「地域の魅力にかぶりつけ🍔ご当地バーガーランキング」投票受付中

柏市の「医療」関連データ

昨今のコロナ禍で全国的に注目された、子どもの医療費助成や街の病院数、お医者さんの人数、病院のベット数など、ここでは医療に関するデータについて紹介しています。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:1回300円の自己負担あり。調剤薬局は自己負担なし。市民税額が非課税・均等割のみ課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1日300円の自己負担あり。市民税額が非課税・均等割のみ課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 15 ヶ所 89位 (815市区中)
一般病床数 3,134 51位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 73.12 336位 (815市区中)
一般診療所総数 257 ヶ所 84位 (815市区中)
歯科診療所総数 217 ヶ所 66位 (815市区中)
医師数 1,152 60位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 26.88 166位 (815市区中)
内科医師数 255 74位 (815市区中)
小児科医師数 73 86位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 13.23 515位 (815市区中)
外科医師数 96 39位 (815市区中)
産婦人科医師数 35 82位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 3.90 357位 (815市区中)
歯科医師総数 313 69位 (815市区中)
小児歯科医師数 138 67位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 25.00 395位 (815市区中)

周辺地域の「医療」関連データをチェック

周辺地域取手市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1回600円、月2回まで自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日300円、月3,000円まで自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 8 ヶ所 180位 (815市区中)
一般病床数 824 246位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 76.84 302位 (815市区中)
一般診療所総数 54 ヶ所 370位 (815市区中)
歯科診療所総数 56 ヶ所 248位 (815市区中)
医師数 211 276位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 19.68 354位 (815市区中)
内科医師数 65 274位 (815市区中)
小児科医師数 22 253位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 20.20 233位 (815市区中)
外科医師数 17 310位 (815市区中)
産婦人科医師数 10 229位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 5.24 229位 (815市区中)
歯科医師総数 71 273位 (815市区中)
小児歯科医師数 29 302位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 26.63 339位 (815市区中)

周辺地域守谷市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日600円、月2回まで自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1日300円、月3,000円まで自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 3 ヶ所 472位 (815市区中)
一般病床数 487 395位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 70.18 366位 (815市区中)
一般診療所総数 42 ヶ所 461位 (815市区中)
歯科診療所総数 39 ヶ所 336位 (815市区中)
医師数 122 414位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 17.58 442位 (815市区中)
内科医師数 35 495位 (815市区中)
小児科医師数 14 370位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 13.28 512位 (815市区中)
外科医師数 15 357位 (815市区中)
産婦人科医師数 9 252位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 5.98 171位 (815市区中)
歯科医師総数 60 311位 (815市区中)
小児歯科医師数 32 276位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 30.36 226位 (815市区中)

周辺地域松戸市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:課税世帯は、1回200円の自己負担あり。非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:課税世帯は、1日200円の自己負担あり。非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 18 ヶ所 74位 (815市区中)
一般病床数 2,585 69位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 51.86 549位 (815市区中)
一般診療所総数 279 ヶ所 76位 (815市区中)
歯科診療所総数 271 ヶ所 48位 (815市区中)
医師数 876 81位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 17.57 443位 (815市区中)
内科医師数 252 76位 (815市区中)
小児科医師数 88 67位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 15.32 425位 (815市区中)
外科医師数 67 74位 (815市区中)
産婦人科医師数 27 103位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 2.60 494位 (815市区中)
歯科医師総数 710 24位 (815市区中)
小児歯科医師数 220 25位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 38.29 85位 (815市区中)

周辺地域野田市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:未就学児までは自己負担なし。小学生及び中学生は1回300円の自己負担あり。市町村民税所得割非課税世帯は自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:小・中学生は、1回300円の自己負担あり。未就学児までは自己負担なし。市町村民税所得割非課税世帯は自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 5 ヶ所 303位 (815市区中)
一般病床数 705 291位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 45.74 597位 (815市区中)
一般診療所総数 76 ヶ所 267位 (815市区中)
歯科診療所総数 82 ヶ所 164位 (815市区中)
医師数 201 287位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 13.04 621位 (815市区中)
内科医師数 67 264位 (815市区中)
小児科医師数 27 211位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 15.25 433位 (815市区中)
外科医師数 18 289位 (815市区中)
産婦人科医師数 9 252位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 3.17 433位 (815市区中)
歯科医師総数 115 171位 (815市区中)
小児歯科医師数 57 159位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 32.20 194位 (815市区中)

周辺地域流山市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:住民税所得割課税世帯は、1回200円の自己負担あり。非課税世帯は、自己負担なし。調剤は無料。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:住民税所得割課税世帯は、1日200円の自己負担あり。非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 6 ヶ所 251位 (815市区中)
一般病床数 821 247位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 40.99 640位 (815市区中)
一般診療所総数 103 ヶ所 193位 (815市区中)
歯科診療所総数 100 ヶ所 139位 (815市区中)
医師数 232 262位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 11.58 674位 (815市区中)
内科医師数 107 173位 (815市区中)
小児科医師数 26 217位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 8.16 741位 (815市区中)
外科医師数 21 247位 (815市区中)
産婦人科医師数 10 229位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 2.25 541位 (815市区中)
歯科医師総数 148 141位 (815市区中)
小児歯科医師数 78 122位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 24.48 413位 (815市区中)

周辺地域我孫子市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:1回300円の自己負担あり。調剤薬局は自己負担なし。非課税、所得割非課税者は、自己負担なし。高校生相当の年齢の人は1回500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限あり

備考:高校生相当の年齢の人は所得制限あり。扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は622万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。所得には一定の控除あり。さらに老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき6万円加算した額。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1日300円の自己負担あり。非課税、所得割非課税者は、自己負担なし。高校生相当の年齢の人は1日500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限あり

備考:高校生相当の年齢の人は所得制限あり。扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は622万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。所得には一定の控除あり。さらに老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき6万円加算した額。

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 8 ヶ所 180位 (815市区中)
一般病床数 678 297位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 51.50 556位 (815市区中)
一般診療所総数 72 ヶ所 277位 (815市区中)
歯科診療所総数 70 ヶ所 193位 (815市区中)
医師数 138 378位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 10.48 707位 (815市区中)
内科医師数 49 365位 (815市区中)
小児科医師数 13 396位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 9.00 720位 (815市区中)
外科医師数 18 289位 (815市区中)
産婦人科医師数 4 406位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 1.60 620位 (815市区中)
歯科医師総数 106 190位 (815市区中)
小児歯科医師数 40 229位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 27.68 305位 (815市区中)

周辺地域鎌ケ谷市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:市町村民税所得割課税世帯は、1回300円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:市町村民税所得割課税世帯は、1日300円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 5 ヶ所 303位 (815市区中)
一般病床数 589 342位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 53.57 537位 (815市区中)
一般診療所総数 66 ヶ所 308位 (815市区中)
歯科診療所総数 62 ヶ所 223位 (815市区中)
医師数 167 332位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 15.19 533位 (815市区中)
内科医師数 69 256位 (815市区中)
小児科医師数 16 329位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 12.54 557位 (815市区中)
外科医師数 19 269位 (815市区中)
産婦人科医師数 6 329位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 2.71 478位 (815市区中)
歯科医師総数 97 209位 (815市区中)
小児歯科医師数 51 182位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 39.96 73位 (815市区中)

周辺地域印西市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:1回200円の自己負担あり。市民税所得割非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1日200円の自己負担あり。市民税所得割非課税世帯は自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 2 ヶ所 595位 (815市区中)
一般病床数 694 293位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 65.61 409位 (815市区中)
一般診療所総数 50 ヶ所 399位 (815市区中)
歯科診療所総数 37 ヶ所 355位 (815市区中)
医師数 276 232位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 26.09 180位 (815市区中)
内科医師数 51 351位 (815市区中)
小児科医師数 12 417位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 6.95 766位 (815市区中)
外科医師数 11 443位 (815市区中)
産婦人科医師数 17 147位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 7.82 96位 (815市区中)
歯科医師総数 57 327位 (815市区中)
小児歯科医師数 32 276位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 18.53 607位 (815市区中)

周辺地域白井市

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:市民税所得割額の課税世帯は、1回300円の自己負担あり。非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:市民税所得割額の課税世帯は、1日300円の自己負担あり。非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

健康・医療 出典・用語解説

出典・用語解説

◆一般病院総数、一般診療所総数、一般病床数、歯科診療所総数
厚生労働省「医療施設調査」 2019年
病院とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所であって、患者20人以上の入院施設を有するものをいう。
なお、一般病院とは、精神病床のみを有する病院以外の病院(平成10年までは伝染病院、平成24年までは結核療養所も除く)を指す。
診療所とは、医師又は歯科医師が医業又は歯科医業を行う場所(歯科医業のみは除く)であって、患者の入院施設を有しないもの又は患者19人以下の入院施設を有するものをいう。
◆医師数・歯科医師数
厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計」 2020年
医師数・歯科医師数とは、医師法及び歯科医師法に基づく医師国家試験及び歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者をいう。なお、この数は従業地別の数値である。従業地の〔複数回答〕のものを使用。
一般病院総数 3 ヶ所 472位 (815市区中)
一般病床数 327 515位 (815市区中)
一般病床数 人口10000人当たり 51.77 552位 (815市区中)
一般診療所総数 30 ヶ所 597位 (815市区中)
歯科診療所総数 30 ヶ所 426位 (815市区中)
医師数 73 562位 (815市区中)
医師数 人口10000人当たり 11.56 675位 (815市区中)
内科医師数 29 569位 (815市区中)
小児科医師数 16 329位 (815市区中)
小児科医師数 小児人口10000人当たり 18.44 297位 (815市区中)
外科医師数 9 519位 (815市区中)
産婦人科医師数 0 704位 (815市区中)
産婦人科医師数 15~49歳女性人口10000人当たり 0.00 704位 (815市区中)
歯科医師総数 38 458位 (815市区中)
小児歯科医師数 26 333位 (815市区中)
小児歯科医師数 小児人口10000人当たり 29.96 238位 (815市区中)