「名前から想像できない❕❓郷土料理ランキング」投票受付中

綾部市の「補助金」関連データ

補助金制度は多くの市区町村が実施している制度です。ここでは住宅に対する補助金、子どもの医療費に対する補助金、保育園・幼稚園の補助について紹介します。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い なし

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、月200円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、月200円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)150万円(2)90 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【あやべ桜が丘団地新築促進補助金】「あやべ桜が丘団地」の宅地を購入し、2021年3月末までに家を新築した者を対象に150万円の補助。(2)【水源の里定住促進補助金(住宅整備補助金)】水源の里地域にUターン等で住宅を購入・建設・改修した費用の2/3、上限90万円の補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 90 万円
補助/助成金条件・備考等 【水源の里定住促進補助金(住宅整備補助金)】水源の里地域にUターン等で住宅を購入・建設・改修した費用の2/3、上限90万円の補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 90 万円
補助/助成金条件・備考等 【水源の里定住促進補助金(住宅整備補助金)】水源の里地域にUターン等で住宅を購入・建設・改修した費用の2/3、上限90万円の補助。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)90万円(3)180 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅耐震改修等事業費補助金】耐震改修工事費用の4/5、上限100万円の補助。ただし、多雪区域上限120万円の補助。簡易改修工事の場合は費用の4/5、上限40万円の補助。(2)【水源の里定住促進補助金(住宅整備補助金)】水源の里地域にUターン等で住宅を購入・建設・改修した費用の2/3、上限90万円の補助。(3)【空き家活用定住促進事業費補助金】空き家を購入または賃借した方が行う改修費用の2/3、上限は登録空き家は180万円、登録外空き家は90万円の補助。

周辺地域の「補助金」関連データをチェック

周辺地域福知山市

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い なし

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:3歳未満は、医療機関ごとに、月200円、3歳から中学校3年生までは、医療機関ごとに、1日500円の自己負担あり。3歳から中学校3年生までは、1ヶ月間の各医療機関での支払合計額が1,500円を超えたとき、超過分を申請により払い戻し。ただし、非課税世帯の場合は自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:課税世帯は、医療機関ごとに、月200円の自己負担あり。非課税世帯の場合は自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)100万円(2)180万円(4)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【福知山市農山村地域空き家改修補助金】移住者が対象。最大100万円。対象経費の1/2補助。(2)【福知山市移住促進補助金】移住者が対象。移住促進特別区域のみで利用可。最大180万円。対象経費の10/10補助。(3)【福知山市木造住宅耐震診断士派遣事業】1981年以前に建築された木造住宅の所有者又は居住者で、木造住宅耐震診断士の派遣を3,000円の申請者負担で実施。(4)【福知山市木造住宅耐震改修等事業】診断の結果、評点が1.0未満で改修の結果1.0以上となる本格改修は、工事に要した費用の4/5以内で上限100万円を補助。診断の結果、評点が1.0未満で耐震性が確実に向上する改修で京都府の規定に該当する簡易改修は、工事に要した費用の4/5以内で上限40万円を補助。

周辺地域舞鶴市

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い なし

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:小学校卒業までは、医療機関ごとに、月200円の自己負担あり。中学生は、月1,500円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:医療機関ごとに、月200円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 80 万円
補助/助成金条件・備考等 【子育て世帯住宅リフォーム支援事業等補助金】多子世帯(18歳以下の子どもが3人以上いる世帯)又は、三世代同居、三世代近居のため、住宅を購入する際にかかる仲介手数料を補助。対象事業費の1/2を補助(上限40万円)。京都府外からの移住の場合は、上限額が2倍(上限80万円)。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)200万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【子育て世帯住宅リフォーム支援事業等補助金】多子世帯(18歳以下の子どもが3人以上いる世帯)又は、三世代同居、三世代近居のための住宅改修費を補助。対象事業費の1/2を補助(上限100万円)。京都府外からの移住の場合は、上限額が2倍(上限80万円)。(2)【木造住宅耐震改修等事業費助成金】木造住宅の耐震改修を行う場合に、その費用の一部を助成。耐震改修工事費の4/5、上限100万円を助成。簡易耐震改修を行う場合は工事費の4/5、上限40万円を助成。

周辺地域南丹市

出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援事業】新婚世帯に対して、婚姻に伴う住宅取得費・住宅賃借費・引越費を補助。費用の10/10、上限30万円)
妊娠・出産祝い あり
妊娠・出産祝い-備考 出産時に市の区域に居住(住民登録など)している方を対象に、第1子5万円、第2子10万円、第3子以降20万円を支給。

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで(ただし、高校生の場合は19歳3月末まで)
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:0歳から中学校卒業までは、医療機関ごとに、月200円の自己負担あり。中学校卒業から高校卒業までは、医療機関ごとに、月800円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで(ただし、高校生の場合は19歳3月末まで)
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:0歳から中学校卒業までは、医療機関ごとに、月200円の自己負担あり。高校卒業までは、医療機関ごとに、月800円の自己負担あり。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

出典・用語解説

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (商品券)50 万円
補助/助成金条件・備考等 【南丹市Uターン者住宅購入・新改築支援商品券交付事業】市内で新築住宅の建築を伴いUターンする子育て世帯に対して、南丹市商工会が発行する商品券を3年間で交付。移住促進特別区域内の場合は合計50万円、移住促進特別区域外の場合は合計25万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (商品券)50 万円
補助/助成金条件・備考等 【南丹市Uターン者住宅購入・新改築支援商品券交付事業】市内で新築住宅の購入を伴いUターンする子育て世帯に対して、南丹市商工会が発行する商品券を3年間で交付。移住促進特別区域内の場合は合計50万円、移住促進特別区域外の場合は合計25万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (商品券)30 万円
補助/助成金条件・備考等 【南丹市Uターン者住宅購入・新改築支援商品券交付事業】市内で中古住宅の購入を伴いUターンする子育て世帯に対して、南丹市商工会が発行する商品券を3年間で交付。移住促進特別区域内の場合は合計30万円、移住促進特別区域外の場合は合計15万円。

出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)5.2万円(2)100万円(3)(商品券)30万円(4)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅耐震診断士派遣事業】1981年5月以前に建築された一戸建て木造住宅(その他条件あり)。5.5万円のうち5.2万円を助成。(2)【木造住宅耐震改修事業】1981年5月以前に建築された一戸建て木造住宅(その他条件あり)。改修事業費の4/5(上限100万円)。(3)【南丹市Uターン者住宅購入・新改築支援商品券交付事業】市内で中古住宅の購入を伴いUターンする子育て世帯に対して、南丹市商工会が発行する商品券を3年間で交付。移住促進特別区域内の場合は合計30万円、移住促進特別区域外の場合は合計15万円。(4)【南丹市子育て応援住宅支援事業】多子世帯、または三世代世帯が住宅の改修を行う際の費用の1/2、上限100万円を助成。