「何問読める❔難読温泉地クイズ【西日本編】」投票受付中

東海市の「ご当地キャラ」関連データ

全国各地に存在する「ご当地キャラクター」。その役割や特徴などは多種多様で、日々自分たちの住んでいる街をアピールするため頑張っています。ここでは、人々の心を惹き付けて止まない「ご当地キャラクター」についてご紹介します。

東海市のご当地キャラはデータがございません。

周辺地域の「ご当地キャラ」関連データをチェック

周辺地域名古屋市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター はち丸
はち丸
はち丸
名古屋開府と同じ1610年、名古屋生まれ。人とふれあうことが大好きで、名古屋をあちこち旅している。風呂敷の中には、ねがいボシの「かなえっち」が入っていて、出会った人にプレゼントし交流を続けてきた。2010年、仲間とともに大好きな名古屋の400歳をお祝いし、さらにこれからも名古屋の魅力をみんなに知ってもらえるようあちこち旅を続ける。

周辺地域大府市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター おぶちゃん
おぶちゃん
おぶちゃん
大府市公式マスコットキャラクター。体の形は大府市の地形。明るい黄色は元気のしるし。チャームポイントは市の花くちなし。タスキをかけて未来への健康の橋渡し役を務めているよ。ゆるキャラグランプリ2018では6位を獲得したよ。

周辺地域知多市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター ふゅうちゃん
海に面した知多市をイメージして魚のデザインを主体に、飛躍を意味する「翼」と進化を表現する「車輪」を付けている。Future(未来)の「F」とFish(魚)の「F」をとって名づけられた。