「何問読める❔難読温泉地クイズ【西日本編】」投票受付中

小松市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?ここでは住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度を紹介します。

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【空き家・空き室バンク制度】市内の空き家情報を市ホームページ等で公開する。(2)【空き家有効活用家賃補助金】45歳以下の若者世帯が空き家バンクの登録物件を借りた場合に、家賃の1/2(最大5,000円/月)を3年間補助。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【こまつ新婚すまい応援金】アパート等の賃貸の際について、初期費用に家賃が含まれる場合に補助。最大30万円)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)110万円(2)40万円(3)20万円(4)10 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【飛行場周辺地区居住環境整備助成金】航空機騒音区域で、騒音緩和を配慮した住宅を建設する場合にうるささ指数に応じて最大50万円を補助。市外転入者には30万円の加算、3世代住宅で最大20万円の加算、45歳以下の若者世帯は10万円の加算有。(2)【「ようこそ小松」定住促進奨励金】市外から市内転入する場合に30万円を補助。45歳以下の若者世帯は10万円の加算あり。(3)【3世代家族住宅建築奨励金】3世代で同居する場合に20万円、近居する場合に10万円を補助。(4)【住まいる小松奨励金】分譲宅地を購入して住宅を建築する場合に10万円を補助。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)40万円(2)20万円(3)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【「ようこそ小松」定住促進奨励金】市外から市内転入する場合に30万円を補助。45歳以下の若者世帯は10万円の加算有。(2)【3世代家族住宅建築奨励金】3世代で同居する場合に20万円、近居する場合に10万円を補助。(3)【まちなか住宅建築奨励金】住宅を購入する場合に30万円を補助。45歳以下の若者世帯は10万円の加算、市内業者加算で10万円の加算あり。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)40万円(2)20万円(3)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【「ようこそ小松」定住促進奨励金】市外から市内転入する場合に30万円を補助。45歳以下の若者世帯は10万円の加算有。(2)【3世代家族住宅建築奨励金】3世代で同居する場合に20万円、近居する場合に10万円を補助。(3)【まちなか住宅建築奨励金】住宅を購入する場合に30万円を補助。45歳以下の若者世帯は10万円の加算、市内業者加算で10万円の加算あり。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)40万円(2)20 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【「ようこそ小松」定住促進奨励金】市外から市内転入する場合に30万円を補助。45歳以下の若者世帯は10万円の加算有。(2)【3世代家族住宅建築奨励金】3世代で同居する場合に20万円、近居する場合に10万円を補助。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域加賀市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)若年U・Iターン者雇用奨励金制度。(2)移住者創業支援信用保証料補給事業。(3)移住住宅取得助成事業。(4)創業等支援融資利子補給事業。(5)若年層定住住宅取得助成事業。(6)空き家バンク制度。(7)インターネット環境等整備事業補助金。(8)移住者自動車運転免許取得助成事業。(9)加賀市移住支援金(いしかわ移住支援事業)

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)110万円+α万円(2)60万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【移住住宅取得助成事業】定住を前提に住宅を新築する市外からの転入者を対象に基本額50万円と加算額(18歳以下の子ども第1子5万円、第2子以降1人あたり10万円、市内業者施工30万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円、補助対象者が45歳未満の場合20万円)、を助成。(2)【若年層定住住宅取得助成】住宅を新築する45歳未満の方を対象に基本額20万円と加算額(18歳以下の子ども第1子5万円、第2子以降1人あたり10万円、市内業者利用10万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円)を助成。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)80万円+α万円(2)30万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【移住住宅取得助成事業】定住を前提に住宅を購入する市外からの転入者を対象に基本額50万円と加算額(18歳以下の子ども第1子5万円、第2子以降1人あたり10万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円、補助対象者が45歳未満の場合20万円)を助成。(2)【若年層定住住宅取得助成事業】住宅を購入する45歳未満の方を対象に基本額20万円と加算額(18歳以下の子ども第1子5万円、第2子以降1人あたり10万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円)を助成。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)130万円+α万円(2)50万円+α 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【移住住宅取得助成事業】定住を前提に住宅を購入する市外からの転入者を対象に基本額50万円と加算額(18歳以下の子ども第1子5万円、第2子以降1人あたり10万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円、補助対象者が45歳未満の場合20万円、空き家バンク制度に登録された物件を購入した場合50万円)を助成。(2)【若年層定住住宅取得助成事業】住宅を購入する45歳未満の方を対象に基本額10万円と加算額(18歳以下の子ども第1子5万円、第2子以降1人あたり10万円、市が定める居住誘導区域に居住10万円、空き家バンク制度に登録された物件を購入した場合30万円)を助成。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)170万円(2)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅耐震改修事業】耐震診断:図面有りは無料、図面なしは現地調査費5,000円自己負担。耐震設計:設計費×2/3(上限20万円)。耐震工事は工事費×10/10(上限150万円)。(2)【若年層住宅改修等助成事業】45歳未満の方が建築後20年以上の住宅を市内業者を利用して増築、改築または改修を行う場合、補助金として20万円(18歳未満の子どもがいる世帯)又は10万円(18歳未満の子どもがいない世帯)と加算額(三世代同居の場合10万円)を助成。

周辺地域白山市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【空き家バンク制度】空き家の所有者と利用希望者をマッチングする制度。(2)定住促進奨励金。(3)若年層定住促進奨励金。(4)白山ろく地域定住促進奨励金。(5)三世代同居近居促進事業補助金。(6)中古住宅購入補助金。(7)空き家改修補助金。(8)新婚夫婦賃貸住宅家賃助成金。(9)短期移住体験補助事業。(10)オンライン相談。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【新婚夫婦賃貸住宅家賃助成金】民間賃貸住宅等に居住している45歳未満で結婚1年未満の新婚夫婦に対し、家賃月額の1ヶ月相当を補助。上限5万円)

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)80万円(2)30万円(3)100万円(4)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【定住促進奨励金】市外から転入する方に住宅ローンの10%を補助。上限50万円又は80万円。(2)【若年層定住促進奨励金】45歳未満の方に住宅ローンの10%を補助。上限30万円。(3)【白山ろく地域定住促進奨励金】白山ろく地域で新築する方に住宅ローンの10%を補助。上限100万円。(4)【三世代同居近居促進事業補助金】新たに三世代同居・近居を始める方に30万円を補助。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)80万円(2)30万円(3)100万円(4)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【定住促進奨励金】市外から転入する方に住宅ローンの10%を補助。上限50万円又は80万円。(2)【若年層定住促進奨励金】45歳未満の方に住宅ローンの10%を補助。上限30万円。(3)【白山ろく地域定住促進奨励金】白山ろく地域で新築する方に住宅ローンの10%を補助。上限100万円。(4)【三世代同居近居促進事業補助金】新たに三世代同居・近居を始める方に30万円を補助。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)30万円(2)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【三世代同居近居促進事業補助金】新たに三世代同居・近居を始める方に30万円を補助。(2)【中古住宅購入補助金】市外からの転入者又は45歳未満の方に取得費用の1/3を補助。上限30万円。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)30万円(2)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【三世代同居近居促進事業補助金】新たに三世代同居・近居を始める方に30万円を補助。(2)【空き家改修補助金】空き家バンク制度を通じて空き家バンク登録物件を改修し入居する方に改修費用の1/2を補助。上限50万円。

周辺地域能美市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)のみ移住サポートセンター(移住相談窓口)。(2)ちょい住み体験(短期移住体験施設)。(3)Nチケット(転入世帯に協賛事業者の優待サービスチケット提供)。(4)定住促進補助金。(5)U・I・Jターンで市内企業に就職し、市内アパート入居者(40歳以下)へ2年間家賃1/3を補助。(6)空き家バンク制度。(7)空き家改修費等補助金。(8)市内で新たに対象業種を創業する者への補助。(9)転入者へ市内商店で利用できる「商品券」を贈呈(2,000円/人)。(10)東京圏から移住、市内就業で、レンタカー料一部補助。(11)新婚世帯の住宅取得や賃借料、または引越しの費用を補助(最大30万円)。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援事業補助金】新婚世帯の住宅取得や賃借料、または引越しにかかる費用を補助[最大30万円])

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)170万円(2)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【定住促進補助金制度】45歳未満の定住を目的に市内で住宅を取得し所有権をもつ方が対象。前住所、定住先等の要件により加算金あり。最大170万円を助成。(2)【加賀の木づかい奨励金制度】住宅を新築する場合20万円。その他要件により加算金あり。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)170万円(2)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【定住促進補助金制度】45歳未満の定住を目的に市内で住宅を取得し所有権をもつ方が対象。前住所、定住先等の要件により加算金あり。最大170万円を助成。(2)【加賀の木づかい奨励金制度】建売住宅を購入する場合20万円。その他要件により加算金あり。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)170万円(2)15 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【定住促進補助金制度】45歳未満の定住を目的に市内で住宅を取得し所有権をもつ方が対象。前住所、定住先等の要件により加算金あり。最大170万円を助成。(2)【加賀の木づかい奨励金制度】空き家を購入し住宅に改修する場合15万円。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)170万円(2)30万円(3)50万円(4)150 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【定住促進補助】45歳未満の定住を目的に住宅を取得した人を対象。前住所、定住先等の要件加算あり。170万円上限。(2)【加賀の木づかい奨励金】住宅の増築・改築した場合20万円。他要件加算金あり。(3)【空き家改修費等補助】空き家バンクの登録物件を取得、改修する際の費用1/2助成(上限50万円)。(4)【既存建築物耐震改修工事費等補助制度】(a)簡易耐震診断制度は、1981年5月31日以前木造住宅で図面有の場合、簡易耐震診断無料。(b)耐震診断補助は、1981年5月31日以前の木造住宅の耐震診断費用の4/5かつ上限12万円助成。(c)耐震改修補助は、1981年5月31日以前の木造住宅の耐震改修工事費用100%かつ上限150万円助成。

周辺地域勝山市

住宅支援 その他

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:移住者を対象に引越しに関する助成、家賃助成、市外通勤助成、Uターン奨励金のほか、住宅を新築、中古住宅を購入する場合及びそれに合わせてリフォームをする場合の助成、定住化促進事業、U・Iターン者・子育て世帯空き家住まい支援事業、空き家情報バンクがある。お試し移住体験施設事業がある。その他、医療・介護人材奨励金の交付、育英資金奨学金返還免除、教育資金利子補給、民間賃貸社宅助成制度がある。

結婚・子育て

出典・用語解説

新婚世帯向け家賃補助制度 なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【勝山市定住化促進事業】定住の意思を持った転入者、定住の意思を持った40歳以下の者、市内事業者の施工に限る。最高50万円を補助。敷地全部を親族以外から購入または賃借した場合、最高100万円を補助。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【勝山市定住化促進事業】定住の意思を持った転入者、定住の意思を持った40歳以下の者、市内事業者の施工に限る。最高50万円を補助。敷地全部を親族以外から購入または賃借した場合、最高100万円を補助。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【勝山市定住化促進事業】定住の意思を持った転入者、定住の意思を持った40歳以下の者、親族以外から購入した場合は、最高50万円を補助。県外からの転入者または子育て世帯が勝山市空き家情報バンク登録物件を購入した場合、最高100万円を補助。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)190万円(3)90 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【定住化促進事業】定住意思を持った転入者、定住意思を持った40歳以下の者、市内事業者施工に限る。(2)【木造住宅耐震改修促進事業】一定条件を満たした場合、住宅の耐震工事費用の23%を補助。一般住宅の建物全体の耐震改修工事の場合、上限120万円。一般住宅の部分的な耐震改修工事の場合、上限30万円。伝統的な古民家の建物全体の耐震改修工事の場合、上限190万円。(3)【多世帯同居推進事業】新たに多世帯同居するためのリフォーム工事、工事費10%、上限90万円。