「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

魚津市の「移住」関連データ

「移住」の際に、自治体の助成制度が利用できることがあるのをご存じですか?住宅の建築・購入・リフォームなどに関わる住宅助成の制度や、移住そのものを支援する制度、新婚世帯向けの家賃補助制度で支援してくれる制度があります。

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)魚津市空家・空地情報バンク(2)【魚津市若年移住者賃貸住宅助成金】富山県内の事業所で仕事をしている40歳未満の転入者の敷金、礼金、仲介手数料などの費用の1/2、上限10万円を補助。(3)【魚津市子育て新婚世帯住宅取得支援補助金】子育てまたは新婚世帯で魚津市内に住宅を取得する場合、50万円を補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【魚津市子育て新婚世帯住宅取得支援補助金】子育てまたは新婚世帯で魚津市内に住宅を取得する場合、50万円を補助。(2)【魚津市居住誘導区域住宅取得支援補助金】住居誘導区域に住宅を取得する場合、取得費用の4%を補助。転入者は上限100万円、居住誘導区域外に住む市内居住者は上限50万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【魚津市子育て新婚世帯住宅取得支援補助金】子育てまたは新婚世帯で魚津市内に住宅を取得する場合、50万円を補助。(2)【魚津市居住誘導区域住宅取得支援補助金】住居誘導区域に住宅を取得する場合、取得費用の4%を補助。転入者は上限100万円、居住誘導区域外に住む市内居住者は上限50万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【魚津市子育て新婚世帯住宅取得支援補助金】子育てまたは新婚世帯で魚津市内に住宅を取得する場合、50万円を補助。(2)【魚津市居住誘導区域住宅取得支援補助金】住居誘導区域に住宅を取得する場合、取得費用の4%を補助。転入者は上限100万円、居住誘導区域外に住む市内居住者は上限50万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【魚津市木造住宅耐震改修支援事業】1981年以前に着工した木造一戸建て住宅の耐震改修工事(補助率4/5)。

周辺地域の「移住」関連データをチェック

周辺地域滑川市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:【空家・空地バンク制度】空家・空地情報をホームぺージに掲載。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【滑川市婚活支援事業成婚記念家賃助成事業補助金[2017年12月1日要綱施])】市の婚活支援事業を通じて成婚したカップルを対象に、市営住宅、市特定公共賃貸住宅又は市定住促進住宅の家賃を助成。毎月の公営住宅等の家賃の1/3以内で1,000円未満を切り捨てた額。交付期間は、公営住宅等に入居した月から起算して3年以内)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【まちなか住宅取得支援事業】まちなか(人口集中地区)区域以外からまちなかにおいて住宅を取得される場合に、金融機関からの借入額の3%、上限50万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【まちなか住宅取得支援事業】まちなか(人口集中地区)区域以外からまちなかにおいて住宅を取得される場合に、金融機関からの借入額の3%、上限50万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【まちなか住宅取得支援事業】まちなか(人口集中地区)区域以外からまちなかにおいて住宅を取得される場合に、金融機関からの借入額の3%、上限50万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【木造住宅耐震改修支援事業】1981年以前の一戸建て木造住宅の耐震改修の工事費の一部を補助。(対象住宅)木造一戸建て、建物の過半が1981年5月31日以前に着手したもの、階数が2以下のもの、在来軸組工法によるもの、(一財)日本建築防災協会による一般診断、精密診断などにより耐震補強の必要性があるとされたもの(対象となる耐震補強工事)建物全体を改修する工事(Iw値1.0以上)、1階だけを部分改修する工事(Iw値1.0以上)、1階の主要居室(居間・寝室等)だけを部分改修する工事(Iw値1.5以上)、建物全体を簡易改修する工事(Iw値0.7以上)。

周辺地域黒部市

出典・用語解説

移住支援制度 あり

備考:(1)【移住促進賃貸住宅居住支援補助金】市外からの転入者で若年単身世帯・子育て世帯・若年夫婦世帯に1~1.5万円、市内居住誘導区域外から居住誘導区域内へ転居で月5,000円。最大24ヶ月。(2)【UIJターン就業支援】(a)市内の事業所に雇用された初居住者に15万円、(b)Uターン者15万円、(a)(b)と同居し就職していない18歳以下の家族に5万円、インターンシップを実施する事業者に参加学生1人につき8万円以内。(3)住宅取得支援補助金。(4)空家情報バンク活用促進補助金。(5)登録空家リフォーム補助金。(6)新幹線通勤・通学補助金。(7)【定住体験施設】施設の利用を1泊1人2,000円で提供(2泊以上)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【移住促進賃貸住宅居住支援補助金】市外からの転入者で、子育て世帯[小学生以下の子供のいる世帯]又は若年夫婦世帯[夫婦どちらかが40歳未満]に、居住誘導区域内は月1.5万円、居住誘導区域外は月1万円。市内転居者が居住誘導区域外から居住誘導区域へ転居の場合は月5,000円)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅取得支援補助】(a)金融機関等から借入金を有している市外からの転入者で、住宅を取得するための借入金額の2%(上限30万円)。まちなか又は地鉄沿線区域内の場合10万円を加算。さらに居住誘導区域の場合60万円加算。(b)居住誘導区域内への市内居住者で、1年以内に300万円以上の土地を取得した場合一律30万円。(2)【屋根融雪装置補助】指定地域内で融雪装置の設置費用、30万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得支援補助】(a)金融機関等から借入金を有している市外からの転入者で、住宅を取得するための借入金額の2%(上限30万円)。まちなか又は地鉄沿線区域内の場合10万円を加算。さらに居住誘導区域の場合60万円加算。(b)居住誘導区域内への市内居住者で、1年以内に300万円以上の土地を取得した場合一律30万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)85万円(2)10 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅取得支援補助】(a)金融機関等から借入金を有している市外からの転入者で、住宅を取得するための借入金額の2%(上限15万円)。まちなか又は地鉄沿線区域内の場合10万円を加算。さらに居住誘導区域の場合60万円加算。(b)居住誘導区域内への市内居住者で、1年以内に300万円以上の土地を取得した場合一律30万円。(2)【空家情報バンク活用促進補助金】空家バンク登録物件の売買代金の1/5(上限10万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)100万円(3)30万円(4)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【ハッピーホームサポート事業】2021年度以降に三世代同居又は近居を始めた世帯の改修工事(100万円以上[税込])に50万円。それ以前に始めた世帯には20万円。要件あり。(2)【登録空家リフォーム補助金】空き家バンク登録物件の改修費用の1/2(上限50万円)、「居住誘導区域」は上限100万円。(3)【屋根融雪装置補助】指定地域内で融雪装置の設置費用、30万円。(4)【木造住宅耐震改修支援事業】1981年5月31日以前の住宅の耐震性能向上のための工事費用の4/5(上限100万円)。