件・備考等 東日本大震災によりその居住する住宅に著しい被害を受けた者が、被災住宅に代わる住宅を市内に建設するために資金を借り入れた場合に、利子相当額として最大250万円。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)200万円(3)90 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)地域産木材を使用して延べ床面積50m2以上の木造住宅を新築する場合に対象木材の使用量に応じて補助。(2)東日本大震災により県内で住宅が全壊した世帯が市内で新築する場合200万円(単身世帯は150万円)。(3)東日本大震災によりその居住する住宅が滅失した者が、高齢者に配慮した一定の基準を満たす住宅、岩手県産の木材を使用した住宅を市内に新築する場合に、それぞれ住宅の床面積に応じて最大90万円、対象木材の使用量に応じて最大40万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 250 万円
利子補給条件・備考等 東日本大震災によりその居住する住宅に著しい被害を受けた者が、被災住宅に代わる市内の住宅を購入するために資金を借り入れた場合に、利子相当額として最大250万円。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)200万円(2)90 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)東日本大震災により岩手県内で住宅が全壊した世帯が市内に新たに住宅を購入する場合に200万円(単身世帯は150万円)。(2)東日本大震災によりその居住する住宅が滅失した者が、高齢者に配慮した一定の基準を満たす住宅、岩手県産の木材を使用した住宅を市内に購入する場合に、それぞれに住宅の床面積に応じて最大90万円、使用した木材の量に応じて最大40万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 250 万円
利子補給条件・備考等 東日本大震災によりその居住する住宅に著しい被害を受けた者が、被災住宅に代わる市内の住宅を購入するために資金を借り入れた場合に、利子相当額として最大250万円。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)200万円(2)90 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)東日本大震災により岩手県内で住宅が全壊した世帯が市内に新たに住宅を購入する場合に200万円(単身世帯は150万円)。(2)東日本大震災によりその居住する住宅が滅失した者が、高齢者に配慮した一定の基準を満たす住宅、岩手県産の木材を使用した住宅を市内に購入する場合に、それぞれに住宅の床面積に応じて最大90万円、使用した木材の量に応じて最大40万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 28 万円
利子補給条件・備考等 東日本大震災によりその居住する住宅に被害を受けた者が、被災住宅を補修又は改修するために資金を借り入れた場合の償還利子。借入金額640万円、利率1.0%により算出した金額を上限とし、最長5年間。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 60 万円
補助/助成金条件・備考等 (a)1981年5月31日以前に着工の戸建。(b)木造在来軸組工法、伝統的工法の木造平屋建、木造2階建。(c)建築基準法令に違反しない。(d)ア~ウのいずれかに該当。(ア)耐震簡易診断の総合評点が1.0未満、(イ)耐震一般診断の上部構造評点が1.0未満、(ウ)耐震一般診断で重大な地盤・基礎の注意事項の指摘があった住宅。耐震改修工事に係る工事費並びに耐震改修工事を行うため必要な既存仕上げ等の撤去、再仕上げ等に要する工事費、設計費、工事監理費。補助対象経費の4/5以内。

周辺地域釜石市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)空き家バンク制度を実施。(2)定住促進住宅に入居する新婚・UIターン世帯への1万円/月減免。(3)転入者の住居取得を支援するライフデザインUIターン補助金(D65住居の取得方法により補助内容は異なる)。(4)市外から転入し、市内事業所で勤務する医療及び福祉系資格保有者の家賃補助を行う福祉人材確保型定住奨励金。(5)市外から転入し、満34歳未満の市内就業者の奨学金返還補助を行う移住促進型奨学金返還支援補助金。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(定住促進住宅において、「婚姻1年未満又は使用の申し込みの日から3月以内に婚姻予定である者」について、3年間に限り使用料を1万円/月、減免。結婚新生活支援補助金として、結婚を機に新たに賃借した住宅にかかった費用[勤務先からの住宅手当や駐車場代などは除く]を上限30万円まで助成)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 250 万円
利子補給条件・備考等 【住宅再建等利子補給】東日本大震災の被災者が住宅を建設又は購入するために新しく住宅ローンを借り入れる場合。借入する金額、利子に対して上限250万円を補助。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)130万円(3)100万円(4)130万円(5)40 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【被災者住宅再建支援事業】100万円。(2)【釜石市単独被災者住宅再建支援事業】130万円。(3)【被災者住宅再建支援釜石産木材活用住宅推進事業】100万円。(4)【釜石市災害復興住宅新築等工事助成事業】バリアフリー対応工事90万円+県産材使用工事40万円。条件あり。(5)【釜石産木材活用住宅推進事業】地元産木材使用量に応じ最大40万円助成。※(1)~(4)は被災者向けの制度。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 250 万円
利子補給条件・備考等 【住宅再建等利子補給】東日本大震災の被災者が住宅を建設又は購入するために新しく住宅ローンを借り入れる場合。借入する金額、利子に対して上限250万円を補助。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)130 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【被災者住宅再建支援事業】100万円。(2)【釜石市単独被災者住宅再建支援事業】130万円。※(1)、(2)は被災者向けの制度。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 250 万円
利子補給条件・備考等 【住宅再建等利子補給】東日本大震災の被災者が住宅を建設又は購入するために新しく住宅ローンを借り入れる場合。借入する金額、利子に対して上限250万円を補助。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(3)130 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【被災者住宅再建支援事業】100万円。(2)【釜石市単独被災者住宅再建支援事業】130万円。※(1)、(2)は被災者向けの制度。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 (融資限度額)640 万円
利子補給条件・備考等 【住宅再建等利子補給】東日本大震災の被災者が住宅の補修・改修をするために新しく住宅ローンを借り入れる場合。当初5年間の利子額(借入上限額640万円、利率上限1%)を助成。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)140万円(2)75万円(3)20 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【釜石市被災者住宅補修等工事助成事業】耐震改修工事+バリアフリー改修工事+県産材使用改修工事。(2)【釜石市木造住宅耐震補強工事助成事業】1981年5月31日以前着工の木造住宅について耐震補強工事等の費用を補助。経費1/2の額を助成(上限75万円)。(3)【釜石市住宅安全安心リフォーム工事助成事業】バリアフリー工事、家具等転倒防止器具の設置等リフォーム工事の場合、工事費を補助。経費2/3の額を助成(上限20万円)。