「何問読める❔難読温泉地クイズ【西日本編】」投票受付中

常滑市の「ご当地キャラ」関連データ

全国各地に存在する「ご当地キャラクター」。その役割や特徴などは多種多様で、日々自分たちの住んでいる街をアピールするため頑張っています。ここでは、人々の心を惹き付けて止まない「ご当地キャラクター」についてご紹介します。

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター トコタン
トコタン(実写)
トコタン(実写)
トコタンは、常滑市が国内最大級の生産を誇る特産物「招き猫」がモチーフ。2014年4月に、常滑市制60周年を記念して「ボートレースとこなめ」のマスコットキャラクターから市の公式キャラクターになった。

周辺地域の「ご当地キャラ」関連データをチェック

周辺地域半田市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター だし丸くん(半田市観光マスコットキャラクター)
だし丸くん
だし丸くん
半田市観光マスコットキャラクターで、半田の山車(だし)が大好きな元気いっぱいな5歳の男の子。頭には、山車のぼうし、ぼうしの後ろには蔵と赤レンガの風景の幕をつけて、新美南吉童話イメージキャラクターの「ごん吉くん」が付いた腹掛けを着て、全身で「山車・蔵・南吉・赤レンガ」のまち半田市の魅力を発信しているよ。

周辺地域知多市

体制

出典・用語解説

ご当地キャラクター ふゅうちゃん
海に面した知多市をイメージして魚のデザインを主体に、飛躍を意味する「翼」と進化を表現する「車輪」を付けている。Future(未来)の「F」とFish(魚)の「F」をとって名づけられた。