「渡ってみたい🏃💨 日本の橋ランキング」投票受付中

旭市の「補助金」関連データ

補助金制度は多くの市区町村が実施している制度です。ここでは住宅に対する補助金、子どもの医療費に対する補助金、保育園・幼稚園の補助について紹介します。

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い あり
妊娠・出産祝い-備考 1年以上前から引き続き住所を有し、かつ居住している方で第2子以上を出産して養育し、市税・国保税・保育料に滞納が無い父母に対し、第2子10万円、第3子以降20万円を支給。

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:1回300円の自己負担あり。市民税所得割非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1日300円の自己負担あり。市民税所得割非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

幼稚園

出典・用語解説

公立幼稚園の入園料・保育料減免 なし
私立幼稚園補助金<入園料> なし
私立幼稚園補助金<保育料> あり
私立幼稚園補助金<保育料>所得制限の詳細、具体的な補助金の額、条件等 【旭市私立幼稚園第3子以降保育料等補助金】18歳までの子どもが3人以上いる世帯の第3子以降の入園料・保育料・給食費が無料となるよう補助金を交付(但し、副食費については月額4,500円を限度とし、預かり保育事業は除く)。

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 150 万円
補助/助成金条件・備考等 【旭市定住促進奨励金】続けて3年以上市外に居住していた方が、旭市に転入し居住する建物を取得した場合(転入日と建物の取得日が3年以上空いていないこと)に奨励金を交付する。なお、交付額は世帯構成等の要件によって異なる。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 150 万円
補助/助成金条件・備考等 【旭市定住促進奨励金】続けて3年以上市外に居住していた方が、旭市に転入し居住する建物を取得した場合(転入日と建物の取得日が3年以上空いていないこと)に奨励金を交付する。なお、交付額は世帯構成等の要件によって異なる。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 150 万円
補助/助成金条件・備考等 【旭市定住促進奨励金】続けて3年以上市外に居住していた方が、旭市に転入し居住する建物を取得した場合(転入日と建物の取得日が3年以上空いていないこと)に奨励金を交付する。なお、交付額は世帯構成等の要件によって異なる。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)4万円(2)40万円(3)20 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅耐震診断費補助金】1981年3月31日以前に建築された木造住宅が対象。診断に要した費用の1/2(上限4万円)。(2)【木造住宅耐震改修費補助金】1981年3月31日以前に建築された木造住宅が対象。改修に要した費用の1/3(上限40万円)。(3)【住宅リフォーム補助金】リフォーム工事に要した費用の10%(上限20万円)。それぞれ他要件あり。

周辺地域の「補助金」関連データをチェック

周辺地域銚子市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い なし

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:市民税所得割課税世帯は、1回につき300円の自己負担あり。調剤薬局は自己負担なし。市民税均等割のみ課税世帯または非課税世帯は自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:市民税所得割課税世帯は、1日につき300円の自己負担あり。市民税均等割のみ課税世帯又は非課税世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

幼稚園

出典・用語解説

公立幼稚園の入園料・保育料減免 なし
私立幼稚園補助金<入園料> なし
私立幼稚園補助金<保育料> なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)15万円(2)5万円(3)50 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【銚子市住宅リフォーム助成事業】20万円以上の改修工事に対して助成。工事費用によって金額変動あり(上限10万円)。汲み取り便所の廃止(5万円)・浄化槽の廃止(3万円)をそれぞれ加算。(2)【木造耐震診断助成事業】1981年5月31日以前に着工の木造住宅の耐震診断費用の1/2(上限5万円)を助成。(3)【木造住宅耐震改修助成事業】評点が1.0未満の住宅の耐震性能向上改修設計費用1/3(上限5万円)・改修工事費用1/3(上限45万円)を助成。

周辺地域匝瑳市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い なし

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

幼稚園

出典・用語解説

公立幼稚園の入園料・保育料減免 なし
私立幼稚園補助金<入園料> なし
私立幼稚園補助金<保育料> なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【転入者マイホーム取得奨励金】匝瑳市外からの転入者が新築住宅を取得する際に、40万円を助成。市内建築業者での建築の場合、20万円を加算。申請者もしくはその配偶者が40歳未満の場合、20万円を加算。中学生以下の子供1人に付き、5万円(上限20万円)を加算。

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 100 万円
補助/助成金条件・備考等 【転入者マイホーム取得奨励金】匝瑳市外からの転入者が新築住宅を取得する際に、40万円を助成。市内建築業者での建築の場合、20万円を加算。申請者もしくはその配偶者が40歳未満の場合、20万円を加算。中学生以下の子供1人につき、5万円(上限20万円)を加算。

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 60 万円
補助/助成金条件・備考等 【転入者マイホーム取得奨励金】匝瑳市外からの転入者が中古住宅を取得する際に、20万円を助成。申請者もしくはその配偶者が40歳未満の場合、20万円を加算。中学生以下の子供1人につき、5万円(上限20万円)を加算。

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)8万円(2)70万円(3)20 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【匝瑳市木造住宅耐震診断補助金】木造耐震診断士が行う耐震診断を実施する際、要する費用の2/3(上限8万円)を補助。(2)【匝瑳市木造住宅耐震改修補助金】耐震診断の結果、評定が1.0未満の木造住宅の耐震性能向上のための改修設計・工事監理費用の2/3(上限10万円)、改修工事費用の2/3(上限60万円)を補助。(3)【住宅リフォーム補助金】新築から10年以上経過している住宅で、市内施工業者利用して行うリフォーム工事(個人住宅部分のみ、工事金額20万円以上)に対し、工事金額の1/10(上限20万円)を補助。

周辺地域香取市

結婚・子育て 出典・用語解説

出典・用語解説

◆結婚祝い、妊娠・出産祝い
自治体が独自で行う助成・支援制度。
結婚祝い なし
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
妊娠・出産祝い なし

乳幼児・子ども医療費助成

出典・用語解説

乳幼児・子ども医療費助成<通院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<通院>自己負担 自己負担あり

備考:1回300円の自己負担あり。市民税非課税世帯又は均等割りのみ世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<通院>所得制限 所得制限なし
乳幼児・子ども医療費助成<入院>対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担 自己負担あり

備考:1回300円の自己負担あり。市民税非課税世帯又は均等割りのみ世帯は、自己負担なし。

乳幼児・子ども医療費助成<入院>自己負担-入院時食事療養費の標準負担額 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児・子ども医療費助成<入院>所得制限 所得制限なし

保育所

出典・用語解説

認可外保育所に預ける保護者への補助の有無 なし

幼稚園

出典・用語解説

公立幼稚園の入園料・保育料減免 なし
私立幼稚園補助金<入園料> なし
私立幼稚園補助金<保育料> なし

住宅取得支援 新築建築 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 新築購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅取得支援 中古購入 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし

住宅支援 増築・改築・改修 出典・用語解説

出典・用語解説

◆住宅取得支援・住宅支援
自治体が独自に行う、一戸建て建設や住宅の購入時、増改築時の融資や利子補給などの支援制度。
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)6万円(2)100 万円
補助/助成金条件・備考等 (1)【木造住宅耐震診断事業助成】木造二階建て以下の住宅が対象。診断費用の2/3、上限6万円。(2)【木造住宅耐震改修事業助成】木造二階建て以下かつ耐震補強が必要と認められた住宅が対象。設計費・改修工事費・工事監理費の合計に対し2/3、上限100万円。