評価の多い施設

その他(暮らし・住まい) ファミリー治療院
その他(暮らし・住まい) 買取110番
080円 880円 740円 280円 平日ランチ(70分) ビュッフェ食べ放題・ ソフトドリンク飲み放題 1 フジテレビキッズカフェ ママトコ with 絆ファクトリー
映画館・劇場・ホール 箕面109シネマズ
和食 つるまる南本町店

評価の高い施設

その他(暮らし・住まい) 買取110番
その他(暮らし・住まい) ファミリー治療院
地域物産店 有限会社西島木工所
リラクゼーション アロマリラックス
その他(ビューティー) エステティックH&B大和店

口コミの検索

ここでは、みんなが書き込んだ口コミ情報を検索することができます。

都道府県 市区町村
カテゴリ
詳細カテゴリ
フリーワード検索

口コミ一覧

口コミを新着順に表示しています。

施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

片頭痛(偏頭痛)の予兆と、つらい肩こり

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-03-25 16:58

コメント “肩こり頭痛”と言うと、緊張型頭痛をイメージしますが、片頭痛にも、肩こりの症状が、かなりハッキリと出現します。
しかも、一般的な肩こりと違って、特徴的な現れ方になっています。
例えば、「頭痛の前に、急に肩こりが悪化する」、「首や肩が、グッと張ってくる感じがする」、「後頭部に、凝りが拡がってくる」、などです。

これは、片頭痛を起こす脳内の三叉神経が、首の“付け根”から出ている為です。
片頭痛は、過度に収縮していた血管が、血流が増加した時に、血管が急激に拡張しようとして、三叉神経を含む、周りの神経を圧迫刺激して起きます。
この時、首から後頭部かけての神経にも影響を及ぼし、肩こり症状を強く感じさせます。

しかも、神経が刺激されるので、一般的な、筋肉の疲労や緊張による肩こりと違って、神経性の痛みを強く感じます。
ズキズキ、キリキリなど、神経特有の、しびれるような痛みだけでなく、神経の興奮から、筋肉が盛り上がった感じにもなります。
このような状態になると、片頭痛が起きる前から、気分的に、イライラして怒りっぽくなる、気分がすぐれない、情緒が不安定になる、などが起きます。

病気を予防に、昔から『病は気から』という言葉があります。
症状が起きる前に、身体の不調や、気力の低下を、感じる事がある事を言っています。
片頭痛も、三叉神経とつながる首の神経の影響なので、頭痛が起きる前に、肩こりを強く感じる事が多くなっています。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-e104.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

疲労感の解消と、熟睡する為のコンディション作り

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-03-22 14:45

コメント 身体に疲労が溜まると、仕事をしていても、仕事に身が入らなく、遊びに出かけても、楽しめません。
「寝ても疲れが取れない」、「妙に身体がだるい」、あるいは「身体が重い」、といった状態に悩まされるようになります。
しかも、職場の上司や周囲との人間関係、過重労働や過大なノルマ、配置異動や職場不適応、また家庭での親子や家族の問題などがあると、ストレスが高まって、余計に疲れが辛くなります。

しかし、体調の管理は、自己管理が求められます。
特に、仕事をする上で、毎日しっかりと健康管理をする事は、仕事を効率的に行う重要なスキルになります。
この為、疲れをスッキリ落とすには、まずは、その原因を突き止める事が肝心です。

身体の疲労には、大きく2つに分けられます。
一つは、実際に身体が感じるのが、“疲労”です。
二つ目が、ダルサや倦怠感などを伴い、精神的に感じる“疲労感”です。

肉体的疲労は、筋肉を動かすエネルギーの不足と、疲労物質の蓄積によって起きます。
ところが、精神的な疲労感は、肉体的疲労が少なく、責任や役割があまり無くても、感じたり、増したりします。
例えば、気が進まなくて、「つまらない」と思っていたり、苦手意識があったりする場合などです。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-6976.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

中高年以降の、こむら返り(ふくらはぎの痙攣)対策

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-03-18 15:33

コメント 中高年以降になると、こむら返りで悩さている人が、増えています。
以前ならば、一過性で、自然に治っていたものが、チョットした事で起き易くなったり、痛みの程度が激しくなったり、翌日まで痛みや違和感が残るようになります。
このような状態になると、心配事や、動作に支障をきたすようになります。

ところが、こむら返りの多くが、病気との関連性があまり無いので、これといった治療法はありません。
脚を専門的に診ている医師がいても、外科的手術を必要とする、重篤な患者さんを専門に診ている医師が大半です。
この為、病院やクリニックに行っても、漢方薬の処方を受けるのが一般的で、症状によって、筋弛緩薬や湿布薬が処方される程度です。

しかし、中高年以降になると、こむら返りが起き易いのが実状です。
これは、筋力の低下と運動不足の為に、ふくらはぎの筋肉が柔軟性を失い、自覚は無くても、常に張った状態になる為です。
この結果、腰や脚の“神経のセンサー”に、異常が起き易くなります。

例えば、就寝中に、よく起きるこむら返りは、仰向け姿勢や、布団の重みが、引き金になっています。
仰向けで寝ていると、足先が少し伸ばされた状態になり、それに布団の重みが加わると、更にエスカレートしてしまい、ふくらはぎの筋肉に異常な収縮を起こさせる為です。
また、疲れが溜まっていたり、クーラーによって脚の温度が低下していたりすると、脚の血行が悪化するので、神経の異常反応を起こし易くなります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-38cc.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

お腹の冷えによる、下痢や便秘

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-03-15 12:36

コメント お腹が冷えた状態になると、胃や腸の働きが低下し、便を運ぶ働きが落ちたり(便秘)、腸が水分を吸収する機能が落ちたり(下痢)します。
これは、冷えによって、消化管内の感知能力に、低下や混乱が起き、内容物を正常に移動させる事ができなくなる為です。
また、消化管内に、不要な物やガスが溜まって、腸内の環境を整える善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌など)の活動が、弱まる為です。

更に、腹痛も起き易くなります。
「緊張状態が続いたり、乗り物に乗っていたりすると、お腹が痛くなる」、「食後すぐお腹が痛くなる」、「定期的に便秘や下痢を繰り返す」、などです。
これは、お腹が冷えるので、腸が熱を産み出す為に、“急性”の異常収縮を起こす為です。

お腹に冷えを起こす原因として、“運動量が少ない”“デスクワークなどで猫背姿勢が多い”“疲労やストレスなどの蓄積”などが多くなっています。
身体の血流が不活発となり、体内の体温が低くなってしまう為です。
また、仕事や家庭の重圧や心配事などに悩まされると、精神的なストレスが高まると、お腹が冷えて、トイレに駆け込んだり、お腹が痛くなったりします。

更に、身体のダルサが取れなくなったり、風邪気味になったりします。
消化管内に、不要な物やガスが溜まって、疲労物質などを分解する働きが低下するので、疲れがとれなくなる為です。
しかも、内臓の温度が低いので、免疫力が低下し、風邪を引き易く、病気にかかり易くなる為です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-40d8.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

高齢者のための、短時間マッサージ

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-03-11 15:35

コメント 現在、多くの市町村で、高齢者の方に、マッサージの施術助成券を交付しています。
高齢者の健康の保持と、福祉の増進を図る為に、施術費の一部を支給する制度です。
1回15~20分程度の短時間のマッサージでも、このような制度を利用して、時々受けると、健康管理に効果的です。

これは、『人は血管とともに老いる』と言われるように、身体の老化は、血液の循環障害によって、大きく影響を受ける為です。
例えば、血行が悪くなると、体温が少し下がっただけでも、首、肩、背中などの筋肉に、硬直が起き易くなります。
この結果、身体が疲れ易くなったり、神経が刺激されて不快さや痛みを感じ易くなったり、これらによって身体の歪みを誘発したりします。

また、体力が弱い高齢者にとって、血行が悪化すると、風邪を引き易くなり、炎症が起き易くなります。
加齢により、身体の機能が不活発になり、新陳代謝が遅くなっている上に、免疫力が低下するので、身体の抵抗力が弱くなる為です。

更に、脳の働きにも、影響があります。
昔から、頭がハッキリしていないと、『血の巡りが悪い』と言われるように、脳が機能する上で、脳の血管・血流が、良好な状態を保つ事が必要な為です。
身体の血液循環が低下すると、脳に巡っている血液量も減少して、頭痛や、頭が疲れ易い、集中力が無くなった、目が疲れ易い、などを引き起こします。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-4c18.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

仕事の効率化と、健康管理(オフィスマッサージ)

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-03-08 16:55

コメント 仕事を続けていると、身体が疲れてしまい、「首や肩が痛い」とか、「背中や腰が痛む」などが、よく起きます。
このような状態になると、身体だけでなく、頭も疲れた状態になって、仕事をこなすペースが遅くなったり、注意力が低下したりします。
更に、疲れが蓄積すると、集中力が続かなくなったり、気が滅入ったりして、仕事へのモチベーションが下がってきます。

しかも、疲れの蓄積は、仕事をしている周りの人にも、影響を与えます。
例えば、疲労が辛くなると、内にこもって“人と接するのを避ける”とか“無口になる”、あるいは反対に攻撃的になって“イライラする”とか“八つ当たりをする”などが起きてきます。
これは、疲れて弱ってくると、内にこもったり、怒りを向けたりして、本能的に自分を守ろうとする行動と言われています。

実際、最近の調査によると、サラリーマンの29%が「とても疲れている」と答えており、「やや疲れている」と答えた63%の人を合わせると、9割の人が疲労を感じています。
これは、コスト削減による人員縮小や、成果主義に基づく評価制度が導入されるようになった為です。
この結果、一人当たりの仕事量が増えただけでなく、職場のメンタルヘルスの悪化が起き易くなり、イライラやストレスなどの、心の不調が顕在化するようになりました。

このような心身の疲労は、ごろ寝や睡眠のような『消極的な休養』では、なかなか解消できません。
これは、デスクワークをしていると、特定の筋肉に負担がかかり続け、しかも、同じ空間で、長時間にわたるので、疲労が溜まり易く、取り除きにくくなる為です。
この為、全身の血行を促進させて、新しい酸素や栄養を体内に送り込み、不必要になった老廃物を積極的に排除させる、『積極的な休養』を取る事が必要になっています。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-6c7b.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

マッサージの 保険治療 と 自費治療

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-03-04 11:45

コメント マッサージの治療費には、「保険が効く」ものと、「保険が効かない」ものがあります。
保険が効くもの、つまり健康保険でまかなえるものを「保険治療」といい、保険者(健康保険組合など)、または国が、保険分を支払ってくれるので、少い負担で済みます。
反対に、「保険が効かない」ものは、「自費治療(自由診療)」と呼ばれ、治療費は患者の負担になります。

例えば、整骨院や接骨院は、“緊急の外傷性の負傷”の治療を行う医療機関なので、その範囲内で保険が適応されます。
「やむを得ない外傷」と認めた場合のみ、応急処置として、限定的に健康保険を使えるようになっています。
“緊急の外傷性の負傷”ではない、一般的な、肩こりや腰痛、筋肉疲労などの施術は、保険の対象になりません。

この為、整骨院や接骨院で行われている、保険扱いのマッサージも、“緊急の外傷性の負傷”の為のものです。
損傷した組織を、正常で機能的な状態に戻す為の、応急処置です。
“機械で低周波・干渉波などの電気治療をした後に、5分くらいの簡単なマッサージをして終わり”という、一種のルーティンワークのような治療になります。

保険が適用されるマッサージは、他にもあります。
この場合、病院で治療を行ったものの、症状が固定してしまった場合や、それ以上の治療が困難な場合に限られ、医師から同意書をもらう事が条件になります。
例えば、脳血管障害後遺症等に起因する筋麻痺や、骨折後遺症や廃用性関節拘縮など、傷病名に関わりませんが、医療上、症状を緩和する場合です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-55c6.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

脚(足)が、むくむ (脚太りと、むくみ)

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-03-01 14:32

コメント 脚は、心臓から一番遠く、身体の下に位置しています。
この為、脚や腰が疲れていたり、座り続けて筋肉の働きが低下したり、冷えがあったりすると、血液やリンパ液を、心臓に押し戻す力が弱まってしまいます。
循環が悪くなるので“脚太り”になるだけでなく、細い毛細血管から、水分がにじみ出て滞留して、“むくみ”ができる原因になります。

脚がむくむと、脚がパンパンになったようでも、実際は、皮膚の張りが無くなった状態になります。
これは、過剰な水分が溜り、皮膚や筋肉が伸びきって、弾力を失い、ゆるんでしまったからです。
この為、靴下を脱いだ後、いつまでもゴムの跡が残ったり、指で脚を押すと、凹みが消えにくくなったりします。

そして、見た目だけでなく、脚痩せの「天敵」になります。
これは、細胞への養分の取り入れや、老廃物の排出が上手くいかなくなるので、更にむくみが悪化して、慢性化してしまうからです。
酷くなると、むくみが解消できなくなり、朝から脚がむくんだ状態になります。

更に、脂肪の塊の“セルライト”が、できる可能性があります。
これは、脚の皮下の脂肪の周りに、溜まった老廃物がくっついて、形を変えながら、次第に大きな脂肪の塊(セルライト)になる為です。
この塊ができると、更に血管やリンパ管を圧迫して、血液やリンパ液の流れを一層滞らせるので、脂肪の塊を大きくさせます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-ff44.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

男の 冷え(ストレス性の冷え)

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-25 15:47

コメント 最近、精神的なストレスによる、男性の冷えが増えています。
調査によると、成人男性の約3人に1人が、手足の冷えを感じています。
しかも、身体の冷えと共に、疲れ易い、体力が落ちた、疲れがとれないなど、疲労感が増したり、睡眠不足や腰痛、肩こりといった体調不良に悩まされたりします。

従来、男性も40~50代になると、冷えが起きても、男性ホルモンの分泌減少や老化現象などから、やむを得ないと思われていました。
筋肉量が減るので、体熱が作られにくくなり、しかも、血液が流れづらい脂肪が増える為です。
また、この年齢になると、習慣的な運動やトレーニングなどをする機会が少なくなるので、尚更です。

ところが最近、血行不良による冷えが、多くなってきました。
これは、日中のほとんどを、パソコンの前で過ごす事で多くなり、運動不足と共に、過労やストレスなどで自律神経の乱れを起こし易くなった為です。
『ストレスで交感神経が高ぶる→血管が収縮する→血流が適正に行き届かなくなる…』という状態になり、冷えを誘発します。

この結果、若い男性の間にも、冷えで悩む男性が多くなってきました。
特に、職場や人間関係などで、さまざまなストレスを多く抱えるほど、心を強く持とうとする働きが強くなるので、冷えが起き易くなります。
この為、会社で、ものすごいストレスを抱えているにも拘わらず、自分を気遣う暇もなく、仕事優先でこなしている男性に多くなっています。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-08e5.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

腰痛の前兆 だるい、重い、疲れる、張る、こわばる

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-22 12:34

コメント 座っているうちに、徐々に下半身が重ダルクなったり、夕方近くになると、腰の奥から鈍痛を感じたりする事があります。
ハッキリとした痛みは無くても、腰がこわばって動きづらくなり、何かの拍子に、痛みを誘発させてしまいそうな感じになります。
これらは、腰痛を起こす前の、前兆(まえぶれ)の可能性があります。

これは、腰の部分が、背骨の延長の骨だけで、上側の肋骨と下側の骨盤との間で、ポッカリと空洞になっている事が、影響しています。
周りを骨でガッシリと固められていれば、それで支えられますが、骨で守られていないので、筋肉でシッカリと支える必要があります。
この為、“天然のコルセット”のような、何層にもなっている分厚い筋肉で、中を通る重要な神経や血管を、保護しています。

ところが、疲労や緊張で、腰の負担が増すと、“天然のコルセット”にも、負荷が強まります。
そして、許容できる範囲より、負荷が多くなってしまうと、必要な酸素や栄養が不足してきて、老廃物が溜まります。
この結果、何層にもなっている分厚い筋肉の柔軟性が失われてくると、特有の、ツッパリ感や重ダルサを感じるようになります。

この腰から警告サインを発している段階で、何らかの急激な動きや、大きな負荷がかると、腰の筋肉が耐えきれなくなって、筋肉の痙攣を起こします。
いわゆる、ギックリ腰です。
“こむら返り”と同じ状態なので、激痛と共に動けなくなったり、お腹の筋肉急激に縮んで声が出なくなったりします。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-f78a.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

変形性膝関節症の、運動療法と筋肉の柔軟性

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-18 12:08

コメント 中高年に多い病気で、とりわけ女性に多く、50歳以降になるにつれて、患者さんが多くなっています。
手術が必要とされるのは、全体の1割ぐらいで、多くは手術以外の保存療法が中心になっています。

保存療法の中でも、膝の痛みが強い時には、膝にヒアルロン酸を注射する事が、よく利用されています。
注射なので、比較的簡単に、短時間に、治療が行えます。
炎症を抑え、すり減った膝の軟骨表面を覆うので、この作用により、炎症が和らぎ、膝の動きを滑らかにして、膝の痛みも自然と無くなります。

しかし、ヒアルロン酸には、軟骨を再生させたり、増やしたりする効果はありません。
しかも、時間の経過とともに、ヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうので、長く効果が持続しません。
この結果、膝の痛みがいったん治まっても、その後、2~4週間ごとに1回の割合で、注射を繰り返して受け続ける事になります。

一度すり減ってしまった関節軟骨は、自然に、もとの完全な形に修復されません。
この為、痛みを抑制しながら、膝が完全に曲がりきらない状態や伸びきらない状態を改善して、膝の機能を高め、病気の進行を遅らせるリハビリ治療が必要になります。
膝への負担を避けながら、身体のバランス能力の改善や、関節周りの筋肉が鍛えます。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-302e.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

猫背 の 矯正(マッサージ+他動運動)

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-15 16:17

コメント 見た目の印象は、最初の数秒で決まると言われています。
特に、姿勢によって、印象が良いのと悪いのでは、ビジネスのチャンスも、出会いのチャンスも大きく異なってしまいます。
姿勢という文字も、「姿」と「勢い」と書くように、身体の構え方や構えを示しています。

例えば、背筋がピンと伸びていると、プロポーションや動作が魅力的に見え、しかも、自信があるように見えます。
また、姿勢がいいほど、腹の底から力強い声が出せるので、自信があるように話せて、人を納得させるパワーを持ちます。
この結果、周りの人に好印象を与えるだけでなく、社会的信用にまで影響を及ぼします。

反対に、猫背で、背中が丸まってしまうと、デメリットとして、まず見た目の悪さです。
うなだれているようで、活気が無いように見えます。
同じような年齢が集まっても、精彩が無く、格段に老けて見えてしまいます。

しかも、姿勢が悪いと、身体的にも、腰痛・膝痛・肩こりなどに悩まされます。
慢性的に身体が傾き、重心の片寄りが続くので、疲労が蓄積され、身体全体の変調につながってしまう為です。
また、顔や目線が下を向いたままの姿勢で、首を上げている状態が続くので、ストレートネックの原因にもなります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-5d42.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

足 ( 脚 )の 疲労回復

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-11 10:34

コメント 脚の疲労は、立ち仕事だけでなく、残業の続く長時間労働、パソコン業務などのように、同じ姿勢で長時間いる事が多いと、起き易くなります。
脚がパンパンになったり、おもりを引きずっているように重く感じたりします。
しかも、それだけでなく、気分的にも不快になるので、仕事や家事をしていると、疲労感が増します。

更に、脚が“むくむ”ようになると、余計に不快感が増します。
血流の悪化や、リンパの流れの滞りで、排泄されるはずの余分な水分や老廃物が、身体に停滞する為です。
筋肉や神経を、絶えずジクジクと刺激するので、疲労感だけでなく、不快感が増大し、身体の動きも鈍るようになります。

また、脚が“むくむ”ようになると、顔が腫れぼったく、瞼(まぶた)が重たく感じられる事があります。
リンパ管が、全身に張り巡らされているので、寝ているうちに、顔の皮下にも水分が溜まる為です。
朝、起きた時に、顔全体が、丸く感じられ、太ったように見えて、一日の始まりから、憂鬱な気分にさせられます。

更に悪化すると、『脚が“うずいて”眠れない』という事も起きてきます。
寝ていると、ジッとしているので、脚の重だるさが強まり、すると、脚が“うずく”とか、“むずかゆい”などの、違和感が起きてきます。
これは、筋肉の緊張が解消できなくなったり、血行不良が起きたりすると、無意識的に筋肉を動かして、筋肉の緊張や疲労物質を取り除こうとする為、と言われています。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-fbdf.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-08 12:23

コメント 立ち上がりや、階段を上り下りすると、お尻から太ももにかけて、痛みを伴ったシビレや、違和感が起きる事があります。
このような状態になると、普段から、お尻から太ももの裏にかけて、ツッパリ感がしたり、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたりします。
しかし、腰には、ハッキリとした痛みが出ません。

このような症状の場合、坐骨神経痛の可能性があります。
坐骨神経は、お尻から太ももの裏側、そして、ふくらはぎの後面に続く、かなり太くて、長い神経です。
下肢の要になっている神経で、歩いたり、転ばないようにバランスをとったりする以外にも、皮膚感覚も担当しています。

ところが、疲労や緊張などで、お尻の筋肉が硬くなると、この坐骨神経が圧迫されて、痛みやシビレなどの神経症状を起こします。
坐骨神経痛を起こす原因は、いろいろありますが、このような、お尻の筋肉の緊張タイプが、90%以上と言われています。
実際には、お尻の最深部にある筋肉で、「梨状筋」と呼ばれる筋肉が、硬くなって影響を及ぼすので、「梨状筋症候群」とも呼ばれています。

例えば、妊婦さんのように、お腹が大きくなると、姿勢を維持する為に、腰から下に負荷がかかったり、筋力が弱まったりすると、この痛みが起きます。
また、長時間の車の運転で、アクセルやブレーキの操作を繰り返しているうちに、操作側のお尻が痛くなる事もあります。
他にも、休日のランニングやハイキングなどで、お尻に疲労や緊張が高まって、痛んだりします。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-2205.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

膝の、裏側の痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-04 15:15

コメント 膝の裏側に、ズキズキするような鈍痛が続き、そのうえ、時には、ピリっと電気が走るような鋭い痛みを感じる事があります。
人によっては、鈍痛だけでなく、強いツッパリや、腫れも、感じる人もいます。
また、痛みを感じる場所も、膝裏と言うより、「膝裏のスジ」とか、「膝の横」に感じる人もいます。

膝が痛む疾患として、変形性膝関節症が、良く知られています。
中高年以上に多い疾患で、すねの骨と太ももの骨の間の軟骨が、傷ついたり弾力性が失われたりして、発症します。
なかでも、50代以降の女性に多く見られ、運動時や夜間にも痛んだりします。

しかし、膝の痛みは、骨の異常だけでなく、膝裏の筋肉によっても、しばしば起きます。
筋肉の異常から起きるので、膝に『力を入れる』時に、よく起きます。
例えば、朝の起床時の起き上がりや、しばらく座っていた後の立ち上がり、などです。

これは、体重を支え、曲げる・伸ばす・ひねる・保持するなど、日常の動作に必要な脚の動きをコントロールする負担が、膝の骨だけでなく、膝の筋肉にもかかる為です。
体重のかかる膝関節を支え、膝の曲げ伸ばしの動作を、“コントロール”しながら、スムーズに膝の曲げ伸ばしを行っています。
特に、膝の曲げ伸ばしで、大きな役割をしているのが、膝裏にある①斜めの小さな筋肉、膝裏に伸びている②太ももの筋肉と③ふくらはぎの筋肉、の3種類です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-8cba.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

四十肩・五十肩と、肩や背中の、だるさ、こり、痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-02-01 12:17

コメント 四十肩・五十肩の治療で、激しい痛みが続いていた『急性期』が過ぎ、鈍痛に変わる『慢性期』になると、リハビリ治療が勧められます。
角度によっては強い痛みが出るので、痛みの出ない範囲で、動かす運動が基本になります。
しかし、「言われたように動けない」とか、「リハビリをしても、変化が現れない」、あるいは、「ある程度動くけれども、頭打ち」、というケースが、多くなっています。

この原因として、『慢性期』になっても、「まだ痛くて動かす事ができない」とか、「鈍痛が、辛い」、「一日中ズキズキと、激しく痛む日がある」などで、悩まされている為です。
しかも、リハビリ治療は、自分の身体を、自分の“意思”と“力”で動かす、自動運動の治療なので、その程度や判断が難しい事があります。
この結果、「適当に動かしている」とか、「実際に、どのようにしていいか分からない」、という事が起きます。

しかも、リハビリ治療を困難にしているのは、肩の痛みだけではありません。
肩や背中の、「重だるさ」、「コワバリ感」、「不快な倦怠感」などにも、強く悩まされています。
肩を動かす事ができなくなっているので、肩と周辺の背中の“凝り症状”が、強まる為です。

これらが起きる原因として、背中の“肩甲骨の働き”について、あまり知られていない事があります。
肩甲骨は、肩関節が大きく動く為の補助や、肩関節の動きを支える土台の働きをしています。
この働きがあるので、腕を360度近く動かす、背中に手を回す、胸を張る・すくめる、重たい荷物を持ち上げる、物の押し出しや引き寄せ、などが可能になっています。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-4277.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

頭(脳)の過労や、気分の鬱(うつ)の回復

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-28 17:19

コメント 頭が疲れてくると、頭の反応が鈍くなって、頭の中がモヤモヤしたり、考えがハッキリしなくなったりします。
これは、脳の重さは、身体全体の5%にすぎませんが、使用される酸素量は、20%にもなる為です。
脳は、多くの酸素を必要とするので、身体の血行が悪くなると、真っ先にボーっとして、脳の働きが悪化します。

特に現代は、パソコンやスマホを、片時も手放せない状態になっているので、脳の疲労が増します。
調べ事や業務を、速く処理できるようになった半面、多くの情報を、頭の中で、短時間に判断し、さばく事が求められる為です。
しかも、目を酷使するので、眼に直結している脳が必要以上に酷使され、脳の疲労を起こし易くなります。

また現在、仕事面で、競合や合理化に合わせて、新たなストレスや悩みが増えて、脳の疲労が増すようになりました。
成果主義の導入、人件費の抑制、グローバル化、業務スピードの加速化などが求められ、仕事の過密化と管理が進み、個人の力では業務コントロールができなくなった為です。
しかも、以前のように、職場でコミュニケーションを密にとって、人の事を思いやったり、助けたり、教えたりする、などの“ゆとり”が少なくなった事も、緊張と疲労を強めています。

しかも、このような状態が続くと、気分的に鬱状態になる“プチうつ症状”と言われる状態が、起き易くなります。
気分の落ち込みが多くなるだけでなく、他人の言葉に過剰反応してしまい、軽く指摘されただけでも、ひどく気分が落ち込んだりします。
この結果、精神状態が、鬱っぽくなったり、イライラしたり、怒りっぽくなったりなど、繰り返して引き起こします。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-6a48.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

喉(のど)の、こり

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-25 14:37

コメント 首が、締め付けられる感じがする」とか、「喉が締まって、戻らない」、などが気になっている方がいます。
人によっては、「喉が詰まったような感じがする」、「声が出にくい」、「深呼吸しづらい」、と感じる人もいます。
これらの原因として、首や肩の凝りが大きく関係しています。

これは、喉近くの筋肉に、凝りが波及すると、喉近くの筋肉の柔軟性が無くなるので、閉塞感やコワバリを感じる為です。
首や肩に、疲労や緊張が増してくると、首や肩の筋肉が収縮したまま、伸び縮みしづらくなります。
更に、血液やリンパ液の循環が悪くなると、喉付近に、凝りによる違和感が起き、「息苦しい」とか、「声が出にくい」など、感じるようになります。

中でも、喉近くに伸びている筋肉で、“胸鎖乳突筋”と呼ばれる筋肉が、大きな影響を及ぼします。
この筋肉は、首の横(耳の下)から、喉の近くを横切っている筋肉で、顔を横に向けた時に、首の横に現れる筋肉です。
主に、頭を前や横に倒したり、左や右に廻したりする筋肉ですが、大きく息を吸ったり吐いたりする時にも、使われます。

この筋肉がオーバーワークの状態になると、喉付近を通っているので、喉元がツッパッタように感じます。
多くの場合、頭を支える首や肩の筋肉が疲れてくると、筋力を補う為に、本来の役割でなくても、胸鎖乳突筋も動員される為です。
典型例が、デスクワークのように、頭を前に突き出すような姿勢です。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-0df2.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

足の裏の痛み(足底腱膜炎)

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-21 12:19

コメント 足の土踏まずや、踵(かかと)に起きる痛みの中で、ポピュラーな疾患として、足底腱膜炎(または足底筋膜炎)があります。
歩き始めた時に、足裏に「ズキン!」と痛みが起きるのが、大きな特徴です。
しかし、腫れや、赤みといった、見た目でわかる症状はありません。

足の裏は、土踏まずのアーチ(凹み)がクッションとなって、体重を支えたり、衝撃を吸収したりしています。
この踵から指の付け根までの縦のアーチ部分を、形成し、支えている腱を、足底腱膜と言います。
ところが、この足底腱膜が、強く引っ張られたり、伸び切ったりしてしまい、負荷に耐えられなくなると、微細な断裂が起きて痛み出します。

最初の頃は、朝起きて立ち上がった時に、土踏まずあたりが、「ズキン!」と突然痛みます。
しかし、歩いているうちに、痛みは徐々に落ち着いてきます。
これは、断裂と修復を繰り返し、足底腱膜が伸びきってしまうと、断裂が減少するので、痛みが自然と無くなる為です。

しかし、この負荷が長引くと、今度は“踵”にも、痛みや圧痛を感じるようになります。
これは、足底腱膜が踵の骨に付着しているので、踵の表面の骨が強く引っ張られて、とげ(骨棘)のような突起ができる為です。
踵は体重のかかる骨なので、歩いたり立ったりすると、激痛が走り、痛みが完全に取れなくなります。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-95cf.html
施設名 ファミリー治療院
施設分類 その他(暮らし・住まい)
評価 5
タグ

寒さと、関節の痛み

投稿者

Dr,ナイスミドル さん

投稿日

2017-01-18 12:22

コメント 気候が寒くなってきたり、部屋の冷房が強かったりすると、関節が痛み、悩む方がいます。
動作時に痛みを感じるだけでなく、膝や腰にダルサや鈍痛が続いたり、関節が思うように動かなかったりするので、立ち上がった時に、思わず「アイタタ!」となります。
このように、身体が冷えると、痛みを感じる症状を、「寒冷痛(かんれいつう)」と呼びます。

寒冷痛になる大きな原因として、寒さを感じると、体温を保つ為に、筋肉への血流量を減少させ、体熱を逃がさないようにする仕組みが、影響しています。
これは、血流量が減少するので、血液から取り込む酸素量が減少するので、筋肉の瞬発力や持久力が低下し、動きづらくなり、神経を刺激する為です。
この為、寒い朝に起きようとした時や、冷房が効いていた部屋で、長時間座っていた後に立ち上がろうとすると、膝や腰などが痛み出すようになります。

また、痛覚や触覚などの感覚が、寒さによって敏感になる事も、痛みの感覚を拡げます。
寒くなると、筋肉が緊張して収縮するので、痛覚や触覚などの神経が圧迫されて、ジンジンする感じやシビレ感など、痛みを感じる神経が活発になる為です。
この結果、身体を動かすと、敏感になっている神経を圧迫刺激して、痛みを大きくします。

しかも、痛みが出る関節は、特徴があります。
それは、関節の可動域が大きいにも関わらず、その割に、動かす事が少なくなっている事です。
典型例が肩凝りによる痛みで、血行が悪くなっている肩関節は、冷えると、凝りが強まり、痛み出します。

(詳細は、当院のホームページを検索して、お読み下さい。)

http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-d6bc.html

【生活ガイド.comで提供しているサービス】

地域情報主要都市札幌仙台さいたま川崎横浜静岡浜松名古屋神戸広島北九州北海道・東北北海道(東部)北海道(西部)青森岩手宮城秋田山形 福島関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川北陸・甲信越新潟富山石川福井山梨長野東海岐阜静岡愛知三重関西滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄地域特集横浜市松戸市江戸川区川口市京都市川崎市船橋市さいたま市奈良市宮古島市神戸市高槻市武蔵野市つくばエクスプレス足立区越谷市相模原市八王子市
サービス一覧Q&A口コミ地域レコメンド検索