評価の多い施設

その他(暮らし・住まい) ファミリー治療院
その他(暮らし・住まい) 買取110番
080円 880円 740円 280円 平日ランチ(70分) ビュッフェ食べ放題・ ソフトドリンク飲み放題 1 フジテレビキッズカフェ ママトコ with 絆ファクトリー
映画館・劇場・ホール 箕面109シネマズ
和食 つるまる南本町店

評価の高い施設

その他(暮らし・住まい) 買取110番
その他(暮らし・住まい) ファミリー治療院
その他(ショッピング) iphone修理 通達商事
その他(学校・教育) Sax Artist -uzu- サックス|教室|楽譜 大阪[堺|岸和田|和泉]
その他(ビューティー) ケアサロン 🌱Natural

口コミの検索

ここでは、みんなが書き込んだ口コミ情報を検索することができます。

都道府県 市区町村
カテゴリ
詳細カテゴリ
フリーワード検索

口コミ一覧

口コミを新着順に表示しています。

施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

脚(足)が、むくむ (脚太りと、むくみ)

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-12-16 13:29

コメント 脚は、心臓から一番遠く、身体の下に位置しています。
この為、脚や腰の疲れが取れなかったり、座り続けて筋肉の働きが低下したり、脚に冷えがあったりすると、血液やリンパ液を、心臓に押し戻す力が弱まってしまいます。
これによって、細い毛細血管から、水分がにじみ出て溜まり、“むくみ”ができたり、“脚太り”になったりします。

“脚太り”や“むくみ”で、脚が張ってパンパンになったようですが、実際は、皮膚の張りが無くなります。
これは、皮膚の下に過剰な水分が溜って、膨(ふく)らんだ状態になるので、弾力を失って、たるんでしまうからです。
この為、靴下を脱いだ後の跡が、いつまでも残ったり、指で脚を押すと、凹みが消えにくくなったりします。

更に、脚の循環が悪くなるので、脚のダルサや疲れが強まって、かゆみ、鈍痛、脚がつる、などの症状も起きます。
脚の皮膚の下に、余分な老廃物が溜り、有害な働きをしてしまう為です。
腰にも影響が及び、腰の不快感や鈍痛などを、引き起こします。

また、この老廃物によって、“セルライト”ができる原因にもなります。
脚の皮下の脂肪の周りに、溜まった老廃物がくっついて、形を変えながら、次第に大きな脂肪の塊(セルライト)になる為です。
この塊ができると、更に血管やリンパ管を圧迫するので、血液やリンパ液の流れを、一層滞らせます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-ff44.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

男の 冷え(ストレス性の冷え)

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-12-13 15:38

コメント

最近、男性に、冷えで悩んでいる人が増えています。
調査によると、成人男性の約3人に1人が、手足に、冷えを感じています。
それにより、疲れ易い、体力が落ちた、疲れがとれないなどの、疲労感や、肩こり、腰痛、イライラ感、といった体調不良にも、悩まされています。

従来、男性も40~50代になると、男性ホルモンの分泌減少や老化現象などから、冷えが起きても、やむを得ないと思われていました。
若い頃と違って、筋肉が減って、体熱が作られにくくなる事や、代わりに、皮下脂肪が増えて、血流やリンパ液の流れが、悪くなる為です。
また、この年齢になると、習慣的な運動やトレーニングなどをする機会が少なくなるので、余計に、血行不良による冷えが、起き易くなると考えられていました。

ところが最近、精神的なストレスによる、冷えが多くなってきました。
日中のほとんどを、パソコンやスマホの操作している事が多くなってくると、自覚の無いままに、常に緊張した状態が続くようになり、自律神経の乱れが起き易くなる為です。
『ストレスで交感神経が高ぶる→血管が収縮する→血流が適正に行き届かなくなる…』という状態になり、冷えを誘発します。

特に、会社で、ものすごいストレスを抱えているにも拘わらず、自分を気遣う暇もなく、仕事優先でこなしている男性に、多くなっています。
職場や人間関係などで、さまざまなストレスを多く抱えても、心を強く持とうとして、精神的なストレスが高まる為です。
この為、若い男性にも、身体に不調を起こす人が増えています。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-08e5.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

腰痛の 前兆(だるい、重い、疲れる、張る、こわばる)

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-12-09 13:57

コメント ジッと座っていても、下半身に重ダルサが増したり、腰の奥から鈍痛を感じたりする事があります。
このような時に、身体を動かすと、腰に強いコワバリを感じたり、何かの拍子に、痛みを誘発させてしまいそうな、予感がしたりします。
このような気になる腰の違和感は、腰痛が起きる前の、前兆(まえぶれ)の可能性があります。

これは、腰が、骨盤の上に、背骨に続く骨があるだけで、周囲を“筋肉”で、シッカリと支える必要がある為です。
臓器が入っているので、ポッカリと空洞のような構造になっています。
この為、何層にもなっている分厚い筋肉で、“天然のコルセット”のように、内部を保護し、上半身を支えています。

ところが、疲労や緊張などで、腰の負担が増すと、“天然のコルセット”に、負荷が増します。
そして、許容できる範囲より、負荷が多くなってしまうと、柔軟性が失われて、“ツッパリ感”や“重ダルサ”を感じるようになります。
老廃物が溜まり過ぎて、必要な酸素や栄養が不足してくるので、筋力が弱って、“天然のコルセット”の維持が難しくなる為です。

この警告サイン中に、急激な動きをしたり、大きな負荷がかかったりすると、耐えきれなくなって、痙攣を引き起こします。
いわゆる“ギックリ腰”です。
“こむら返り”と同じ現象で、筋肉が強烈に縮むので、激痛と共に動けなくなり、更に横隔膜も縮んで、声が出せなくなます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-f78a.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

変形性膝関節症の、運動療法と筋肉の柔軟性

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-12-06 13:33

コメント 変形性膝関節症は、膝関節のクッションである軟骨のすり減りや、筋力の低下などによって、膝に炎症や変形が起き、痛みが生じる病気です。
治療に、手術が必要とされるのは、全体の1割ぐらいです。
多くは、手術によらないで、膝の使い過ぎに注意するとともに、ストレッチを行って、関節の柔軟性を回復させる、保存療法が中心になっています。

また、膝の痛み解消に、ヒアルロン酸を注射する事が、よく利用されています。
炎症を抑え、すり減った膝の軟骨表面を覆うので、この作用によって、炎症が和らぎ、膝の動きが滑らかになるので、膝の痛みが自然と無くなる効果があります。
しかも、注射なので、比較的簡単に、短時間に、行える特徴があります。

しかし、ヒアルロン酸には、軟骨を再生させたり、増やしたりする効果はありません。
しかも、時間の経過とともに、ヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうので、長く効果が持続しません。
この結果、膝の痛みがいったん治まっても、その後、2~4週間ごとに1回の割合で、注射を繰り返して受け続ける事になります。

更に、膝の、すでに負ったダメージが修復されるわけでは無いので、ヒアルロン酸注射を繰り返していると、悪いサイクルに陥ってしまう可能性があります。
例えば、膝の痛みを感じないで、動かせるようになりますが、これにより、膝の状態を、更に悪化させてしまいます。
そして、症状が進行すると、ヒアルロン酸注射では、痛みが解消できなくなってしまいます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-302e.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

猫背 の 矯正(マッサージ+他動運動)

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-12-02 16:07

コメント 鏡で、自分の姿を見て、思わず、背すじを伸ばしたくなる事があります。
猫背で、うつむき加減になって、視線が下になり、その上、背中が丸くなっているので、姿が小さくなって、見た目が悪く、活気が無いように、見えた時です。
長時間デスクワークをしていたり、スマホをいじったりしているうちに、知らず知らずのうちに、猫背になってしまった為です。

姿勢が悪いと、外見だけでなく、肩こり・腰痛・膝痛などにも、悩まされます。
上体を傾けた姿勢が続けると、体重が慢性的に片寄ってしまい、身体の負荷から、筋肉がコワバッテ、血行不良を起こす為です。
疲労が起き易くなるだけでなく、自律神経の働きにも支障が出て、「いつも、身体がだるい」とか、「頭が重い」、「胃腸の調子が悪い」、などが起きます。

しかも、猫背姿勢が身についてしまうと、姿勢を正しても、1分も、その姿勢が、もたないどころか、疲れてしまいます。
背中の筋肉が固まって、背骨の関節が動かないので、背すじを回復させようとしても、猫背の“防衛反応”が起きて、“抵抗”を受けてしまう為です。
この為、その場で、手っ取り早く、姿勢を正そうとすると、余計に、息苦しくなったり、辛く感じたりしてしまいます。

このような猫背の改善に、背中の筋肉トレーニングや、ストレッチが勧められています。
しかし、筋肉のバランスが崩れていると、“変に”力を入れてしまうので、一部の筋肉に負荷をかけてしまったり、あるいは、アンバランスな状態にさせてしまったりします。
しかも、背中側は、自分で見えなく、触りづらいので、状態を判断するのが、なかなか難しくなります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-5d42.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

足(脚)の疲労による、だるい、重い、こむら返り、疼く

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-11-29 16:33

コメント 脚が疲労してくると、血流が悪くなり、リンパの流れも滞るので、座っていても、脚が重たく、ダルク感じてきます。
更に、排泄されるはずの余分な水分や老廃物が溜まって、脚がパンパン状態になると、脚が、凝り固まるようになります。
この為、脚を触ると、内側がゴリゴリとしているように感じ、押すと、筋肉痛のような痛みが起きます。

このような状態になると、足先が十分に上がらなくなり、足を引きずったような歩き方になります。
これは、ふくらはぎやスネの筋肉が、硬くなってしまい、足首の動きがニブクなる為です。
この結果、歩いている時に、つまずき易くなったり、走った時に、地面を蹴った足先が、上がりにくくなったりします。

また、ふくらはぎに、張りや痛みを、感じるようになります。
これも、ふくらはぎの筋肉の柔軟性が無くなるので、チョットした動きでも、引き伸ばされた感じや、筋線維に微細な傷ができ易くなる為です。
この影響で、寝ている間に、神経が刺激されて、『こむら返り』が起き易くなります。

酷くなると、『脚が疼(うず)いて、眠れない』という事が、起きてきます。
これは、筋肉の緊張が解消できなくなっていたり、血行不良が起きていたりすると、脚の重ダルサから、無意識的に筋肉を動かして、筋肉の緊張や疲労物質を取り除こうとする為、と言われています。
しかも、横になってジッと寝ているので、余計に不快な感覚が強まって、脚を動かさずにはいられなくなります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-fbdf.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-11-25 14:32

コメント 立ち上がりや、階段を上り下りした時に、お尻から太ももにかけて、痛みを伴ったシビレや、不快な鈍痛に、悩まされる事があります。
普段でも、同じ場所に、ツッパリ感がしたり、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたりする場合には、『坐骨神経痛』の可能性があります。
この症状の場合、特徴として、腰にはハッキリとした痛みが無い事や、しばらく休むと症状がやわらぐ性質があります。

坐骨神経痛を起こす原因は、いろいろありますが、お尻の筋肉の緊張タイプが、90%以上と言われています。
痛みやシビレなどの神経症状を起こすのが、一般的です。
お尻の最深部にある「梨状筋」と呼ばれる筋肉が、硬くなって圧迫するので、『梨状筋症候群』とも呼ばれます。

例えば、長時間の車の運転をしていると、アクセルやブレーキの操作を繰り返すうちに、操作側のお尻が硬くなり、痛みを起こします。
また、休日のランニングやハイキングなどで、頑張り過ぎて、起こす事があります。
他にも、妊婦さんのように、お腹が大きくなると、腰から下に負荷がかかったり、筋力が弱まったりするので、この痛みが起きます。

始めは、チョットした違和感程度で、ギックリ腰のように、突然、激痛が走る事がありません。
この為、「そんなにひどい痛みでもない」とか、「歩けないような痛みではない」と感じます。
しかも、湿布薬を貼る程度でも、症状が軽くなったように感じるので、軽く考えがちです。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-2205.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

膝の裏側の、筋肉の痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-11-22 15:37

コメント 膝が痛む疾患として、変形性膝関節症が、良く知られています。
中高年以上に多い疾患で、すねの骨と太ももの骨の間の軟骨が、傷ついたり弾力性が失われたりして、発症します。
五十代以降の女性に多く見られ、運動時や夜間に痛んだりします。

しかし、膝の痛みは、膝の筋肉によっても、しばしば起きます。
これは、体重を支え、曲げる・伸ばす・ひねる・保持するなど、脚の動きをコントロールする負荷が、膝の筋肉にも、かかる為です。
筋肉の異常から起きるので、「朝の起床時の起き上がり」や、「しばらく座っていた後の立ち上がり」など、膝に“力が入った”時に、痛みが起きます。

中でも多いのが、膝裏の小さな筋肉で、『膝下筋(しっかきん)』と呼ばれる筋肉です。
よくあるのが、ウォーキングやランニングなどで、頑張り過ぎて、膝に強い負荷がかかってしまい、筋肉のコワバリから炎症が起き、痛みが起きるケースです。
一番多いのは、加齢によって、膝裏の筋力が低下して、日常的な動きでも、筋肉疲労を起こし、痛むケースです。

膝下筋がコワバルと、特徴として、膝が、完全に伸びづらくなります。
曲げる分には痛みはありませんが、膝を完全に伸ばすと、痛みが起きます。
また、膝下筋が、膝裏の小さな筋肉なので、痛みを感じる箇所を、“膝裏のスジ”とか、“膝裏のワキ”が、痛むように感じます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-8cba.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

四十肩・五十肩と、肩や背中の、だるさ、こり、痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-11-18 18:35

コメント 四十肩・五十肩の治療で、激しい痛みが続いていた『急性期』が過ぎ、鈍痛に変わる『慢性期』になると、リハビリ治療が勧められます。
角度によっては強い痛みが出るので、痛みの出ない範囲で、動かす運動が基本になります。
しかし、「言われたように動けない」とか、「リハビリをしても、変化が現れない」、あるいは、「ある程度動くけれども、頭打ち」となるケースが、かなりあります。

この原因として、『慢性期』になっても、「まだ痛くて動かす事ができない」とか、「鈍痛が、辛い」、「一日中ズキズキと、激しく痛む日がある」、などがある為です。
しかも、悩まされているのは、肩の痛みだけではありません。
肩の痛みに、無意識に防御しようとして、肩や背中の筋肉が、絶えず緊張するので、「重だるさ」、「コワバリ感」、「不快な倦怠感」などにも、かなり悩まされます。

更に、同じ原因で、「肩が常に重だるく、首や耳の後ろのほうまで重い感じがする」、「血圧が上昇ぎみ」、「手がむくむ感じ」、「物を握るのがつらい」、なども現れます。
また、腰にも、影響が及んでいます。
肩の痛みをかばう事や、背中の筋肉のコワバリから、動作時に、腰を、不自然に、背伸びしたり、かがんだりする為です。

四十肩・五十肩のリハビリ治療をしていると、リハビリ治療が、“自分の意思と力で、自分の身体を動かす治療”なので、痛みが治まらず、思うような効果がなかなか現れないと、焦りや苛立ちを覚えてしまいます。
更に、思うように動かせない肩関節の為に、「動かさなければ!」、「回復させなければ!」と、頭が一杯になってしまいます。
また、血行不良が起きるので、老廃物が溜って、ダルク重たい疲労感や、鈍い痛みが昼も夜も続き、それが自律神経に影響を与えて、身体の不調も起こします。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-4277.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

頭(脳)の過労や、気分の鬱(うつ)の回復

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-11-15 16:50

コメント 頭が疲れてくると、頭の中がモヤモヤしたり、考えがハッキリしなくなったりして、頭の働きが鈍くなります。
この大きな原因が、脳に酸素が不足してくる事です。
この為、脳を休ませる為に、『飽きる』『眠くなる』『疲れる』などの、3大サインが現れます。

これは、脳が正常に活動するには、大量の酸素が必要とする事が、影響しています。
脳の消費する酸素量は、一回の呼吸で摂取する酸素量の、約4分の1にもなります。
一日の脳に酸素を補給する血液量を、ドラム缶で換算すると、10本分(約2000リットル)に達します。

このように、脳が大量の酸素供給に依存しているので、もし、脳への酸素供給が途絶えてしまうと、脳の活動はすぐに停止してしまい、2~3分で細胞破壊が起きます。
そこまで至らなくても、脳の能力の限界を超えて、無理して働き続けると、休息をとっても疲労が回復しない病的状態になったり、最悪の場合には、過労死に繋がったりしてしまいます。
このような状態を防ぐ為に、脳が酸欠に陥りそうになると、真っ先に、消費を最小限に抑えようとして、頭がボーっとしてきたり、眠たくなったりします。

疲れから、脳の活動レベルが低下するのは、言ってみれば、脳からの警報です。
同時に、首や後頭部に、筋肉のツッパリ感や、凝りなどが現れ、疲労感や倦怠感といった不快な症状が現れます。
逆に、首や首の付け根が、疲れて痛みを感じると、やがて頭痛や吐き気を起こします。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-6a48.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

喉(のど)の、こり

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-11-11 13:57

コメント 「喉の奥が狭まった感じがする」、「喉元が詰まったような感じ」、「喉のコワバリで呼吸しづらい」などで、気になっている方がいます。
このような、不快感や違和感は、本人にしか分からない不快感ですが、原因として、“首の前側の筋肉の凝り”が、影響している事があります。
この為、人によっては、「喉が、締め付けられる感じがする」とか、「首スジを、喉の筋肉で支えている感じがする」と、感じる人もいます。

通常、凝りと言うと、首や肩の、背中側の筋肉の凝りが、よく知られています。
ところが、首や肩に、疲労や緊張が増すと、背中側だけでなく、喉の横や前側の筋肉にも、波及してきます。
この結果、喉付近の筋肉の柔軟性が無くなるので、喉元に、“閉塞感”や“コワバリ”を感じます。

中でも、喉近くに伸びている筋肉で、『胸鎖乳突筋』と呼ばれる筋肉が、凝ってくると、この状態になります。
この筋肉は、首の横(耳の下)から、喉の近くを横切って、鎖骨の内側に伸びている筋肉で、顔を横に向けた時に、首の横に現れる筋肉です。
主に、頭を前や横に倒したり、左や右に廻したりする筋肉ですが、大きく息を吸ったり吐いたりする時にも、使われます。

この筋肉がオーバーワークの状態になると、喉付近にある筋肉なので、喉元がツッパッタように感じられます。
頭を支えている筋肉が疲れてくると、筋力を補う為に、本来の働きではありませんが、頭を“あごで支える”ように、胸鎖乳突筋が動員される為です。
典型例が、デスクワークで、頭を前に突き出している場合です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-0df2.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

足の裏の痛み(足底腱膜炎)

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-11-08 15:03

コメント 足の土踏まずや、踵(かかと)に起きる痛みの中で、ポピュラーな疾患として、足底腱膜炎(または足底筋膜炎)があります。
歩き始めの一歩目を踏み出した時に、足裏に「ズキン!」と痛みが起きるのが、大きな特徴です。
しかし、腫れや、赤みといった、見た目でわかる症状はありません。

足の裏は、土踏まずのアーチ(凹み)がクッションとなって、体重を支えたり、衝撃を吸収したりしています。
この土踏まずの中で、踵から指の付け根方向のアーチ(凹み)を形成し、支えている腱を、足底腱膜と言います。
ところが、この腱に、強い負荷がかかり過ぎて、ギュッと過度に引っ張られると、微細な断裂が生じ、炎症が発生します。

炎症の程度が大きいと、足の裏や指の付け根が、ジンジンと痛かったり、足の裏に熱を持っているように感じたりして、不快で異常な感覚がします。
酷くなると、朝起きて、立ち上がろうとした時に、突然「ズキン!」と、土踏まずあたりに、痛みを感じるようになります。
これは、寝ている間、修復しかけていた断裂が、立った時に、大きな負荷がかかって、再断裂した為です。

しかし、痛みは、歩いているうちに、徐々に落ち着いてきます。
修復が繰り返され、足底腱膜の全体が伸びるので、断裂が減少する為です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-95cf.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

寒さと、関節の痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-11-04 16:18

コメント 気候が寒くなってきたり、部屋の冷房が強かったりすると、「膝や腰の関節が痛んで、動くのが辛くなる」、という方が多くいます。
動作時に痛みを感じるだけでなく、膝や腰にダルサや鈍痛が続いたり、関節がギクシャクした感じになって、思うように動かなかったりします。
このように、身体が冷えると、関節に、違和感や痛みの出る症状を、『寒冷痛(かんれいつう)』と言います。

寒冷痛は、寒さだけでなく、低気圧が近づいてきても、痛みが、起きてくる事があります。
特に、梅雨の時期で、気圧が低下し、空気が湿ってくると、良くないようです。
これは、神経が、“筋肉をクッション”として、血管沿いに走行しているので、筋肉の状態が変化して、神経が影響を受け、痛みを発する為です。

主な原因として、運動不足や、加齢や病気などで、普段でも、関節部分の筋肉が、弱ったり、衰えたりして、“血液の流れが悪くなっている”事が、大きく影響しています。
寒くなると、体温が奪われないように、身体の外側の血管が縮むので、余計に、筋肉内の血流量が、不足するようになります。
このような時に、身体を動かすと、血液から取り込む酸素が不足し、関節部分の筋肉の、瞬発力や持久力が働かず、痛みが起きます。

更に、寒さによって、痛覚や触覚などの感覚が、敏感になっている事も、影響しています。
寒さで、筋肉が緊張するので、痛覚や触覚などの神経が圧迫されて、ジンジンする感じや、シビレ感などが起きるように、神経が過敏になる為です。
関節部分にコワバリがあると、身体を動かした時に、敏感になっている神経も、強く刺激されて、思わず「アイタタッ!」と、痛みが大きくなります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-d6bc.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

脚のむくみ や 冷え と、ブーツ

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-11-01 15:20

コメント ブーツは、ファッション性と共に、脚の防寒対策として、最適なグッズとして、人気があります。
最近では、夏でも、クーラーの効き過ぎから、足首を温かく保つ対策として、サマーブーツを履いている人が、多くなっています。
これは、足首が、筋肉が薄く、脂肪も少ないので、冷たい外気に触れると、もろに冷気の影響を受けてしまう為です。

ところが、暖かそうだと思って、足首がスッポリと覆われるような、ブーツを履いていたのに、「足先がヒンヤリしてしまい、冷たい!」という事が、起きています。
これは、足首がギュッと固定されてしまうと、足裏やふくらはぎの筋肉の動きが、充分できなくなり、血行が悪くなる為です。
また、丈が長いので、通気性が悪く、足から出た水分が、外に出ずに、こもってしまい、それが冷えると、余計、足を冷やします。

また、脚の冷えだけでなく、「脚がむくむ」、という悩みもあります。
これも、脚の筋肉が、動かしづらくなると、ウォーキング効果が得られなくなり、血液を心臓に戻す力が、低下してしまう為です。
血液やリンパ液を押し流す力が弱まるので、脚の皮膚の下に、老廃物や水分が溜まってしまいます。

このように、「暖かいはず!」と思っていたブーツが、意外な落とし穴から、脚の冷えや、むくみを、起こします。
特に、固い素材で、足首を締め付けるような、タイトなブーツを吐いていると、このような事が、起き易くなります。
靴下を重ね履きして、膝上まであるロングブーツを履いて、寒い中を歩いていたら、途中で、足先が冷たくなって、感覚がジーンと鈍ってしまい、思わず、足の指先を動かしたり、足の指の感覚を確かめたくなったりして、ブーツを脱ぎたくなった、みたいな事も起きてきます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-d542.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

肩甲骨の、位置ズレの、こり

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-10-28 17:53

コメント 肩の凝りが酷くなってくると、背中が硬く張り、肩甲骨の内側に、耐えられないような凝りや痛みが、強まります。
特に、ジッとしていると、余計に、ズキズキとした鈍痛や、チクチクと刺すような痛みが、強まります。
しかも、背中のコワバリで、息が浅くなるので、胸苦しさも、感じるようになります。

このような状態になると、背中が盛り上がったように感じられ、内側で、腫れぼったく、熱っぽく、ダルク、感じてきます。
凝りで、血液やリンパ液の流れが、妨げられて、“むくみ”が、できた為です。
“むくみ”の内部は、老廃物が溜まり、酸素不足になっているので、不快感や疲労感が強まって、身体がリラックスできなくなります。

背中の凝りを強めているのが、肩甲骨の位置ズレです。
本来、肩甲骨は、肋骨の上に、乗っかったような構造になっているので、上下左右、かなり広い範囲で、動きます。
ところが、背中の筋肉の凝りで、肩甲骨が、引っ張られてしまい、張りついたようになると、動きがとれなくなり、位置がズレタままになります。

この状態が長引くと、骨がこすれるような、ゴリゴリと音が出る事があります。
これは、肩甲骨の下にある筋肉が、凝りで固まるうちに、接触している、肋骨や肩甲骨の形状に合わせて、デコボコ状になる為です。
“洗濯板”のようになるので、肩を大きく動かすと、デコボコ状の筋肉が、肋骨と擦り合い、ゴリゴリ音が出ます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-918d.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

立ち仕事と、腰痛対策

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-10-25 14:59

コメント 立ち仕事が続いて、「脚がパンパンになってしまい、家に帰ると、もう、脚を投げ出したい!」という方が、多くいらっしゃいます。
膝がガクガクした感じや、曲げづらくなったりして、上から押すと、コワバッタ痛みを感じたり、します。
脚の不快感が気になると、寝ようとしても、寝付けなくなったり、翌朝になっても、腰から下のダルサが、解消されなくなったりします。

更に、脚の血行の悪化から、むくみが慢性化し、“脚太り”が起きなり易くなります。
同じ原因から、“静脈瘤”ができて、皮膚の表面に、青紫色の毛細血管が、浮き出てくる事があります。
他にも、アキレス腱に負荷がかかり続けると、“足底腱膜炎”を起こし、歩くと、足の裏が痛み出す事もあります。

このような状態になると、腰の痛みにも、悩まされるようになります。
立ち仕事が続くので、腰の疲労や緊張による痛みが、解消しないうちに、再び負荷がかかる為です。
チョット、立ったり座ったりする時にも、ズキズキとした痛みを、感じるようになります。

また、腰に、疲労が溜まってくると、何もしていなくても、腰の筋肉や、骨盤が凝り固まったような、「イヤーな感じ」や、「腰の凝った感じが、背中にまで響く感じ」がします。
脚や腰の筋肉が硬くなると、中の骨盤や、その上の背骨を、アンバランスに、強く引っ張り続けてしまう為です。
この結果、周囲の筋肉や神経にも影響して、「慢性的に痛みが残っている感じ」や、「不快感や微妙な痛み(凝った感じ)が、全体的にする」と、感じます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-43e9.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

妊婦さんの妊娠中の、お尻の痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-10-21 12:16

コメント 妊娠して5ヶ月目ぐらいから、お尻の奥に痛みを感じ始め、次第に強まるだけでなく、「ピリッと刺されるような」痛みが起きる、妊婦さんがいます。
例えば、立ち上がりにお尻がピリピリと痛み出したり、ソファに座っていても尾底骨に疼くような痛みを感じたり、また、寝起きに身体を起こす時にお尻の奥が痛み出したり、などです。
毎日の買い物や家事などをしていると、不意に起きるので、不安になります。

最初の頃は、下半身が、何となくむくんだような、ボテッとした感じや、腰が重ダルイ程度です。
ところが、いつの間にか、お尻に痛みを感じるようになります。
ひどくなると、お尻や太ももに、痛みを伴ったシビレを感じるようになります。

このような状態になると、以前、ギックリ腰の経験のある妊婦さんは、要注意です。
お尻の疲労や緊張が、腰に及んでいるだけでなく、神経が、チョットした事でも、敏感に反応してしまう為です。
「何となく、腰に違和感!」、と思っているうちに、ギックリ腰を起こしてしまいます。

本来ならば、お尻の筋肉は、「縁の下の力持ち」として、“忍耐強い”特徴があります。
しかし、妊娠して、お腹が大きくなるにつれて、次第に体重が増すので、今迄無かったような大きな負荷が、お尻の筋肉にかかります。
また、お腹を前に出すような、反った姿勢が多くなるので、上半身の重みが、お尻の筋肉に乗っかり、体型的にも、お尻に負荷がかかるようになります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-201f.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

背中の疲れによる、むくみ と 痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-10-18 14:59

コメント 身体が疲れてくると、背中全体の筋肉が、とても重く、ダルク感じる事があります。
酷くなると、筋肉痛を起こしたように、ズキズキとした鈍い痛みや、チクチクした疼く感じが、してきます。
不快な痛みを我慢していると、精神的に緊張や苦痛が高まって、思考力や集中力を低下させたり、気分を滅入らせたりして、意欲の減退や、イライラなどを、起こします。

この、背中に不快な痛みを起こす原因として、意外と気付かれてないのが、背中の“むくみ”です。
背中の筋肉が、疲労や緊張が続くので、血行やリンパ液の流れが溜まって“むくみ”が生じ、神経を刺激する為です。
だるい、重苦しい、疲れを感じる、ジッとしていても疼く、強い凝り感など、特有の不快感が現れます。

そのうちに、背中に、ズキズキとした痛みが、起きてきます。
“むくみ”の中で、溜まっている老廃物が、酸素不足で過敏になった知覚神経を、“刺激する為です。
しかも、痛みによって、筋肉の収縮が強まるので、神経を圧迫刺激し続けます。

背中の不快な痛みを我慢していると、肩凝りが酷くなったり、背中全体に重ダルサが拡がったりします。
背中の筋肉の働きが弱って、頭の重さの負荷が、重く感じられてくると、疲労感や緊張感が、以前より増す為です。
背中全体が、甲羅のように感じられるようになり、息をするだけでも、背中の筋肉が張っているのが、分かるようになります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-a04a.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

浅い(息苦しい)呼吸、深い呼吸

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-10-14 17:42

コメント 最近、チョッと急ぎ足で歩いたり、駅の階段を昇ったりすると、息切れを感じたりしませんか?
あるいは、カラオケに誘われて、歌ってみたら、息が続かなかったり、息を吸い込んでいるうちに、遅れてしまったり・・・。
もしかすると、浅い呼吸になっているのかもしれません。

浅い呼吸と言うのは、一回の呼吸量が、少ない状態です。
外気を吸っても、吸う力が弱いので、すぐに吐いてしまい、少ししか、肺に外気が届かなくなって、酸素を取り込みにくくなります。
また、吐く息も弱いので、炭酸ガスを多く含んだ息を、再び肺に戻してしまいます。

呼吸が浅くなる、大きな原因として、ストレスや、悩みなどの、精神的な緊張です。
例えば、仕事に追われていたり、イライラして気持が休まらなかったりすると、緊張させる神経が強く働き、呼吸が浅くなります。
また、悩みを抱えている場合も、最悪のケースやマイナスのイメージを想像するので、やはり呼吸が浅くなります。

そんな時に、ため息が出ます。
浅くなった呼吸を改善して、脳に新鮮な酸素が届け、脳を活性化させて、リラックスできるように、リセットさせようとします。
しかし、自然に「フ~ッ」と、数回ため息をするだけでは、全身に、新鮮な酸素が行き渡りません。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-cfd4.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

リンパの、循環改善

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-10-11 13:59

コメント リンパ液の流れを改善し、健康な身体づくりを目的とした、リンパマッサージの案内を、よく見かけます。
むくみや冷え性を解消し、セルライトの除去、更に、美肌やダイエット効果など、多岐にわたる健康や美容への効果を、目的にしています。
更に、新陳代謝(細胞の生まれ変わり)も良くなるので、太りにくい体質になると、言われています。

ちなみに、「リンパドレナージュ」も、内容は、リンパマッサージと変わりません。
フランス語で言ったもので、日本語に訳すと、「リンパ排出法」です。
リンパマッサージと同じように、リンパ液の循環と老廃物の排泄を促し、全身の機能のバランスを整え、免疫力、自己治癒力を高める事を目的としています。

このように、名称は違っても、どちらも、リンパ液の流れを促進させて、“身体の中に溜まったゴミを外へ出す”事を、目的にしています。
この理由として、リンパ液の流れが、自分の力で流れる力が、非常に弱いことがあります。
血流と異なって、リンパ液の流れは、心臓のようなポンプの力を持たないので、筋肉の動きや、内臓の動きなどを利用して、極めて受動的な流れになっています。

この為、運動不足や、ストレス、生活の習慣、などがあると、リンパ液の流れが、滞り易くなります。
しかし実際に、リンパ液の滞留が原因で、むくみが起きるケースは、全体のごく一部だけです。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-2081.html

【生活ガイド.comで提供しているサービス】

地域情報主要都市札幌仙台さいたま川崎横浜静岡浜松名古屋神戸広島北九州北海道・東北北海道(東部)北海道(西部)青森岩手宮城秋田山形 福島関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川北陸・甲信越新潟富山石川福井山梨長野東海岐阜静岡愛知三重関西滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄地域特集横浜市松戸市江戸川区川口市京都市川崎市船橋市さいたま市奈良市宮古島市神戸市高槻市武蔵野市つくばエクスプレス足立区越谷市相模原市八王子市
サービス一覧Q&A口コミ地域レコメンド検索