評価の多い施設

その他(暮らし・住まい) ファミリー治療院
080円 880円 740円 280円 平日ランチ(70分) ビュッフェ食べ放題・ ソフトドリンク飲み放題 1 フジテレビキッズカフェ ママトコ with 絆ファクトリー
その他(暮らし・住まい) 買取110番
映画館・劇場・ホール 箕面109シネマズ
和食 つるまる南本町店

評価の高い施設

その他(暮らし・住まい) 買取110番
その他(暮らし・住まい) ファミリー治療院
その他(旅行・レジャー) 福岡天神親富孝クラブX(CLUB X)
美容院・理容室 富山の美容院・ヘアサロン 美容室ソニア
その他(暮らし・住まい) 張替名人 はりきち

口コミの検索

ここでは、みんなが書き込んだ口コミ情報を検索することができます。

都道府県 市区町村
カテゴリ
詳細カテゴリ
フリーワード検索

口コミ一覧

口コミを新着順に表示しています。

施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

寒さと、関節の痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-18 12:22

コメント 気候が寒くなってきたり、部屋の冷房が強かったりすると、関節が痛み、悩む方がいます。
動作時に痛みを感じるだけでなく、膝や腰にダルサや鈍痛が続いたり、関節が思うように動かなかったりするので、立ち上がった時に、思わず「アイタタ!」となります。
このように、身体が冷えると、痛みを感じる症状を、「寒冷痛(かんれいつう)」と呼びます。

寒冷痛になる大きな原因として、寒さを感じると、体温を保つ為に、筋肉への血流量を減少させ、体熱を逃がさないようにする仕組みが、影響しています。
これは、血流量が減少するので、血液から取り込む酸素量が減少するので、筋肉の瞬発力や持久力が低下し、動きづらくなり、神経を刺激する為です。
この為、寒い朝に起きようとした時や、冷房が効いていた部屋で、長時間座っていた後に立ち上がろうとすると、膝や腰などが痛み出すようになります。

また、痛覚や触覚などの感覚が、寒さによって敏感になる事も、痛みの感覚を拡げます。
寒くなると、筋肉が緊張して収縮するので、痛覚や触覚などの神経が圧迫されて、ジンジンする感じやシビレ感など、痛みを感じる神経が活発になる為です。
この結果、身体を動かすと、敏感になっている神経を圧迫刺激して、痛みを大きくします。

しかも、痛みが出る関節は、特徴があります。
それは、関節の可動域が大きいにも関わらず、その割に、動かす事が少なくなっている事です。
典型例が肩凝りによる痛みで、血行が悪くなっている肩関節は、冷えると、凝りが強まり、痛み出します。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-d6bc.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

脚のむくみ や 冷え と、ブーツ

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-14 11:52

コメント ブーツは、ファッション性と共に、脚の寒さに対する、最適なグッズとして人気があります。
最近では、通気性を改善して、夏でも履けるサマーブーツもあります。
クーラーの効きすぎた部屋でも、足首を温かく保つ冷房対策として、人気を呼んでいます。

これは、足首は筋肉がほとんど無いので、冷たい外気が脚に触れると、冷気をもろに受けてしまう為です。
しかも、脂肪がつきにくいので、皮膚の下にある神経が、外気の影響をじかに受け易くなっている事が影響しています。

ところが、脚が暖かそうだと思って、ブーツを履いていたら、「足先がヒンヤリと冷たくなった!」、という事が起きています。
これは、ブーツを履くと、足首が固定されてしまい、足裏やふくらはぎの筋肉をシッカリと動かす事ができなくなって、血行が悪くなった為です。
足先が冷たく感じたり、感覚がジーンと鈍ったりするので、思わず、足の指先を動かしたくなったり、足先の感覚を確認したくてブーツを脱ぎたくなったりします。

また、血行の悪化によって、ふくらはぎが張ってきて、脚がむくんだりします。
更に、腰に影響すると、腰にダルサを感じたり、腰やお尻に鈍痛を感じたりします。
このような下半身の血行悪化は、上半身にも影響するので、身体全体がダルクなったり、疲れ易くなったりするだけでなく、集中力が無くなって頭がボーっとしたりします。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-d542.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

肩甲骨の、位置ズレの、こり

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-11 14:09

コメント 長時間、前かがみでパソコン業務をするビジネスマンやOLに、肩甲骨の内側の、痛みや凝りで悩んでいる方が多くいます。
また、顔を横に向けたり、腕を大きく動かしたりすると、肩甲骨がその動きを抑えつけるようになり、更に動かすと、シビレに似た違和感を生じる事もあります。
多くの場合、一方の肩甲骨が、上側に引っ張られたり、外側に張りついてしまったりして、動きがとれない状態になっている事が影響しています。

もともと肩甲骨は、背中の肋骨の上の筋肉に、乗っかったようになっているので、上下左右かなり広い範囲で動きます。
背中の筋肉の動きを助けるだけでなく、呼吸や胸の曲げ伸ばしなど、胸側の筋肉が滑らかに動けるようにしています。
この自由度の高い動きがあるので、背中側と胸側の筋肉を、バランス良く保ち、"天然のサスペンダー"としての役割をしています。

ところが、背中の緊張が続くと、肩甲骨が本来の位置からズレて、固定されてしまいます。
例えば、デスクワークのように、背中を丸めた姿勢を続けると、収縮している側に、肩甲骨が引っ張られた状態になります。
他にも、PCのマウス作業で片腕に負荷をかけ続けたり、寄り掛かった姿勢でいたりすると、筋肉の収縮が強まり、やはり肩甲骨が、片方にズレタ状態で固定されます。

このような状態が長引くと、背中が腫れぼったく感じられたり、肩甲骨の周囲が重ダルク、感じられたりします。
これは、脇の下には、リンパ節や無数の血管が集中しているので、肩甲骨周辺の筋肉の動きが制限されるので、老廃物が溜まり、脇の下から肩甲骨にかけて、“むくみ”が生じる為です。
しかも、脇の下の神経が、老廃物からの刺激や酸素不足から刺激されて、ジーンとしたシビレを感じる事もあります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-918d.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

立ち仕事と、腰痛対策

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-07 14:39

コメント 毎日の立ち仕事で、「脚がパンパンになってしまい、家に帰ると、もう、脚を投げ出したくなってしまう!」という方が、多くいます。
ひどくなると、膝がガクガクになって曲げづらくなったり、ふくらはぎや太ももの外側が硬くなって、押すとコワバッタ痛みを感じたりするようになります。
しかも、脚の不快感が気になって、夜も寝付けなくなったり、翌朝になっても、腰から下のダルサが解消されなくなったりします。

このような状態が続くと、脚にむくみが慢性化してしまったり、脚の血管が浮き上がって、静脈瘤ができてしまったりします。
また、アキレス腱に負荷がかかり続けて、足底腱膜炎を起こし、歩くと足の裏が痛んだりします。
この為、夜に脚をセルフマッサージしたり、靴底に中敷きを入れてみたり、足を高くして寝てみたりなど、脚の疲労に、いつも悩まされるようになります。

しかも、脚の疲労解消だけでなく、腰の疲労解消も、重要度が増してきます。
腰は身体の芯なので、そこが痛むと、ほとんどの動きを封じられてしまう為です。

これは、立ち仕事の為に、上半身を支え続ける負荷の多くが、腰にかかってくる為です。
脚や腰に疲労や緊張が続くと、お尻や背中の筋肉が硬くなり、硬くなった筋肉に引っ張られて、骨盤や背骨の位置が次第にズレ、固定化されます。
この結果、身体のバランスが崩れ、腰を支えている筋肉や神経、そして関節にも影響をきたし、身体全体に不快感や痛みが増してきます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-43e9.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

妊婦さんの妊娠中の、お尻の痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-31 17:32

コメント 妊娠して5ヶ月目頃から、お尻の奥に痛みを感じ始め、7ヶ月目ぐらいになると、お尻が刺されるような痛みを訴える妊婦さんが多なります。
例えば、立ち上がりにお尻がピリピリと痛み出したり、ソファに座っていても尾底骨に疼くような痛みを感じたり、また、寝起きに身体を起こす時にお尻の奥が痛み出したり、などです。
痛みで、毎日の買い物や家事などに支障をきたすので、出産までの生活を考えると、ツラク感じます。

本来ならば、お尻の筋肉は、「縁の下の力持ち」として、忍耐強いので、痛みを感じる事は滅多にありません。
大きな筋力で支えながら、上半身と下半身をつなぎ、身体が自由に動けるようにしています。
これによって、姿勢を支えながら、太ももの筋肉と連動して、立ったり座ったり、歩行などの動作が可能になります。

しかし、妊娠してお腹が大きくなるにつれ、次第に体重が増すので、今迄無かったような大きな負荷が、お尻の筋肉にかかるようになります。
しかも、お腹の赤ちゃんをかばう為に、腰と背骨で姿勢を保つような、沿った姿勢が多くなります。
これを支えるお尻の筋肉は、大きな負荷になります。

また、妊娠による体重の増加や姿勢の変化だけでなく、出産に備え、骨盤をシッカリと固定している靭帯が緩んでくる事も、お尻が痛む原因になります。
これは、靭帯が緩んでくるので、骨盤の回りの筋肉に、負荷が増す為です。
お尻の筋肉に過度の負担と緊張が生じるので、痛む原因になります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-201f.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

背中の疲れによる、むくみ と 痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-28 13:29

コメント 背中の痛みは、急に痛くなったという事は少なく、背中の張りやダルサから、気付いたら痛みを感じていたとか、次第に痛みに変わってきたという方が多くなっています。
この痛みの原因の中で、意外と気付かれてないのが、背中の“むくみ”から生じた痛みです。
背中の筋肉が、疲労や緊張すると、血行やリンパ液の流れが悪くなって“むくみ”が生じ、酸素が欠乏すると共に、老廃物が神経を刺激する為です。

この背中の“むくみ”は、普段から運動不足の人、身体を動かす機会の少ない人ほど、起き易くなります。
背中の筋肉は、日常生活であまり動かさない部位なので、筋肉の働きが低下し易く、そのぶん循環が悪くなる事が、影響しています。
“むくみ”が背中に生じると、だるい、重苦しい、疲れる、強い凝り感など、ジッとしていられない、特有の不快感が現れます。

そして、そのままにしていると、背中のところどころに、ズキズキとした痛みが起きます。
これは、筋肉内の酸素不足から、過敏化した知覚神経を、滞った老廃物が刺激する為です。
この状態になると、神経から発する痛みによって、筋肉が更に収縮するので、神経が圧迫されて、痛みが増します。

このような不快感や痛みは、首の付け根や、肩甲骨の回りに、起き易くなります。
首の付け根は、首と背中の筋肉が、直接に接続しているので、頭の重さの負担が、そのまま背中の筋肉に影響を与える為です。
更に、肩に波及し、肩凝りの原因になったり、背中に重ダルサが拡がったりします。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-a04a.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

浅い(息苦しい)呼吸、深い呼吸

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-24 14:57

コメント 最近、チョッと急ぎ足で歩いたり、駅の階段を昇ったりすると、息切れを感じたりしませんか?
あるいは、カラオケに誘われて歌ってみたら、息が続かなかったり、息を吸い込んでいるうちに遅れてしまったり・・・。
もしかすると、浅い呼吸になっているのかもしれません。

浅い呼吸と言うのは、酸素の多い外気を吸っても、肺の奥に届く前に、吐いてしまう呼吸を言います。
これは、酸素を含んだ空気を吸っても、肺の一部にしか、酸素が届かない為です。
逆に、炭酸ガスを多く含んだ息を吐いたつもりでも、吐ききれず、そのまま肺に残ってしまいます。

例えば、仕事をしている時や、何かに頑張っている時は、緊張させる神経が強く働き、無意識のうちに呼吸が浅くなります。
また、仕事や家事が差し迫っていたり、気持が休まらなかったりすると、やはり呼吸が浅くなります。

そんな時に、ため息が出ます。
しかし、自然に「フ~ッ」と、数回ため息をするだけでは、あまり効果はありません。
身体が必要とする深い呼吸は、深い呼吸を繰り返し行なわないと、全身に、新鮮な酸素が行き渡らない為です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-cfd4.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

リンパの、循環改善

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-21 12:24

コメント 体内の滞ったリンパ液の循環を改善し、健康な身体づくりを目的としたリンパマッサージの案内をよく見かけます。
リンパ液の循環改善によって、むくみや冷え性を解消し、セルライトの除去、更に、美肌やダイエット効果など、多岐にわたる健康や美容への効果を目的にしています。
更に、新陳代謝(細胞の生まれ変わり)も良くなるので、太りにくい体質に改善すると言われています。

ちなみに、「リンパドレナージュ」も、内容は、リンパマッサージと変わりません。
やはり、リンパマッサージと同じように、リンパ液の循環と老廃物の排泄を促し、全身の機能のバランスを整え、免疫力、自己治癒力を高める事を目的としています。
フランス語の名称で、日本語に訳すと「リンパ排出法」です。

このように、名称は違っても、“身体の中に溜まったゴミを外へ出す”という、“デトックス効果”を狙っています。
この理由として、リンパ液が、自分の力で流れる力が非常に弱く、受動的な流れになっている事があります。
血流と異なって、リンパ液の流れは、心臓のようなポンプの力を持たないので、筋肉の動きや、内臓の動きなどの圧で、非常にゆっくりとした速度で流れる為です。

この為、運動不足や、ストレス、生活習慣の問題、などがあると、リンパ液は滞り易くなります。
しかし実際に、リンパ液の滞留が原因で、むくみが起きる人は、全体のごく一部です。
むしろ、むくみが発生する大きな原因は、静脈血の心臓への戻りが悪くなる事です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-2081.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

身体がだるくて、だるい…

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-17 14:45

コメント 「身体が、だるい…」、こんな悩み、ありませんか?
身体がだるいと、身体のだるさだけでなく、仕事や生活の面でも、様々な不調や辛さに悩まされます。
例えば、朝の寝起きが悪い、気分がすっきりしない、仕事にヤル気が起きない、胃がもたれる、食欲がわかない、などが起きてきます。

通常、健康の三大要素は、快食・快眠・快便と言われます。
食物の栄養補給に片寄りが無く、睡眠による疲労回復が順調で、胃腸の消化吸収が良好な状態です。

しかし、以前と違って、現在は、一日中、PCやモバイルなどのインターネットを使う毎日です。
脳が疲れたと思っても、無理して、脳を連続して働かせます。
この結果、身体はそれほど疲れていなくても、脳が休まる事が無いので、体調を保つ、自律神経のバランスを崩し易くなります。

しかも、仕事の為に、一日中同じ部屋でジッとしている事が多くなると、身体のあちこちに不調が表れます。
血行が悪くなるだけでなく、肩コリや冷えをはじめ、身体が疲れ易くなり、身体のだるさが増して、意欲の減退が起きたりします。
また、休みの日も、「疲れている」という感覚から、家でゴロゴロしてしまうと、ますます血液循環を滞らせ、気分を滅入らせてしまいます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-5a77.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

頭が重い・・・、

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-14 16:06

コメント 「仕事中、頭が重くて仕方がない」とか、「頭の重さやダルサに悩まされて、イライラする」といった経験を、誰でも、何度かした事があると思います。
頭が重くて憂鬱な日々を送っている人にとって、頭がスッキリして、気持良く回転したら、どんなに素晴らしいだろうと思うに違いありません。
特に、ビジネスマンやウーマンにとって、頭がスッキリ働く事は、仕事をこなす必須条件ですし、仕事運を運んでくれるカナメです。

しかし、頭が"痛い"なら、頭痛薬を飲んだりして解決しますが、「頭が重い…」という症状は、チョッと解決法が厄介です。
時には、「頭をスッキリさせたい・・・!」と思うあまり、思い切り身体を動かして、身体中の血を駆け巡らしたいと、思ったりもします。
しかし、実際には、緊張している神経をますます高めてしまい、疲労が増すので、余計に頭がキリキリしてきて、逆効果になってしまいます。

頭が重いと感じる原因を調べてみると、いろいろな理由が考えられます。
しかし、多くの場合、身体に疲労感を伴っているケースがほとんどです。

例えば、頭が重く感じられてくると、同時に、脳に酸素が不足しているように感じます。
また、背中のコワバリや、首スジから肩にかけて疲労感を伴って、無意識のうちに、あくびが出たり、背伸びをしたりします。
しかも、頭が重く感じてくる時間帯は、疲れを感じる午後から夕方にかけて始まります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-7661.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

脚(足)の疲れが、全身に

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-10 14:19

コメント 『老化は、脚(足)から』と言われるように、脚の健康状態は、身体全体に影響します。
例えば、仕事や運動で歩き続けたり、立ちっぱなしや座り続けたりすると、ふくらはぎがパンパンに張ったり、脚がダルクなったりします。
すると、下半身の疲れだけでなく、全身の血液循環も悪くなって、腰や背中の鈍痛や、肩凝りの症状悪化、頭痛なども起きてきます。

また、脚が疲れ、疲労感が増すと、精神的にも、けん怠感や疲労感などが強まります。
これは、下半身にダルサや不快感が生じると、心身の活動力が低下して、脳への血行も悪化する為です。
考え方がまとまらない、判断力が低下する、思考が停滞するなど、脳の働きが鈍ってきます。

これらは、血液が、地球の重力によって、下半身に溜まり易くなる事が影響しています。
重力に逆らって、下から上へと、血液を心臓に戻す事は容易ではありません。
この為、立っていたり、椅子に座っていたりすると、全身の血液のうち、約70%が下半身に集まります。

しかも、血管の9割以上は、太さ髪の毛の10分の1ぐらいの毛細血管なので、血液は、狭い管の中を通り抜けていかねばなりません。
この結果、血液の流れは、正常な状態でも、細い血管が長く続いたり、蛇行していたりするので、勢いが低下しがちです。
椅子に座って膝や腰を曲げていたり、あるいは、脚の筋肉が疲労や緊張したりしていると、更に血行を阻害します。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-f0bd.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

“疲れ顔”や“老け顔”と、肩こりの関連

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-07 12:40

コメント オフィスで1日中働いた後、鏡で自分の顔を見た時に、思わず「顔が、朝と違う!」と、驚かされる事があります。
顔にドッと疲れが出て、顔が何だか不健康そうだったり、老けてしまった…!ように見えたりします。
このような“疲れ顔”や“老け顔”に、一旦なってしまうと、いくら頑張ってメイク直しをしても、元通りにはなりません。

“疲れ顔”や“老け顔”には、様々な原因があります。
例えば、オフィスで、人とあまりしゃべらず、パソコンの画面を長時間見続ける事が多くなると、顔の表情筋の動きを悪くさせます。
また、顔の筋肉の動きが少ないと、皮下の血流の滞りや水分停滞を起こし、顔の血色不良やむくみが起きます。

更に、隠れた大きな原因として、肩こりがあります。
これは、顔の筋肉は、肩や首の筋肉とつながっているので、肩こりが起きると、顔の血行やリンパ液の流れが悪化する為です。
この為、自覚症状としても、顔が腫れぼったい、顔の筋肉がこわばる、顔色がすぐれない(くすむ)、肌のかさつきが目立つ、顔のバランスに左右差が生じるなどが生じ、顔が疲れた表情になります。

更に、肩こりによって、自律神経に影響が及ぶと、これも“疲れ顔”や“老け顔”が起きる原因になります。
例えば、肩の慢性的な痛み、イライラ、眠れなくなる、食欲が沸かない、倦怠感で何もする気が起きない、などです。
いつのまにか笑顔が減って、表情の変化が乏しくなるだけでなく、顔の血行やリンパ液の流れが停滞して、顔の活気が失われます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-e20f.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

デスクワークの疲労感やイライラと、積極的休養法

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-12-03 17:31

コメント デスクワークを、長時間、続けているうちに、疲れを感じたり、気分がイライラしたりすると答えた人が、9割近くにもなっています。
作業効率の低下やミスの頻発などが起きたり、上司や部下の対人関係のトラブルを起こしそうになったりして、業務の支障にもなっています。
これは、デスクワークの疲れが、肉体的疲労だけではなく、精神的な疲労にも及んでいる為です。

例えば、座り仕事をしていると、お尻や腰の筋肉が、絶えず緊張し続けるので、緩む暇が無くなります。
下半身には、全身の血液の70%が集まるので、下半身の血行悪化から、全身の血行を悪化させます。
しかも、前かがみや猫背などが多くなると、更に、疲れやダルサを強めます。

また、座り仕事は、ジッと集中している時間が長いので、精神的な疲労を強め、疲労感や違和感、痛みなどの感覚が刺激されて、敏感になります。
しかも、緊張させる神経が働き続けさせるので、身体を休める神経が機能しなくなり、疲労や緊張が体内に蓄積されてきます。
この結果、気がつくと、腰や背中の慢性的な痛みや、精神的なリラックス感が失われて、イライラ感や疲労感に悩まされます。

この為、最近、新たな疲労回復方法として、『積極的休養』という疲労回復法が普及してきました。
疲れている時に、あえて、身体を軽く動かして、血液循環を促し、疲労回復を早める休息方法です。
身体の新陳代謝を高め、脳への刺激を促し、疲労回復に務める方法です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-57ae.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

その『 首こり 』・『 肩こり 』、気になりませんか?

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-11-30 14:57

コメント 日本人の多くが体験する疼痛として、『 首こり 』・『 肩こり 』があります。
首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて、張ったような、凝った痛みです。
通常、首や肩の筋肉が、緊張や疲労で硬くなり、血行が悪化して、筋肉の内部で酸素不足となり、疲労物質も作られるので、痛みやダルサを感じます。

ところが、凝りの中でも、“神経が異常な興奮”を起こす凝りがあります。
神経が刺激されて、過敏になり、筋肉の中で、神経特有のジーンと疼くように感じや、ズキズキとした感じが起きます。
筋緊張や血流の悪化によって、こりの痛みや不快感が続いて、神経が悲鳴をあげたような状態になります。

このような状態になると、神経からの不快感だけでなく、筋肉のコワバリが強まって、ギューッと締めつけられているような感じや、重ダルサも感じます。
更に、肩を廻したり、腕を伸ばそうとすると、強い抵抗を感じたり、ゴリゴリとした音が出ることもあります。
これは、筋肉の強い収縮によって、関節面が引きつけられた状態になるので、動かしづらくなったり、コワバッタ筋肉と下の骨が擦れたりして、摩擦音が出る為です。

更に悪化すると、肩や腕に、シビレなどの症状を引き起こすだけでなく、『 首こり 』の場合には、血液循環の悪化から、頭痛、耳鳴りなども、引き起こします。
このように、神経も障害されて、なかなか治らない痛みを、『神経障害性疼痛』と言います。
身体のどこにでも生じる可能性がありますが、特に、首・肩・腰のように、“身体の重みがかかる”関節付近が、多くなっています。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-026c.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

中高年と、スポーツマッサージ

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-11-26 15:00

コメント 中高年になってから、運動にチャレンジしようという方が多くなっています。
若い時と違って、目的が、肥満解消、ストレス発散、あるいは、血圧や血糖値の改善などの、健康管理を意識したものに多くなっています。
しかし、普段あまり身体を使う事が少なかったり、週末だけの運動になったりして、ツイ、時間に追われて、準備運動やその後のケアなどが不十分になりがちです。

この結果、後になって、“遅発性筋痛”や“スポーツ疲労”などの障害が、起き易くなります。
“遅発性筋痛”は、運動をして、数時間後から翌日~翌々日になって起きる筋肉痛で、普段使っていない筋肉を、長時間使った時に起きます。 
また、“スポーツ疲労”は、身体のスタミナを使い切って、身体が疲れて辛くなったり、体調を悪化させたりする症状です。

しかも、中高年になると、疲労や緊張がいつまでも続いたり、胃腸の働きを低下させたりして、体調を悪化させる事があります。
これは、身体を支える力が弱くなったり、身体のクッション部分が硬くなっていたりする事が、大きく影響しています。
更に、普段、運動する機会が無いので、運動に、心臓や肺の働きが追いつかずに、ちょっと動いただけでも、動悸や息切れを起こし易くなります。

本来、スポーツによる障害を防ぐ為に、ウォーミングアップ(準備運動)と、クーリングダウン(整理運動)を、きちんとする事が大切です。
特に、中高年以降は、関節付近の筋肉や腱などを、しっかりと引き伸ばし、柔軟性を高める事が大事です。
関節付近の筋肉が硬いと、動かせる範囲が少ないので、怪我や身体の痛みが起き易くなるだけでなく、疲労が蓄積し易くなります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-d46e.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

更年期の疲労感・倦怠感への、コンディショニング

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-11-23 14:51

コメント 更年期になると、身体の疲労や緊張だけでなく、それらの感情も蓄積されます。
精神的な疲労や倦怠感が強まって、集中力や意欲の低下、あるいは、不快な気分などを引き起こします。
この為、女性の約7割が、疲労感や倦怠感と共に、イライラ感や憂鬱感に、悩まされると言われています。

背景として、この時期は、今迄の生活の疲れが、ドッと出てくる為です。
しかも、若い頃と違って、体力が落ちて、無理が効きません。
この結果、日々の動作や活動でも、負担がかかるようになり、疲れ易くなり、精神的にもマイナスの影響が出るようになります。

この為、“身体のコンディション作り”が、更年期の疲労感や倦怠感の解消に、勧められています。
しかし、この“身体のコンディション作り”を、どのような方法で、どのようにしたら良いか、判断に迷う事になります。
気になる症状の原因がハッキリせず、様々な症状が一気に襲う事がある為です。

例えば、筋肉や神経などの働きや、血液やリンパ液の循環が悪化していると、不調を起こし易くなりますが、本人にとって原因がハッキリと分かりません。
毎日の生活で、立ち仕事や座り仕事が多いとか、同じ動作を繰り返す、作業時間が長い、あるいは、脚を組む、頬杖をつく、などがあると、気が付かないうちに、身体の負荷が、大きくなっている為です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-721f.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

女性の更年期の腰痛 と、お尻の冷え

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-11-19 12:07

コメント 女性の更年期の腰痛は、もともと腰に多少の障害があったのが、更年期になって、それが強く意識されるようになった、という傾向があります。
これは、女性ホルモンが減少すると、自律神経のバランスが乱れから、痛みを緩和させる脳内のホルモンの分泌が減少する為です。
この結果、以前よりも、痛みを感じ易くなります。

背景として、40代半ばから50代半ばの時期になると、毎日の家事や仕事から運動不足になる事や、体力の低下、体重の増加や姿勢の変化などから、腰への負担が増す事があります。
ところが、脳内ホルモンの分泌が減少するので、少し身体を動かしただけでも、腰に痛みを感じるようになります。
しかも、痛みを感じる事が多くなると、それが心理的なストレスとなって、更にホルモン分泌を減少させ、痛みに敏感させます。

また、イライラや不安、慢性的なストレス、ヒステリーやうつ病、などがあると、一層、痛みを強く感じさせます。
このような更年期の腰痛は、整形外科を受診しても、腰の骨や筋肉に、何の異常もみられないので、原因がハッキリ特定されません。

この腰痛に、深く関連しているのが、お尻の筋肉の状態です。
お尻の筋肉は、腰の真下で、柔らかいクッションの働きをしているので、衝撃を吸収して、腰への障害を防いでいます。
しかし更年期になると、この働きが出来なくなり、腰痛の原因になります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-9c24.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

更年期の血圧上昇(高血圧)と、肩こり

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-11-16 12:42

コメント 女性の場合、40歳代前半までは血圧が低くても、更年期前後から、急に血圧が上がる傾向があります。
50代で43%、60代になると55%の女性が、血圧が高くなっています。
これは、女性ホルモンの減少から、血圧をコントロールしている自律神経が変動し易くなり、血圧が高くなると言われています。

また、更年期になると、身体が緊張し易く、疲れを感じ易くなります。
これも、自律神経の変動が大きくなって、身体が緊張し、血管や筋肉が収縮して、血液循環が悪くなる為です。
精神的にも、疲労やストレスに敏感になるので、“凝り易く、ほぐれにくく”なって、肩こり感が一層強まります。

このような“更年期特有”の血圧上昇を、『更年期高血圧』と呼びます。
ちょっとしたストレスなどで、血圧が不安定になり、高くなるのが特徴です。
くり返していると、血圧が上がり易くなっているので、慢性的な高血圧状態になります。

このような血圧上昇には、血圧に直接作用する薬より、自律神経の調整薬や抗不安薬のほうが、効果的があるとされています。
自律神経の不安定による影響が大きい為です。
何かのキッカケがあると、首筋が重くなったり、動悸やほてりを感じたりしますが、気分が良く、落ち着くと、血圧が普通になる事が多くなります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-714b.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

イライラ、疲労、だるい、頭重、眠れないなど、女性の不定愁訴

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-11-12 14:14

コメント 不定愁訴は、原因がはっきりしない、身体の不調です。
強まると、鬱(うつ)になったように、気分の落ち込みや不安、物事におっくうになり、これまで楽しんでいたことが楽しめず、集中力もなくなります。
しかし、身体に異常を感じても、家事や育児・介護などに追われていると、後回しにしてしまいます。

これには、「相談できる医療機関が分からないから、受診しない」という事が、背景にあります。
「この程度ならば、我慢していれば解消する」と、期待してしまいます。
しかも、身体の状態が気になっても、友達同士のおしゃべりで、「大丈夫よ!」とか、「そうよね!」と言って、自分を安心させてしまいます。

女性の場合には、過労や緊張、そしてストレスなどが強まると、自律神経のバランスを乱し易くなって、不定愁訴が現れます。
これは、女性ホルモンの微妙な加減によって影響されるので、疲労やストレスなどがあると、大きな影響を受ける為です。
また、男性に比べて筋肉量が少ないので、体力的にも無理が効きません。

この為、不快な不定愁訴が生じる時には、身体の緊張から、背中、腹部、頭部、頚部に、凝りが多く現れます。
これは、筋肉が、無意識のうちに固く緊張し、自分でゆるめられなく(回復できなく)なった為です。
凝りの自覚が無くても、「身体がどうもスッキリしない」というような、不快な症状を感じます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-e9a0.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

筋肉の、奥の深い所にある、こり

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2016-11-09 12:37

コメント こりの中でも、筋肉の内部で、ウズク様な痛みや、シビレを感じる、こりがあります。
不快にさせる痛みとこわばりを伴いながら、筋肉の奥から、ジンジンしてきたり、ズキズキしたりして、重苦しい感じが続きます。
しかも、疲れ易くなって、少しでも疲労や緊張があると、その部分に、ひどいダルサを感じ、疲れきったような状態になります。

通常のこりならば、筋肉が疲労したり、緊張したりして、筋肉そのものが、凝り固まってできます。
この為、解消には、血行を改善し、筋肉の柔軟性を回復させます。

ところが、それとは別に、筋肉をつつむ膜(筋膜)がピッタリとくっつき、筋肉にきつく癒着して、こりになる事があります。
このタイプのこりができると、固まり状になるので、“しこり”ができたように感じます。
また、筋肉の周りを覆っている膜の弾力性が無くなるので、その部分が“こわばった”ように感じます。

更に、筋肉内部の異常から神経が刺激されるので、神経特有のジーンとした、うずく様な疼痛を発します。
これは、筋肉内への、血液やリンパ液などの出入りが阻害されるので、内部の酸素や栄養が不足し、老廃物が溜まる為です。
言ってみっれば、『筋肉が兵糧攻め』になった為に、神経から、異常な感覚が発せられる為です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-d5b5.html

【生活ガイド.comで提供しているサービス】

地域情報主要都市札幌仙台さいたま川崎横浜静岡浜松名古屋神戸広島北九州北海道・東北北海道(東部)北海道(西部)青森岩手宮城秋田山形 福島関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川北陸・甲信越新潟富山石川福井山梨長野東海岐阜静岡愛知三重関西滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄地域特集横浜市松戸市江戸川区川口市京都市川崎市船橋市さいたま市奈良市宮古島市神戸市高槻市武蔵野市つくばエクスプレス足立区越谷市相模原市八王子市
サービス一覧Q&A口コミ地域レコメンド検索