「何問読める❔難読温泉地クイズ【西日本編】」投票受付中

上山市の「ご当地キャラ」関連データ

全国各地に存在する「ご当地キャラクター」。その役割や特徴などは多種多様で、日々自分たちの住んでいる街をアピールするため頑張っています。ここでは、人々の心を惹き付けて止まない「ご当地キャラクター」についてご紹介します。

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター カセ坊 かみのやま湯たろう
カセ坊は、上山市民俗行事「加勢鳥」をモチーフにしたキャラクター。愛くるしい瞳とワラミノをかぶった神様の化身。かみのやま湯たろうは温泉大好き。チャームポイントは果物柄のタオルと温泉でぽかぽか温まったゆるい顔。

周辺地域の「ご当地キャラ」関連データをチェック

周辺地域山形市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター はながたベニちゃん
はながたベニちゃん
はながたベニちゃん
「はながたベニちゃん」は、江戸時代の紅花商人の蔵座敷から飛び出した、キュートな「紅花」ヘアに「さくらんぼ」柄の着物、「花笠」を片手にした明るく元気な女の子。山形市長から「山形市のお宝広報大使」に任命され、県内外のイベントにたくさん参加して山形のPR活動を頑張っている。

周辺地域南陽市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター NANちゃん(女の子)・YOちゃん(男の子)
キャッチコピーである「菊とぶどうといで湯の里南陽」をモチーフとした菊の妖精。市の花である菊をデザインした帽子とぶどうのマークをつけた小さなエンゼル(男の子と女の子)。どんな場合でもいつも2人一緒に顔を出す。