「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

北秋田市の「補助金」関連データ

補助金制度は多くの市区町村が実施している制度です。ここでは住宅に対する補助金、子どもの医療費に対する補助金、保育園・幼稚園の補助について紹介します。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い あり
結婚祝い-備考 未婚者の結婚の奨励ならびに若者の定住促進、出産による少子化対策を目的とした、新婚世帯の経済的な支援として、夫婦の合計年齢が70歳以下で、3年以上北秋田市に定住する意思を有する方を対象に、夫婦1組あたり10万円の祝い金を支給。ただし、夫婦のどちらかが移住者の場合は20万円を支給。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い あり
妊娠・出産祝い-備考 (1)子を出産する方に5.5万円分の祝品を贈呈。(2021年4月1日以降に子が第1子が生まれ、かつその子が出生した日の6ヶ月前から北秋田市に住所を持つ)。(2)第1子1.5万円のクーポン券を交付(2021年4月2日以降に第1子が生まれ、かつ養育している)。(3)第2子1.5万円のクーポン券を交付(2019年4月2日以降に第2子以降の子が生まれ、かつその子を含む2人以上の子を養育している)。(4)第3子1.5万円のクーポン券を交付(2018年4月2日以降に第3子以降の子が生まれ、かつその子を含む3人以上の子を養育している)。

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:中学校卒業後から18歳3月末までは、医療機関・調剤薬局ごと(レセプトごと)に月500円の自己負担あり。中学校卒業までは、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:中学校卒業後から18歳3月までは、医療機関ごとに月500円の自己負担あり。中学校卒業までは、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 あり

備考:秋田県で実施しているすこやか子育て支援事業により、保護者の所得、世帯状況(一般世帯・ひとり親世帯)等に応じて、利用料の1/2ないし1/4を助成する(助成割合は県1/2、市1/2)。

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 130 万円
補助/助成金条件・備考等 【北秋田市移住者住宅支援事業】北秋田市へ市外から転入をし、定住用住宅の新築住宅を取得した場合、助成金を交付する(市内業者が建築するものに限る)。助成額は一般世帯の場合、住宅所得費の2/10、上限65万円、子育て世帯の場合、住宅所得費の4/10、上限130万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 130 万円
補助/助成金条件・備考等 【北秋田市移住者住宅支援事業】北秋田市へ市外から転入をし、定住用住宅の建売住宅を取得した場合、助成金を交付する(市内業者が建築するものに限る)。助成額は一般世帯の場合、住宅所得費の2/10、上限65万円、子育て世帯の場合、住宅所得費の4/10、上限130万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 130 万円
補助/助成金条件・備考等 【北秋田市移住者住宅支援事業】北秋田市へ市外から転入をし、定住用住宅の中古住宅を取得した場合、助成金を交付する。助成額は一般世帯の場合、住宅所得費の2/10、上限65万円、子育て世帯の場合、住宅所得費の4/10、上限130万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)70万円(2)62 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【北秋田市住宅リフォーム支援事業】(a)住宅リフォーム・増改築工事は、補助対象となる工事費の10%(限度額10万円)。(b)18歳以下の子供が2人以上同居している世帯が行う工事は、補助対象となる工事費の15%(限度額30万円)。(c)空き家を購入した世帯が行う工事は、補助対象となる工事費の20%(限度額40万円)。(a)~(c)まで、移住者が行う場合、補助対象となる工事費の15%(限度額30万円)を加算。(2)【北秋田市木造住宅耐震補助事業】耐震診断は診断士派遣費12万を市負担。耐震改修計画は補助率9/10、上限20万円。耐震改修は補助率1/2、上限30万円。1981年5月31日以前の木造住宅で耐震診断後に耐震改修を行う場合。

周辺地域の「補助金」関連データをチェック

周辺地域秋田市

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(経済的理由で結婚に踏み出せない方を支援するため、新居の住宅購入費や家賃、引越し費用の一部を補助[上限30万円]。婚姻時における年齢が夫婦共に39歳以下であることなど、諸条件あり)
妊娠・出産祝い あり
妊娠・出産祝い-備考 妊娠中に「秋田市版ネウボラ」で母子保健コーディネーターと面接した方を対象に、プチギフト(歯みがき・塩分計量スプーンセット、お米、おかゆセット、エコバック、ダリアの中から1つ)を贈呈。

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:0歳児と父母の市(区町村)民税所得割が非課税の場合を除き、1レセプトにつき1,000円を上限とし、一部負担金の半額を自己負担。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限あり

備考:小学生から所得制限あり。扶養親族等の数が0人の場合、小学生は所得制限基準額は460万円、中学生は267.2万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:0歳児と父母の市(区町村)民税所得割が非課税の場合を除き、1レセプトにつき1,000円を上限とし、一部負担金の半額を自己負担。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限あり

備考:小学生から所得制限あり。扶養親族等の数が0人の場合、小学生は所得制限基準は460万円、中学生は267.2万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 あり

備考:(1)【すこやか子育て支援事業】市民税所得割額に応じ、保育料および副食費の1/4又は1/2を助成。(2)【認可外保育施設保育料助成事業】利用施設と認可保育所の保育料差額[(1)の助成適用後]の1/4又は1/2を助成。(3)第2子以降保育料無償化等。2018年4月2日以降出生の第2子以降保育料を全額助成。2018年4月2日以降に第3子以降が生まれた世帯の第2子以降の保育料を全額または1/2助成。(4)第1子保育料無償化。2018年4月2日以降出生の第1子保育料を全額助成。※いずれも所得制限あり。

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 421 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅を建設するための借入金の利子相当額(建物325万円、土地96万円)。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)150万円+α万円(3)20万円+α万円(4)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【多世帯同居・近居推進事業】同居のための建替又は親、子、孫等が所有し、居住する住宅のそばに、市外からの移住者が、近居する住宅新築(100万円)。(2)【子育て世帯移住促進事業補助金】県外からの転入者で18歳未満の子の養育者が住宅を取得する際に係る費用を助成。基本金額100万円。市内業者加算50万円。子供一人につき10万円(ひとり親は15万円)を加算。他要件あり。(3)【若者移住促進事業補助金】県外から転入するものが住宅を取得する際に係る費用を助成。上限20万円。県外出身者に1人につき15万円加算。他要件あり。(4)【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅新築(100万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 421 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅を購入するための借入金の利子相当額(建物325万円、土地96万円)。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)150万円+α万円(3)20万円+α万円(4)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【多世帯同居・近居推進事業】親、子、孫等が所有し、居住する住宅のそばに、市外からの移住者が、近居する住宅の購入費用(100万円)。(2)【子育て世帯移住促進事業補助金】県外からの転入者で18歳未満の子の養育者が住宅を取得する際に係る費用を助成。基本金額100万円。市内業者加算50万円。子供一人につき10万円(ひとり親は15万円)を加算。他要件あり。(3)【若者移住促進事業補助金】県外から転入するものが住宅を取得する際に係る費用を助成。上限20万円。県外出身者に1人につき15万円加算。他要件あり。(4)【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅の購入費用(100万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 421 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅を購入するための借入金の利子相当額(建物325万円、土地96万円)。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)150万円+α万円(3)20万円+α万円(4)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【多世帯同居・近居推進事業】親、子、孫等が所有し、居住する住宅のそばに、市外からの移住者が、近居する住宅の購入費用(100万円)。(2)【子育て世帯移住促進事業補助金】県外からの転入者で18歳未満の子の養育者が住宅を取得する際に係る費用を助成。基本金額100万円。市内業者加算50万円。子供一人につき10万円(ひとり親は15万円)を加算。他要件あり。(3)【若者移住促進事業補助金】県外から転入するものが住宅を取得する際に係る費用を助成。上限20万円。県外出身者に1人につき15万円加算。他要件あり。(4)【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅の購入費用(100万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 あり
利子補給上限金額 325 万円
利子補給条件・備考等 【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅を改修するための借入金の利子相当額(建物325万円)。
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)10万円(2)100万円(3)100万円(4)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム支援】50万円以上の工事に5万円(中活10万円)を補助。(2)【空き家定住推進】空き家バンク物件又は宅建業者の仲介により取引された戸建ての物件を購入・貸借した移住者等が行う増改築等費用の1/2を補助。購入は上限100万円(中活等50万円)、賃貸借は上限30万円(中活等20万円)。(3)【多世帯同居・近居推進】新たに多世帯同居するための自己の住宅の増改築等費用の1/2を補助(上限50万円。市外からの移住又は18歳以下の子がいる世帯による同居は、上限100万円)。(4)【がけ地近接等危険住宅移転事業】危険住宅に代わる住宅の改修費用を補助(100万円)。

周辺地域能代市

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い あり
結婚祝い-備考 【結婚・子育て祝い金事業】結婚祝い金として、夫婦1組につき5万円を贈呈(2年以上の居住要件や年齢制限等の要件あり)。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い あり
妊娠・出産祝い-備考 (1)【めんchoco誕生事業】新生児に父母からメッセージを添えたオリジナルの絵本または木のおもちゃ等を贈呈。(2)【結婚・子育て祝い金事業】誕生祝金として、お子様1人につき5万円を贈呈(なお、居住要件等あり)。

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで(ただし、非課税及び市民税所得割非課税世帯は18歳3月末まで)
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:所得割課税世帯の1歳から中学校卒業までは、1レセプトにつき月1,000円を上限として、半額の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで(ただし、非課税及び市民税所得割非課税世帯は18歳3月末まで)
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:所得割課税世帯の1歳から中学校卒業までは、1レセプトにつき月1,000円を上限として、半額の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 30 万円
補助/助成金条件・備考等 【秋田スギの温もり補助事業】秋田スギを使用し、住宅を新築する者に助成。上限金額は30万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)80万円(2)30 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム助成】住宅の増改築・リフォーム工事に要する費用の一部を助成。補助対象工事に要する費用の10%(上限20万円)。多世代同居、多子世帯、空き家のリフォーム等工事の場合、各々加算して費用の10%(上限20万円)を助成。(2)【秋田スギの温もり補助事業】秋田スギを使用し、住宅を増改築する者に助成。上限金額は30万円。

周辺地域大館市

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い あり
結婚祝い-備考 あきた結婚支援センターに登録した市民がセンターの活動を通じて婚姻し、婚姻時に夫婦ともに大館市に住所を有し、婚姻から1年後も引き続き大館市に住所を有していること、または、生活の拠点が大館市にあること、婚姻時の夫婦の年齢がともに20歳以上34歳以下であることの全ての要件を満たした場合、10万円相当の地域限定商品券を贈呈。初婚、再婚は問わない。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(新たに婚姻し、夫婦いずれの年齢も39歳未満で所得が400万円未満の世帯の住宅の取得若しくは賃貸、又は引越しに係る費用について30万円を上限として助成)
妊娠・出産祝い あり
妊娠・出産祝い-備考 子どもが生まれた全ての世帯に、出産祝い品として地域限定商品券(第1子は10万円、第2子以降5万円)を贈呈。誕生祝い品として、「百年杉の森の積み木」か「秋田犬プルトイ」のどちらかを選択のうえ贈呈。

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:1歳以上で市民税所得割の課税世帯は、1レセプトにつき、月1,000円を上限として半額の自己負担あり。0歳と所得割非課税世帯は自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限あり

備考:3歳以上で扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は460万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。所得には一定の控除あり。さらに老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき6万円加算した額。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1歳以上で市民税所得割の課税世帯は、1レセプトにつき、月1,000円を上限として半額の自己負担あり。0歳と所得割非課税世帯は自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 あり

備考:【認定保育施設利用支援事業】認定保育施設に入所し、月極契約をしている方に対し、認定保育施設と認可保育園等の保育料を比較し、認定保育施設の保育料が上回った場合差額を助成。詳細は、市のWebサイト参照。

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 15 万円
補助/助成金条件・備考等 【大館市ウッド・チェンジ推進事業費補助金】延べ床面積が70m2以上で木造住宅を新築又は増改築し、市産材・県産材の活用による住宅の木造・木質化する者への補助。(a)大館市産材の使用率が木材使用量の6割以上で木材使用量が5m3以上の木造住宅が対象。補助金上限額は15万円。(b)秋田県産材を1.5m3以上使用する住宅が対象。1.5m3~3.0m3未満の場合、県産集成材7万円、県産乾燥剤5万円で補助金上限額は10万円。3.0m3以上の場合、県産集成材10万円、県乾燥材7万円で補助金上限額は10万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)40 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【住宅リフォーム支援事業】補助対象工事(30万円以上)に要した費用の5%相当額(1,000円未満切捨て)、上限10万円。18歳以下の子供と同居の世帯は10%(上限20万円)、18歳以下の子供と親と祖父母等が同居の世帯(三世代同居)は10%(上限30万円)、空家バンクの登録の空家購入の場合は市内在住者が10%(上限30万円)、市外移住者は20%(上限50万円)。市外から大館市に移住するかたは15%(上限40万円)。(2)【木造住宅耐震診断補助事業】自己負担1万円。【木造住宅耐震改修設計補助事業】設計費用の2/3(10万円上限)。【木造住宅耐震改修補助事業】工事費の23%(30万円上限)。

周辺地域鹿角市

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援事業補助金】2021年1月1日から2022年3月31日までに婚姻届を提出し、受理された夫婦に対し、住宅費や引越費用を補助。補助率10/10、上限30万円。共に鹿角市内に居住し、年齢が39歳以下であること等、諸条件あり)
妊娠・出産祝い なし

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:0歳児および市民税所得割非課税世帯は、自己負担なし。それ以外は、医療機関ごとに、月1,000円を上限として、一部負担金の半額の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限あり

備考:扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は460万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。所得には一定の控除あり。さらに老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき10万円、16歳以上23歳未満の方がいる場合は15万円を加算する。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、月1,000円まで一部負担金の半額の負担あり。0歳児および市民税所得割非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限あり

備考:扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は460万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。所得には一定の控除あり。さらに老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき10万円、16歳以上23歳未満の方がいる場合は15万円を加算する。

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 あり

備考:住民税所得割額が16.9万円未満の場合、保育料無償化。住民税所得割額が30.1万円未満の場合、第2子保育料無償化。第3子以降の場合、住民税所得割額に関わらず保育料無償化。

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 50 万円
補助/助成金条件・備考等 【安全安心住まいづくり事業費補助金(子育て応援中古住宅活用事業)】子育て世帯の中古住宅の購入及びリフォーム工事に対し、それぞれ補助率2/10、上限50万円を補助。(合計最大100万円)

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)50万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【安全安心住まいづくり事業費補助金】(a)住環境の向上を図る工事に対し、補助率2/10、上限10万円を補助。(一部、子育て世帯及び高齢者世帯に限るものあり。)(b)耐震改修工事においては、補助率3/10、上限50万円。(c)子育て世帯の下水道等接続工事においては、補助率5/10、上限50万円。(2)【鹿角市ふるさとライフ住宅改修支援補助金】鹿角市に移住し、鹿角市宅地・建物データバンクの登録物件等を購入・賃貸された方に建物の修繕・改修・家財撤去費用を補助。補助対象経費は、修繕、家財撤去等の費用(鹿角市内業者が施工するものに限る)補助率は10/10、補助上限は100万円。

周辺地域仙北市

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援事業補助金】2021年1月1日から2022年2月28日までに婚姻した39歳以下の夫婦で、夫婦の合計所得が400万円未満の新婚世帯に対し、新居の取得費用や賃借費用、引っ越し費用の一部を助成。補助対象経費について1世帯あたり上限30万円。事業実施期間は2022年3月31日まで)
妊娠・出産祝い あり
妊娠・出産祝い-備考 赤ちゃんの誕生を市を挙げて祝福するとともに健やかな成長を願って、出生児一人につき保護者に対し5万円を支給。

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:1歳以上は、1レセプトにつき月1,000円を上限として、一部負担金の半額の自己負担あり。0歳と市民税所得割非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1歳以上は、1レセプトにつき月1,000円を上限として、一部負担金の半額の自己負担あり。0歳と市民税所得割非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 あり

備考:認可保育施設の待機児童となって、認可外保育施設を利用する場合には、認可保育施設を利用した場合の保育料額と負担額が同等となるよう差額を補助している。

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 70 万円
補助/助成金条件・備考等 【若者マイホーム取得助成金】若者の定住を促進するため、市内に定住するための住宅を取得する45歳以下の夫婦に、取得費用の一部を助成。新築住宅または建売住宅を取得し居住する場合、基本額50万円を助成。市内業者が施工した対象住宅を取得した場合は20万円を加算。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 70 万円
補助/助成金条件・備考等 【若者マイホーム取得助成金】若者の定住を促進するため、市内に定住するための住宅を取得する45歳以下の夫婦に、取得費用の一部を助成。新築住宅または建売住宅を取得し居住する場合、基本額50万円を助成。市内業者が施工した対象住宅を取得した場合は20万円を加算。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)45万円(2)42 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【仙北市住宅リフォーム促進事業】住宅を市内の事業者を利用して税込み50万円以上のリフォーム工事を行ったものに対し補助金を交付。持ち家と空き家購入の2タイプ。世帯の条件に応じて補助金額が異なる。持ち家は工事費の5%~10%、上限金額5万円~20万円。空き家購入は工事費の15%~20%、上限金額30万円~40万円の補助となる。下水道施設等へ新規に接続した方には5万円を加算。(2)【木造住宅耐震診断・耐震改修補助金】1981年5月31日以前に建築された木造住宅が対象。耐震診断費用13万円のうち、12万円を市負担。耐震改修は工事費用の23%(上限30万円)を補助。他要件あり。