「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

喜多方市の「補助金」関連データ

補助金制度は多くの市区町村が実施している制度です。ここでは住宅に対する補助金、子どもの医療費に対する補助金、保育園・幼稚園の補助について紹介します。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い なし

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)400万円(2)150 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【喜多方市移住者住宅取得支援事業】新築は住宅の取得経費の1/5以内。上限額は400万円(年齢、配偶者、義務教育終了まえの子どもの人数、市内建築事業者の使用の有無、県外移住かどうかにより補助額変動あり)。(2)【多世代同居住宅取得支援事業】子が住宅を取得し親と同一の住居等に居住の場合、新築1/5以内で上限額150万円、中古1/2以内で上限額60万円を補助(子どもの数等による変動あり)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)400万円(2)150 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【喜多方市移住者住宅取得支援事業】新築は住宅の取得経費の1/5以内。上限額は400万円(年齢、配偶者、義務教育終了まえの子どもの人数、市内建築事業者の使用の有無、県外移住かどうかにより補助額変動あり)。(2)【多世代同居住宅取得支援事業】子が住宅を取得し親と同一の住居等に居住の場合、新築1/5以内で上限額150万円、中古1/2以内で上限額60万円を補助(子どもの数等による変動あり)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)160万円(2)60 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【喜多方市移住者住宅取得支援事業】中古は住宅の取得経費の1/2以内。上限額は160万円(年齢、配偶者、義務教育終了まえの子どもの人数、市内建築事業者の使用の有無、県外移住かどうかにより補助額変動あり)。(2)【多世代同居住宅取得支援事業】子が住宅を取得し親と同一の住居等に居住の場合、新築1/5以内で上限額150万円、中古1/2以内で上限額60万円を補助(子どもの数等による変動あり)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 120 万円
補助/助成金条件・備考等 (a)【一般耐震改修工事】工事費の4/5以内、上限120万円。(b)【簡易耐震改修工事】工事費の4/5以内、上限72万円。(c)【部分耐震改修工事】工事費の4/5以内、上限72万円。(d)【現地建て替え工事】工事費の4/5以内、上限120万円。対象は1981年5月31日以前に着工された戸建て木造住宅で、耐震診断を行った結果、耐震基準を満たしていない建物。

周辺地域の「補助金」関連データをチェック

周辺地域米沢市

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い なし

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 あり

備考:小学校6年生以下の児童で数えて第3子以降となる児童に月2.4万円を補助する。

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 20 万円
補助/助成金条件・備考等 【地産木材使用住宅等建築奨励事業費補助金】米沢産又は山形県産材を30万円以上使用する建物であり、かつ、材積の70%以上は米沢産を使用する。助成金額は木材費の1/2の額で上限は20万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)120万円(3)20 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【米沢市住宅リフォーム総合支援事業費補助金】(a)一般世帯は工事費の10%で上限12万円(世帯加算により上限30万円)、移住世帯は工事費の20%で上限30万円(世帯加算により上限40万円)※県産木材3m3以上使用または2019年4月1日以降中古住宅の診断を受けた空き家は上限10万円加算。その他要件あり。(b)戸建木造住宅に補助。耐震診断に基づき住宅の評点を上げる改修工事費の25%補助(県40万円)。工事後評点0.7以上に限る。(2)【空き家改修支援事業】空き家の改修費に補助。加算措置により最大120万円。交付対象者により要件あり。(3)【地産木材使用住宅等建築奨励事業費補助金】地産材を使用し増改築を行う場合、木材費の1/2の額で上限20万円を助成。他要件あり。

周辺地域会津若松市

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い なし

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【循環型地域経済活性化奨励金】市に登録した特定の市内建築業者により地元産木材30%以上使用の住宅を新築または購入した場合、市内商店から物品を購入した個人に対し、固定資産税相当額を上限に奨励金を支給(3年間で総額50万円を限度)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【循環型地域経済活性化奨励金】市に登録した特定の市内建築業者により地元産木材30%以上使用の住宅を新築または購入した場合、市内商店から物品を購入した個人に対し、固定資産税相当額を上限に奨励金を支給(3年間で総額50万円を限度)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給条件・備考等 【水洗便所改造資金融資あっせん制度】個人が所有する既設住宅のトイレ、風呂場、台所などの排水設備工事(供用開始から3年以内に行う新築工事を除く改造工事)について、金融機関より融資を受ける場合の貸付利息を市が全額負担。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【耐震改修工事補助】1981年以前に建築された木造一戸建住宅で耐震診断を行い、耐震基準を満たしていない住宅が対象。工事費の1/2(上限100万円)。

周辺地域新発田市

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い あり
結婚祝い-備考 市主催の婚活イベントを通じて結婚し、引き続き新発田市内に居住する夫婦を対象に、記念祝品として商品券3万円分または旅行券3万円分を贈呈。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い なし

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、1回530円、月4回まで自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)150万円(2)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅取得補助金】市の中心市街地内に市外からの転入者が新築住宅(建売住宅、新築分譲共同住宅)を取得する場合、一部補助を行っている(上限150万円)。(2)【景観形成費用助成】新発田市景観条例・景観計画に基づき、歴史景観エリアの歴史景観重要道路沿い及び市道新発田川添線(一部区間)沿いの敷地において、景観づくりに著しく寄与すると認められる建築物の新築(外壁又は屋根に限る)を行う場合、一部補助を行っている(上限50万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 150 万円
補助/助成金条件・備考等 【住宅取得補助金】市の中心市街地内に市外からの転入者が新築住宅(建売住宅、新築分譲共同住宅)を取得する場合、一部補助を行っている(上限150万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)90万円(2)10 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅取得補助金】市の中心市街地内に市外からの転入者が中古住宅を購入する場合、一部補助を行っている(上限90万円)。(2)【定住化促進事業】空き家バンクを利用して、物件の売買契約を結んだ方に、祝金を支給。新発田市外からの転入者には10万円、新発田市内在住者は5万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)75万円(2)70万円(3)20万円(4)120万円(5)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【耐震診断・耐震設計・耐震改修事業】診断費無料。設計費、上限10万円。改修費、上限65万円。(2)【簡易補強工事等支援】簡易補強設計費、上限10万円。簡易補強工事、上限60万円。簡易シェルター設置費、上限40万円。(3)【住宅リフォーム支援】工事費、上限15万円。要件により5万円加算。(4)【住宅取得補助金】親元等へのUターン増改築費、50万円。加算要件あり。(5)【景観形成支援】一部地域における増改築又は修繕、模様替えの一部補助、上限50万円。