【投票で500円分のQUOカード当たる】「都道府県対抗PR動画ランキング【東日本編】」投票受付中

横浜市と川崎市の教育比較

他の市区を比較する

最近比較した市区

    神奈川県 横浜市
    読み方
    よこはまし
    人口総数
    3,737,845人
    面積
    437.56km2
    市区の特徴
    政令指定都市
    市区の類型
    工業都市 住宅都市 観光都市 商業都市
    横浜ベイブリッジ
    横浜ベイブリッジ

    住民意識チャート

    住民意識チャートの比較

    チャート項目について
    ※会員の投票によりチャートを作成
    ※各項目の値は投票人数の割合

    チャート項目について

    街並みや雰囲気

    景観が美しい。閑静で落ち着いた雰囲気。緑豊かな自然に恵まれている。

    安全

    駅前や周辺地域などの治安が良い。洪水や地震などの災害に強い。

    店の充実

    日用品・食料品などの買い物に便利。飲食店などが充実している。

    交通の便利さ

    道路・鉄道・バスが整備されている。主要都市へのアクセスが良い。

    愛着

    居住地・街に愛着や誇りがある。これからも住み続けたい。

    地域交流

    近隣住民との交流がある。祭りやイベントなどの行事が盛んである。

    チャートスコア

    横浜市 投票195人
    ★★★★★
    ★★★★★
    川崎市 投票101人
    ★★★★★
    ★★★★★
    ※投票数が少ない場合、チャートスコアは表示されません

    満足な点

    • 横浜市
    • 自身が都心生まれの都心育ちであり、やはり都心に近い所が良い。反面、都内は地価、物価も高く、住み易いとは言えなくなっており、横浜に居を構える事になった。(横浜在住期間は30年を越えました。)近隣は「買い物難民化」が進んでいるが、緑も多く、現在地は横浜駅からも2Km以内の閑静な住宅地でもあり、住環境としては申し分ないと感じます。但し、横浜市内も坂が多い、道路が狭い等問題は多いと感じます。 (50代 男性)
    • 川崎市
    • 武蔵小杉周辺に住んでいるので、東京、横浜、川崎駅へも1本で行けるので至極交通の便が良い。多摩川沿い以外はエリア的に風水害の影響も受けにくく、比較的生活するには不便がない。近郊には等々力緑地や整備された二ヶ領用水沿いの散歩道もあり自然も豊かです。 (60代 男性)

    不満な点

    • 横浜市
    • 保育園の空きが全然ない。 表向きは子育てに力を入れているようなことを言っているが、所得制限が厳しいなど、あまり行政に好感を持てない (30代 男性)
    • 川崎市
    • 武蔵小杉駅周辺がにわかに発展しており、買い物には便利になったが、人口が急激に増加しすぎとそれに伴う物価の上昇が気なるところ。 (60代 男性)

    おススメスポット

    • 横浜市
    • 三ッ沢公園、岸根公園 (50代 男性)

      両公園共に日本有数の公園だと思います。

    • 川崎市
    • 等々力緑地、多摩川河川敷 (60代 男性)

      ・等々力緑地 川崎フロンターレの本拠地で常に公園内が整備されていて気持ちが良い。市民ミュージアムもコンテンツが充実していて文化鑑賞も。 またサッカー、テニス、野球、釣りなど市民のスポーツ施設も充実している。 ・多摩川河川敷 野球場、サッカー場、子供の広場、バーベキューなど多目的広場などが整備された運動公園として市民のスポーツとレクリエーションに利用されている。

    ※会員の投票によりチャートを作成
    ※各項目の値は投票人数の割合

    神奈川県 川崎市
    読み方
    かわさきし
    人口総数
    1,488,031人
    面積
    143.00km2
    市区の特徴
    政令指定都市
    市区の類型
    住宅都市 交通都市 商業都市 工業都市 研究開発都市 環境先進都市 芸術文化都市 スポーツ都市
    駅前本町
    駅前本町

    教育行政・地域データ概要

    データ概要

    ◆行政・地域データ調査について
    『生活ガイド.com』で提供する地域情報コンテンツは、「すでにお住まいの人、これから新しく住民になる人に、地域を理解し、好きになってもらいたい」という趣旨で、調査・収集して提供されています。
    弊社では全国の市区役所へ調査票を送付し、行政サービスや様々な地域データについて調査協力をいただいております。項目によっては、市区ごとに未回答や非公表の場合があります。
    また、調査後に制度や数値に変更・追加のあった場合は適宜修正を加えておりますが、最新性を保証するものではありません。最新の情報につきましては、各市区役所まで直接お問い合わせの上ご確認ください。
    ◆市町村合併対応について
    当サイトでは、2019年5月1日までの市区町村合併に対応しています。数値情報である統計データは対象の市町村分を合算して集計していますが、条例など旧自治体制度の移行期間により、詳細な情報を掲載できないケースもあります。
    合併に伴う制度の変更や条例の改正については、適宜修正を行ってまいりたいと考えておりますが、スケジュールに関しましては未定でございます。

    幼稚園 出典・用語解説

    出典・用語解説

    ◆幼稚園数(園児数)、小学校数(児童数)、公立小学校1学級当たりの平均児童数、中学校数(生徒数)、公立中学校1学級当たりの平均生徒数、高等学校数(生徒数)
    文部科学省「学校基本調査」 2018年
    小学校数(児童数)、中学校数(生徒数)については、国立・公立・私立、義務教育学校を含めた数値を掲載している。
    高等学校数(生徒数)については、国立・公立・私立を含めた数値を掲載している。
    なお、一部独自調査により算出したデータを掲載している。
    ◆公立幼稚園・小中学校の耐震化率
    文部科学省「公立学校施設の耐震化状況」(2017年4月1日現在)より建物の構造にかかわらず、独自に算出。

    小学校 出典・用語解説

    出典・用語解説

    ◆幼稚園数(園児数)、小学校数(児童数)、公立小学校1学級当たりの平均児童数、中学校数(生徒数)、公立中学校1学級当たりの平均生徒数、高等学校数(生徒数)
    文部科学省「学校基本調査」 2018年
    小学校数(児童数)、中学校数(生徒数)については、国立・公立・私立、義務教育学校を含めた数値を掲載している。
    高等学校数(生徒数)については、国立・公立・私立を含めた数値を掲載している。
    なお、一部独自調査により算出したデータを掲載している。
    ◆教育用コンピュータ1台当たりの児童数・生徒数、光ファイバー回線によるインターネット接続率、30Mbps以上の回線によるインターネット接続率、デジタル教科書の整備率、電子黒板のある学校の割合
    文部科学省「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」 2017年3月1日現在
    この調査は全国の公立学校を対象としている。
    なお、デジタル教科書とは、学校で使用している教科書に準拠し、教員が電子黒板等を用いて、児童生徒への指導用に活用するデジタルコンテンツをいう。

    中学校 出典・用語解説

    出典・用語解説

    ◆幼稚園数(園児数)、小学校数(児童数)、公立小学校1学級当たりの平均児童数、中学校数(生徒数)、公立中学校1学級当たりの平均生徒数、高等学校数(生徒数)
    文部科学省「学校基本調査」 2018年
    小学校数(児童数)、中学校数(生徒数)については、国立・公立・私立、義務教育学校を含めた数値を掲載している。
    高等学校数(生徒数)については、国立・公立・私立を含めた数値を掲載している。
    なお、一部独自調査により算出したデータを掲載している。
    ◆教育用コンピュータ1台当たりの児童数・生徒数、光ファイバー回線によるインターネット接続率、30Mbps以上の回線によるインターネット接続率、デジタル教科書の整備率、電子黒板のある学校の割合
    文部科学省「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」 2017年3月1日現在
    この調査は全国の公立学校を対象としている。
    なお、デジタル教科書とは、学校で使用している教科書に準拠し、教員が電子黒板等を用いて、児童生徒への指導用に活用するデジタルコンテンツをいう。

    小・中学校 出典・用語解説

    出典・用語解説

    公立幼稚園・小中学校の耐震化率
    文部科学省「公立学校施設の耐震化状況」(2017年4月1日現在)より建物の構造にかかわらず、独自に算出。
    学校給食
    独自調査によるデータを掲載。なお、このデータは全国の公立学校を対象としている。

    高等学校 出典・用語解説

    出典・用語解説

    ◆幼稚園数(園児数)、小学校数(児童数)、公立小学校1学級当たりの平均児童数、中学校数(生徒数)、公立中学校1学級当たりの平均生徒数、高等学校数(生徒数)
    文部科学省「学校基本調査」 2018年
    小学校数(児童数)、中学校数(生徒数)については、国立・公立・私立、義務教育学校を含めた数値を掲載している。
    高等学校数(生徒数)については、国立・公立・私立を含めた数値を掲載している。
    なお、一部独自調査により算出したデータを掲載している。

    ※順位は登録されている市区のみを対象に算出されたものです

    ※調査後の制度改変、数値変更等により実際と異なる場合があります。最新情報は各市区役所へお問い合わせください。