評価の多い施設

その他(暮らし・住まい) ファミリー治療院
080円 880円 740円 280円 平日ランチ(70分) ビュッフェ食べ放題・ ソフトドリンク飲み放題 1 フジテレビキッズカフェ ママトコ with 絆ファクトリー
その他(暮らし・住まい) 買取110番
映画館・劇場・ホール 箕面109シネマズ
和食 つるまる南本町店

評価の高い施設

その他(暮らし・住まい) ファミリー治療院
その他(暮らし・住まい) 買取110番
塾・予備校・習い事 玄燿書道会
その他(ビューティー) フェイシャルエステサロンLUXE~天使の手~
その他(旅行・レジャー) 福岡天神親富孝クラブX(CLUB X)

口コミの検索

ここでは、みんなが書き込んだ口コミ情報を検索することができます。

都道府県 市区町村
カテゴリ
詳細カテゴリ
フリーワード検索

口コミ一覧

口コミを新着順に表示しています。

施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

男の 冷え(ストレス性の冷え)

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-25 15:47

コメント 最近、精神的なストレスによる、男性の冷えが増えています。
調査によると、成人男性の約3人に1人が、手足の冷えを感じています。
しかも、身体の冷えと共に、疲れ易い、体力が落ちた、疲れがとれないなど、疲労感が増したり、睡眠不足や腰痛、肩こりといった体調不良に悩まされたりします。

従来、男性も40~50代になると、冷えが起きても、男性ホルモンの分泌減少や老化現象などから、やむを得ないと思われていました。
筋肉量が減るので、体熱が作られにくくなり、しかも、血液が流れづらい脂肪が増える為です。
また、この年齢になると、習慣的な運動やトレーニングなどをする機会が少なくなるので、尚更です。

ところが最近、血行不良による冷えが、多くなってきました。
これは、日中のほとんどを、パソコンの前で過ごす事で多くなり、運動不足と共に、過労やストレスなどで自律神経の乱れを起こし易くなった為です。
『ストレスで交感神経が高ぶる→血管が収縮する→血流が適正に行き届かなくなる…』という状態になり、冷えを誘発します。

この結果、若い男性の間にも、冷えで悩む男性が多くなってきました。
特に、職場や人間関係などで、さまざまなストレスを多く抱えるほど、心を強く持とうとする働きが強くなるので、冷えが起き易くなります。
この為、会社で、ものすごいストレスを抱えているにも拘わらず、自分を気遣う暇もなく、仕事優先でこなしている男性に多くなっています。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-08e5.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

腰痛の前兆 だるい、重い、疲れる、張る、こわばる

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-22 12:34

コメント 座っているうちに、徐々に下半身が重ダルクなったり、夕方近くになると、腰の奥から鈍痛を感じたりする事があります。
ハッキリとした痛みは無くても、腰がこわばって動きづらくなり、何かの拍子に、痛みを誘発させてしまいそうな感じになります。
これらは、腰痛を起こす前の、前兆(まえぶれ)の可能性があります。

これは、腰の部分が、背骨の延長の骨だけで、上側の肋骨と下側の骨盤との間で、ポッカリと空洞になっている事が、影響しています。
周りを骨でガッシリと固められていれば、それで支えられますが、骨で守られていないので、筋肉でシッカリと支える必要があります。
この為、“天然のコルセット”のような、何層にもなっている分厚い筋肉で、中を通る重要な神経や血管を、保護しています。

ところが、疲労や緊張で、腰の負担が増すと、“天然のコルセット”にも、負荷が強まります。
そして、許容できる範囲より、負荷が多くなってしまうと、必要な酸素や栄養が不足してきて、老廃物が溜まります。
この結果、何層にもなっている分厚い筋肉の柔軟性が失われてくると、特有の、ツッパリ感や重ダルサを感じるようになります。

この腰から警告サインを発している段階で、何らかの急激な動きや、大きな負荷がかると、腰の筋肉が耐えきれなくなって、筋肉の痙攣を起こします。
いわゆる、ギックリ腰です。
“こむら返り”と同じ状態なので、激痛と共に動けなくなったり、お腹の筋肉急激に縮んで声が出なくなったりします。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-f78a.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

変形性膝関節症の、運動療法と筋肉の柔軟性

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-18 12:08

コメント 中高年に多い病気で、とりわけ女性に多く、50歳以降になるにつれて、患者さんが多くなっています。
手術が必要とされるのは、全体の1割ぐらいで、多くは手術以外の保存療法が中心になっています。

保存療法の中でも、膝の痛みが強い時には、膝にヒアルロン酸を注射する事が、よく利用されています。
注射なので、比較的簡単に、短時間に、治療が行えます。
炎症を抑え、すり減った膝の軟骨表面を覆うので、この作用により、炎症が和らぎ、膝の動きを滑らかにして、膝の痛みも自然と無くなります。

しかし、ヒアルロン酸には、軟骨を再生させたり、増やしたりする効果はありません。
しかも、時間の経過とともに、ヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうので、長く効果が持続しません。
この結果、膝の痛みがいったん治まっても、その後、2~4週間ごとに1回の割合で、注射を繰り返して受け続ける事になります。

一度すり減ってしまった関節軟骨は、自然に、もとの完全な形に修復されません。
この為、痛みを抑制しながら、膝が完全に曲がりきらない状態や伸びきらない状態を改善して、膝の機能を高め、病気の進行を遅らせるリハビリ治療が必要になります。
膝への負担を避けながら、身体のバランス能力の改善や、関節周りの筋肉が鍛えます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-302e.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

猫背 の 矯正(マッサージ+他動運動)

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-15 16:17

コメント 見た目の印象は、最初の数秒で決まると言われています。
特に、姿勢によって、印象が良いのと悪いのでは、ビジネスのチャンスも、出会いのチャンスも大きく異なってしまいます。
姿勢という文字も、「姿」と「勢い」と書くように、身体の構え方や構えを示しています。

例えば、背筋がピンと伸びていると、プロポーションや動作が魅力的に見え、しかも、自信があるように見えます。
また、姿勢がいいほど、腹の底から力強い声が出せるので、自信があるように話せて、人を納得させるパワーを持ちます。
この結果、周りの人に好印象を与えるだけでなく、社会的信用にまで影響を及ぼします。

反対に、猫背で、背中が丸まってしまうと、デメリットとして、まず見た目の悪さです。
うなだれているようで、活気が無いように見えます。
同じような年齢が集まっても、精彩が無く、格段に老けて見えてしまいます。

しかも、姿勢が悪いと、身体的にも、腰痛・膝痛・肩こりなどに悩まされます。
慢性的に身体が傾き、重心の片寄りが続くので、疲労が蓄積され、身体全体の変調につながってしまう為です。
また、顔や目線が下を向いたままの姿勢で、首を上げている状態が続くので、ストレートネックの原因にもなります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-5d42.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

足 ( 脚 )の 疲労回復

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-11 10:34

コメント 脚の疲労は、立ち仕事だけでなく、残業の続く長時間労働、パソコン業務などのように、同じ姿勢で長時間いる事が多いと、起き易くなります。
脚がパンパンになったり、おもりを引きずっているように重く感じたりします。
しかも、それだけでなく、気分的にも不快になるので、仕事や家事をしていると、疲労感が増します。

更に、脚が“むくむ”ようになると、余計に不快感が増します。
血流の悪化や、リンパの流れの滞りで、排泄されるはずの余分な水分や老廃物が、身体に停滞する為です。
筋肉や神経を、絶えずジクジクと刺激するので、疲労感だけでなく、不快感が増大し、身体の動きも鈍るようになります。

また、脚が“むくむ”ようになると、顔が腫れぼったく、瞼(まぶた)が重たく感じられる事があります。
リンパ管が、全身に張り巡らされているので、寝ているうちに、顔の皮下にも水分が溜まる為です。
朝、起きた時に、顔全体が、丸く感じられ、太ったように見えて、一日の始まりから、憂鬱な気分にさせられます。

更に悪化すると、『脚が“うずいて”眠れない』という事も起きてきます。
寝ていると、ジッとしているので、脚の重だるさが強まり、すると、脚が“うずく”とか、“むずかゆい”などの、違和感が起きてきます。
これは、筋肉の緊張が解消できなくなったり、血行不良が起きたりすると、無意識的に筋肉を動かして、筋肉の緊張や疲労物質を取り除こうとする為、と言われています。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-fbdf.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-08 12:23

コメント 立ち上がりや、階段を上り下りすると、お尻から太ももにかけて、痛みを伴ったシビレや、違和感が起きる事があります。
このような状態になると、普段から、お尻から太ももの裏にかけて、ツッパリ感がしたり、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたりします。
しかし、腰には、ハッキリとした痛みが出ません。

このような症状の場合、坐骨神経痛の可能性があります。
坐骨神経は、お尻から太ももの裏側、そして、ふくらはぎの後面に続く、かなり太くて、長い神経です。
下肢の要になっている神経で、歩いたり、転ばないようにバランスをとったりする以外にも、皮膚感覚も担当しています。

ところが、疲労や緊張などで、お尻の筋肉が硬くなると、この坐骨神経が圧迫されて、痛みやシビレなどの神経症状を起こします。
坐骨神経痛を起こす原因は、いろいろありますが、このような、お尻の筋肉の緊張タイプが、90%以上と言われています。
実際には、お尻の最深部にある筋肉で、「梨状筋」と呼ばれる筋肉が、硬くなって影響を及ぼすので、「梨状筋症候群」とも呼ばれています。

例えば、妊婦さんのように、お腹が大きくなると、姿勢を維持する為に、腰から下に負荷がかかったり、筋力が弱まったりすると、この痛みが起きます。
また、長時間の車の運転で、アクセルやブレーキの操作を繰り返しているうちに、操作側のお尻が痛くなる事もあります。
他にも、休日のランニングやハイキングなどで、お尻に疲労や緊張が高まって、痛んだりします。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-2205.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

膝の、裏側の痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-04 15:15

コメント 膝の裏側に、ズキズキするような鈍痛が続き、そのうえ、時には、ピリっと電気が走るような鋭い痛みを感じる事があります。
人によっては、鈍痛だけでなく、強いツッパリや、腫れも、感じる人もいます。
また、痛みを感じる場所も、膝裏と言うより、「膝裏のスジ」とか、「膝の横」に感じる人もいます。

膝が痛む疾患として、変形性膝関節症が、良く知られています。
中高年以上に多い疾患で、すねの骨と太ももの骨の間の軟骨が、傷ついたり弾力性が失われたりして、発症します。
なかでも、50代以降の女性に多く見られ、運動時や夜間にも痛んだりします。

しかし、膝の痛みは、骨の異常だけでなく、膝裏の筋肉によっても、しばしば起きます。
筋肉の異常から起きるので、膝に『力を入れる』時に、よく起きます。
例えば、朝の起床時の起き上がりや、しばらく座っていた後の立ち上がり、などです。

これは、体重を支え、曲げる・伸ばす・ひねる・保持するなど、日常の動作に必要な脚の動きをコントロールする負担が、膝の骨だけでなく、膝の筋肉にもかかる為です。
体重のかかる膝関節を支え、膝の曲げ伸ばしの動作を、“コントロール”しながら、スムーズに膝の曲げ伸ばしを行っています。
特に、膝の曲げ伸ばしで、大きな役割をしているのが、膝裏にある①斜めの小さな筋肉、膝裏に伸びている②太ももの筋肉と③ふくらはぎの筋肉、の3種類です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-8cba.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

四十肩・五十肩と、肩や背中の、だるさ、こり、痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-01 12:17

コメント 四十肩・五十肩の治療で、激しい痛みが続いていた『急性期』が過ぎ、鈍痛に変わる『慢性期』になると、リハビリ治療が勧められます。
角度によっては強い痛みが出るので、痛みの出ない範囲で、動かす運動が基本になります。
しかし、「言われたように動けない」とか、「リハビリをしても、変化が現れない」、あるいは、「ある程度動くけれども、頭打ち」、というケースが、多くなっています。

この原因として、『慢性期』になっても、「まだ痛くて動かす事ができない」とか、「鈍痛が、辛い」、「一日中ズキズキと、激しく痛む日がある」などで、悩まされている為です。
しかも、リハビリ治療は、自分の身体を、自分の“意思”と“力”で動かす、自動運動の治療なので、その程度や判断が難しい事があります。
この結果、「適当に動かしている」とか、「実際に、どのようにしていいか分からない」、という事が起きます。

しかも、リハビリ治療を困難にしているのは、肩の痛みだけではありません。
肩や背中の、「重だるさ」、「コワバリ感」、「不快な倦怠感」などにも、強く悩まされています。
肩を動かす事ができなくなっているので、肩と周辺の背中の“凝り症状”が、強まる為です。

これらが起きる原因として、背中の“肩甲骨の働き”について、あまり知られていない事があります。
肩甲骨は、肩関節が大きく動く為の補助や、肩関節の動きを支える土台の働きをしています。
この働きがあるので、腕を360度近く動かす、背中に手を回す、胸を張る・すくめる、重たい荷物を持ち上げる、物の押し出しや引き寄せ、などが可能になっています。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-4277.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

頭(脳)の過労や、気分の鬱(うつ)の回復

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-28 17:19

コメント 頭が疲れてくると、頭の反応が鈍くなって、頭の中がモヤモヤしたり、考えがハッキリしなくなったりします。
これは、脳の重さは、身体全体の5%にすぎませんが、使用される酸素量は、20%にもなる為です。
脳は、多くの酸素を必要とするので、身体の血行が悪くなると、真っ先にボーっとして、脳の働きが悪化します。

特に現代は、パソコンやスマホを、片時も手放せない状態になっているので、脳の疲労が増します。
調べ事や業務を、速く処理できるようになった半面、多くの情報を、頭の中で、短時間に判断し、さばく事が求められる為です。
しかも、目を酷使するので、眼に直結している脳が必要以上に酷使され、脳の疲労を起こし易くなります。

また現在、仕事面で、競合や合理化に合わせて、新たなストレスや悩みが増えて、脳の疲労が増すようになりました。
成果主義の導入、人件費の抑制、グローバル化、業務スピードの加速化などが求められ、仕事の過密化と管理が進み、個人の力では業務コントロールができなくなった為です。
しかも、以前のように、職場でコミュニケーションを密にとって、人の事を思いやったり、助けたり、教えたりする、などの“ゆとり”が少なくなった事も、緊張と疲労を強めています。

しかも、このような状態が続くと、気分的に鬱状態になる“プチうつ症状”と言われる状態が、起き易くなります。
気分の落ち込みが多くなるだけでなく、他人の言葉に過剰反応してしまい、軽く指摘されただけでも、ひどく気分が落ち込んだりします。
この結果、精神状態が、鬱っぽくなったり、イライラしたり、怒りっぽくなったりなど、繰り返して引き起こします。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-6a48.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

喉(のど)の、こり

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-25 14:37

コメント 首が、締め付けられる感じがする」とか、「喉が締まって、戻らない」、などが気になっている方がいます。
人によっては、「喉が詰まったような感じがする」、「声が出にくい」、「深呼吸しづらい」、と感じる人もいます。
これらの原因として、首や肩の凝りが大きく関係しています。

これは、喉近くの筋肉に、凝りが波及すると、喉近くの筋肉の柔軟性が無くなるので、閉塞感やコワバリを感じる為です。
首や肩に、疲労や緊張が増してくると、首や肩の筋肉が収縮したまま、伸び縮みしづらくなります。
更に、血液やリンパ液の循環が悪くなると、喉付近に、凝りによる違和感が起き、「息苦しい」とか、「声が出にくい」など、感じるようになります。

中でも、喉近くに伸びている筋肉で、“胸鎖乳突筋”と呼ばれる筋肉が、大きな影響を及ぼします。
この筋肉は、首の横(耳の下)から、喉の近くを横切っている筋肉で、顔を横に向けた時に、首の横に現れる筋肉です。
主に、頭を前や横に倒したり、左や右に廻したりする筋肉ですが、大きく息を吸ったり吐いたりする時にも、使われます。

この筋肉がオーバーワークの状態になると、喉付近を通っているので、喉元がツッパッタように感じます。
多くの場合、頭を支える首や肩の筋肉が疲れてくると、筋力を補う為に、本来の役割でなくても、胸鎖乳突筋も動員される為です。
典型例が、デスクワークのように、頭を前に突き出すような姿勢です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-0df2.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

足の裏の痛み(足底腱膜炎)

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-21 12:19

コメント 足の土踏まずや、踵(かかと)に起きる痛みの中で、ポピュラーな疾患として、足底腱膜炎(または足底筋膜炎)があります。
歩き始めた時に、足裏に「ズキン!」と痛みが起きるのが、大きな特徴です。
しかし、腫れや、赤みといった、見た目でわかる症状はありません。

足の裏は、土踏まずのアーチ(凹み)がクッションとなって、体重を支えたり、衝撃を吸収したりしています。
この踵から指の付け根までの縦のアーチ部分を、形成し、支えている腱を、足底腱膜と言います。
ところが、この足底腱膜が、強く引っ張られたり、伸び切ったりしてしまい、負荷に耐えられなくなると、微細な断裂が起きて痛み出します。

最初の頃は、朝起きて立ち上がった時に、土踏まずあたりが、「ズキン!」と突然痛みます。
しかし、歩いているうちに、痛みは徐々に落ち着いてきます。
これは、断裂と修復を繰り返し、足底腱膜が伸びきってしまうと、断裂が減少するので、痛みが自然と無くなる為です。

しかし、この負荷が長引くと、今度は“踵”にも、痛みや圧痛を感じるようになります。
これは、足底腱膜が踵の骨に付着しているので、踵の表面の骨が強く引っ張られて、とげ(骨棘)のような突起ができる為です。
踵は体重のかかる骨なので、歩いたり立ったりすると、激痛が走り、痛みが完全に取れなくなります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-95cf.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

寒さと、関節の痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-18 12:22

コメント 気候が寒くなってきたり、部屋の冷房が強かったりすると、関節が痛み、悩む方がいます。
動作時に痛みを感じるだけでなく、膝や腰にダルサや鈍痛が続いたり、関節が思うように動かなかったりするので、立ち上がった時に、思わず「アイタタ!」となります。
このように、身体が冷えると、痛みを感じる症状を、「寒冷痛(かんれいつう)」と呼びます。

寒冷痛になる大きな原因として、寒さを感じると、体温を保つ為に、筋肉への血流量を減少させ、体熱を逃がさないようにする仕組みが、影響しています。
これは、血流量が減少するので、血液から取り込む酸素量が減少するので、筋肉の瞬発力や持久力が低下し、動きづらくなり、神経を刺激する為です。
この為、寒い朝に起きようとした時や、冷房が効いていた部屋で、長時間座っていた後に立ち上がろうとすると、膝や腰などが痛み出すようになります。

また、痛覚や触覚などの感覚が、寒さによって敏感になる事も、痛みの感覚を拡げます。
寒くなると、筋肉が緊張して収縮するので、痛覚や触覚などの神経が圧迫されて、ジンジンする感じやシビレ感など、痛みを感じる神経が活発になる為です。
この結果、身体を動かすと、敏感になっている神経を圧迫刺激して、痛みを大きくします。

しかも、痛みが出る関節は、特徴があります。
それは、関節の可動域が大きいにも関わらず、その割に、動かす事が少なくなっている事です。
典型例が肩凝りによる痛みで、血行が悪くなっている肩関節は、冷えると、凝りが強まり、痛み出します。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-d6bc.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

脚のむくみ や 冷え と、ブーツ

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-14 11:52

コメント ブーツは、ファッション性と共に、脚の寒さに対する、最適なグッズとして人気があります。
最近では、通気性を改善して、夏でも履けるサマーブーツもあります。
クーラーの効きすぎた部屋でも、足首を温かく保つ冷房対策として、人気を呼んでいます。

これは、足首は筋肉がほとんど無いので、冷たい外気が脚に触れると、冷気をもろに受けてしまう為です。
しかも、脂肪がつきにくいので、皮膚の下にある神経が、外気の影響をじかに受け易くなっている事が影響しています。

ところが、脚が暖かそうだと思って、ブーツを履いていたら、「足先がヒンヤリと冷たくなった!」、という事が起きています。
これは、ブーツを履くと、足首が固定されてしまい、足裏やふくらはぎの筋肉をシッカリと動かす事ができなくなって、血行が悪くなった為です。
足先が冷たく感じたり、感覚がジーンと鈍ったりするので、思わず、足の指先を動かしたくなったり、足先の感覚を確認したくてブーツを脱ぎたくなったりします。

また、血行の悪化によって、ふくらはぎが張ってきて、脚がむくんだりします。
更に、腰に影響すると、腰にダルサを感じたり、腰やお尻に鈍痛を感じたりします。
このような下半身の血行悪化は、上半身にも影響するので、身体全体がダルクなったり、疲れ易くなったりするだけでなく、集中力が無くなって頭がボーっとしたりします。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-d542.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

肩甲骨の、位置ズレの、こり

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-11 14:09

コメント 長時間、前かがみでパソコン業務をするビジネスマンやOLに、肩甲骨の内側の、痛みや凝りで悩んでいる方が多くいます。
また、顔を横に向けたり、腕を大きく動かしたりすると、肩甲骨がその動きを抑えつけるようになり、更に動かすと、シビレに似た違和感を生じる事もあります。
多くの場合、一方の肩甲骨が、上側に引っ張られたり、外側に張りついてしまったりして、動きがとれない状態になっている事が影響しています。

もともと肩甲骨は、背中の肋骨の上の筋肉に、乗っかったようになっているので、上下左右かなり広い範囲で動きます。
背中の筋肉の動きを助けるだけでなく、呼吸や胸の曲げ伸ばしなど、胸側の筋肉が滑らかに動けるようにしています。
この自由度の高い動きがあるので、背中側と胸側の筋肉を、バランス良く保ち、"天然のサスペンダー"としての役割をしています。

ところが、背中の緊張が続くと、肩甲骨が本来の位置からズレて、固定されてしまいます。
例えば、デスクワークのように、背中を丸めた姿勢を続けると、収縮している側に、肩甲骨が引っ張られた状態になります。
他にも、PCのマウス作業で片腕に負荷をかけ続けたり、寄り掛かった姿勢でいたりすると、筋肉の収縮が強まり、やはり肩甲骨が、片方にズレタ状態で固定されます。

このような状態が長引くと、背中が腫れぼったく感じられたり、肩甲骨の周囲が重ダルク、感じられたりします。
これは、脇の下には、リンパ節や無数の血管が集中しているので、肩甲骨周辺の筋肉の動きが制限されるので、老廃物が溜まり、脇の下から肩甲骨にかけて、“むくみ”が生じる為です。
しかも、脇の下の神経が、老廃物からの刺激や酸素不足から刺激されて、ジーンとしたシビレを感じる事もあります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-918d.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

立ち仕事と、腰痛対策

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-07 14:39

コメント 毎日の立ち仕事で、「脚がパンパンになってしまい、家に帰ると、もう、脚を投げ出したくなってしまう!」という方が、多くいます。
ひどくなると、膝がガクガクになって曲げづらくなったり、ふくらはぎや太ももの外側が硬くなって、押すとコワバッタ痛みを感じたりするようになります。
しかも、脚の不快感が気になって、夜も寝付けなくなったり、翌朝になっても、腰から下のダルサが解消されなくなったりします。

このような状態が続くと、脚にむくみが慢性化してしまったり、脚の血管が浮き上がって、静脈瘤ができてしまったりします。
また、アキレス腱に負荷がかかり続けて、足底腱膜炎を起こし、歩くと足の裏が痛んだりします。
この為、夜に脚をセルフマッサージしたり、靴底に中敷きを入れてみたり、足を高くして寝てみたりなど、脚の疲労に、いつも悩まされるようになります。

しかも、脚の疲労解消だけでなく、腰の疲労解消も、重要度が増してきます。
腰は身体の芯なので、そこが痛むと、ほとんどの動きを封じられてしまう為です。

これは、立ち仕事の為に、上半身を支え続ける負荷の多くが、腰にかかってくる為です。
脚や腰に疲労や緊張が続くと、お尻や背中の筋肉が硬くなり、硬くなった筋肉に引っ張られて、骨盤や背骨の位置が次第にズレ、固定化されます。
この結果、身体のバランスが崩れ、腰を支えている筋肉や神経、そして関節にも影響をきたし、身体全体に不快感や痛みが増してきます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-43e9.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

妊婦さんの妊娠中の、お尻の痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-31 17:32

コメント 妊娠して5ヶ月目頃から、お尻の奥に痛みを感じ始め、7ヶ月目ぐらいになると、お尻が刺されるような痛みを訴える妊婦さんが多なります。
例えば、立ち上がりにお尻がピリピリと痛み出したり、ソファに座っていても尾底骨に疼くような痛みを感じたり、また、寝起きに身体を起こす時にお尻の奥が痛み出したり、などです。
痛みで、毎日の買い物や家事などに支障をきたすので、出産までの生活を考えると、ツラク感じます。

本来ならば、お尻の筋肉は、「縁の下の力持ち」として、忍耐強いので、痛みを感じる事は滅多にありません。
大きな筋力で支えながら、上半身と下半身をつなぎ、身体が自由に動けるようにしています。
これによって、姿勢を支えながら、太ももの筋肉と連動して、立ったり座ったり、歩行などの動作が可能になります。

しかし、妊娠してお腹が大きくなるにつれ、次第に体重が増すので、今迄無かったような大きな負荷が、お尻の筋肉にかかるようになります。
しかも、お腹の赤ちゃんをかばう為に、腰と背骨で姿勢を保つような、沿った姿勢が多くなります。
これを支えるお尻の筋肉は、大きな負荷になります。

また、妊娠による体重の増加や姿勢の変化だけでなく、出産に備え、骨盤をシッカリと固定している靭帯が緩んでくる事も、お尻が痛む原因になります。
これは、靭帯が緩んでくるので、骨盤の回りの筋肉に、負荷が増す為です。
お尻の筋肉に過度の負担と緊張が生じるので、痛む原因になります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-201f.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

背中の疲れによる、むくみ と 痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-28 13:29

コメント 背中の痛みは、急に痛くなったという事は少なく、背中の張りやダルサから、気付いたら痛みを感じていたとか、次第に痛みに変わってきたという方が多くなっています。
この痛みの原因の中で、意外と気付かれてないのが、背中の“むくみ”から生じた痛みです。
背中の筋肉が、疲労や緊張すると、血行やリンパ液の流れが悪くなって“むくみ”が生じ、酸素が欠乏すると共に、老廃物が神経を刺激する為です。

この背中の“むくみ”は、普段から運動不足の人、身体を動かす機会の少ない人ほど、起き易くなります。
背中の筋肉は、日常生活であまり動かさない部位なので、筋肉の働きが低下し易く、そのぶん循環が悪くなる事が、影響しています。
“むくみ”が背中に生じると、だるい、重苦しい、疲れる、強い凝り感など、ジッとしていられない、特有の不快感が現れます。

そして、そのままにしていると、背中のところどころに、ズキズキとした痛みが起きます。
これは、筋肉内の酸素不足から、過敏化した知覚神経を、滞った老廃物が刺激する為です。
この状態になると、神経から発する痛みによって、筋肉が更に収縮するので、神経が圧迫されて、痛みが増します。

このような不快感や痛みは、首の付け根や、肩甲骨の回りに、起き易くなります。
首の付け根は、首と背中の筋肉が、直接に接続しているので、頭の重さの負担が、そのまま背中の筋肉に影響を与える為です。
更に、肩に波及し、肩凝りの原因になったり、背中に重ダルサが拡がったりします。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-a04a.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

浅い(息苦しい)呼吸、深い呼吸

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-24 14:57

コメント 最近、チョッと急ぎ足で歩いたり、駅の階段を昇ったりすると、息切れを感じたりしませんか?
あるいは、カラオケに誘われて歌ってみたら、息が続かなかったり、息を吸い込んでいるうちに遅れてしまったり・・・。
もしかすると、浅い呼吸になっているのかもしれません。

浅い呼吸と言うのは、酸素の多い外気を吸っても、肺の奥に届く前に、吐いてしまう呼吸を言います。
これは、酸素を含んだ空気を吸っても、肺の一部にしか、酸素が届かない為です。
逆に、炭酸ガスを多く含んだ息を吐いたつもりでも、吐ききれず、そのまま肺に残ってしまいます。

例えば、仕事をしている時や、何かに頑張っている時は、緊張させる神経が強く働き、無意識のうちに呼吸が浅くなります。
また、仕事や家事が差し迫っていたり、気持が休まらなかったりすると、やはり呼吸が浅くなります。

そんな時に、ため息が出ます。
しかし、自然に「フ~ッ」と、数回ため息をするだけでは、あまり効果はありません。
身体が必要とする深い呼吸は、深い呼吸を繰り返し行なわないと、全身に、新鮮な酸素が行き渡らない為です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-cfd4.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

リンパの、循環改善

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-21 12:24

コメント 体内の滞ったリンパ液の循環を改善し、健康な身体づくりを目的としたリンパマッサージの案内をよく見かけます。
リンパ液の循環改善によって、むくみや冷え性を解消し、セルライトの除去、更に、美肌やダイエット効果など、多岐にわたる健康や美容への効果を目的にしています。
更に、新陳代謝(細胞の生まれ変わり)も良くなるので、太りにくい体質に改善すると言われています。

ちなみに、「リンパドレナージュ」も、内容は、リンパマッサージと変わりません。
やはり、リンパマッサージと同じように、リンパ液の循環と老廃物の排泄を促し、全身の機能のバランスを整え、免疫力、自己治癒力を高める事を目的としています。
フランス語の名称で、日本語に訳すと「リンパ排出法」です。

このように、名称は違っても、“身体の中に溜まったゴミを外へ出す”という、“デトックス効果”を狙っています。
この理由として、リンパ液が、自分の力で流れる力が非常に弱く、受動的な流れになっている事があります。
血流と異なって、リンパ液の流れは、心臓のようなポンプの力を持たないので、筋肉の動きや、内臓の動きなどの圧で、非常にゆっくりとした速度で流れる為です。

この為、運動不足や、ストレス、生活習慣の問題、などがあると、リンパ液は滞り易くなります。
しかし実際に、リンパ液の滞留が原因で、むくみが起きる人は、全体のごく一部です。
むしろ、むくみが発生する大きな原因は、静脈血の心臓への戻りが悪くなる事です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-2081.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

身体がだるくて、だるい…

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-17 14:45

コメント 「身体が、だるい…」、こんな悩み、ありませんか?
身体がだるいと、身体のだるさだけでなく、仕事や生活の面でも、様々な不調や辛さに悩まされます。
例えば、朝の寝起きが悪い、気分がすっきりしない、仕事にヤル気が起きない、胃がもたれる、食欲がわかない、などが起きてきます。

通常、健康の三大要素は、快食・快眠・快便と言われます。
食物の栄養補給に片寄りが無く、睡眠による疲労回復が順調で、胃腸の消化吸収が良好な状態です。

しかし、以前と違って、現在は、一日中、PCやモバイルなどのインターネットを使う毎日です。
脳が疲れたと思っても、無理して、脳を連続して働かせます。
この結果、身体はそれほど疲れていなくても、脳が休まる事が無いので、体調を保つ、自律神経のバランスを崩し易くなります。

しかも、仕事の為に、一日中同じ部屋でジッとしている事が多くなると、身体のあちこちに不調が表れます。
血行が悪くなるだけでなく、肩コリや冷えをはじめ、身体が疲れ易くなり、身体のだるさが増して、意欲の減退が起きたりします。
また、休みの日も、「疲れている」という感覚から、家でゴロゴロしてしまうと、ますます血液循環を滞らせ、気分を滅入らせてしまいます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-5a77.html

【生活ガイド.comで提供しているサービス】

地域情報主要都市札幌仙台さいたま川崎横浜静岡浜松名古屋神戸広島北九州北海道・東北北海道(東部)北海道(西部)青森岩手宮城秋田山形 福島関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川北陸・甲信越新潟富山石川福井山梨長野東海岐阜静岡愛知三重関西滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄地域特集横浜市松戸市江戸川区川口市京都市川崎市船橋市さいたま市奈良市宮古島市神戸市高槻市武蔵野市つくばエクスプレス足立区越谷市相模原市八王子市
サービス一覧Q&A口コミ地域レコメンド検索