注目の街 特集 足立区

※このページの情報は、記事が書かれた時点のものになります。

足立区のプロフィール

下町情緒溢れる生活都市~足立区~

イメージ

東京都23区の最北端に位置する足立区。四方を河川で囲まれ、千住地域を中心にやや扇状の形をしているのが特徴です。
比較的地価も安く、下町情緒溢れる街ですが、最近では再開発によりショッピング施設のオープンやビルの建設が進んでいます。
また、子育て、教育支援については、積極的に改善、取り組みがなされており、より住みやすく親しみやすい街へと変化している注目のエリアです。


足立区MAP

JR常磐線、東京メトロ日比谷線・千代田線、つくばエクスプレス、そして足立区のほぼ真ん中を南北に走る東武伊勢崎線の5本の電車が走っており、主要スポットはもちろん、都内のどこへ行くにも比較的近く、アクセスが良いです。
また、新たに「日暮里・舎人ライナー」の運行も予定されています。

<日暮里・舎人ライナー 平成20年3月に開業予定>

イメージ足立区民の間で、長いこと待たれていた「日暮里・舎人ライナー」の運行が遂にスタート!
荒川区の日暮里駅〜足立区の見沼代親水公園を結ぶこの電車が出来ることで、今まで交通の便が悪かった足立区北西部のアクセスがグンと便利になることが期待できます。

<コミュニティバス はるかぜ>

既存の交通網の利用が困難なエリアが便利に快適になるよう、2000年から運行が開始された足立区のコミュニティバス「はるかぜ」。現在、区内で10路線が運行されています。お買物やお出かけ時に、上手に活用したいですね。
路線や時刻表はこちら

足立区のデータ

人口・世帯数

人口・世帯数

公共料金・施設

全国と比べてみると、保育所数は、公立で10位、私立で12位をはじめ、ほとんどの施設が100位以内と比較的多く、充実している街です。

保育所 87所 乳幼児医療費助成(通院) 小学校就学前まで
幼稚園 58園 乳幼児医療費助成(入院) 中学3年生まで
小学校 72校 公園・児童遊園数 316箇所
中学校 39校 百貨店 12店
病院 43所 ガス料金※ 3,596円
診療所 405所 水道料金※ 2,688円
図書館 16館 下水道料金※ 1,974円

※ガス料金(22m3使用した場合の月額)※水道料金(口径20mmで20m3の月額)
※下水道料金(20m3を使用した場合の月額)

<平成19年10月1日〜 医療費助成制度を拡大>

イメージ現在の医療費助成は、通院で小学校就学前の乳幼児、入院で中学3年生までが対象となっていますが、今年10月からは、通院の医療費助成が拡大されます。なにかとケガや病気の多いお子さんの医療費助成の拡大は、経済的にも非常に助かるサービスですよね。


<育て支援パスポート事業>

平成19年7月1日からはじまった「子育て支援パスポート」。
中学生以下の子どもがいる世帯、および妊娠中の方がいる世帯が対象となっています。
区が発行しているパスポートを、協賛店舗で提示すれば、お買い物が5%割引になります。
子どもがいる家庭なら、ぜひ利用したいサービスですね。
パスポートの入手方法や協賛店舗はこちらをご覧ください。

足立区の魅力

自然がいっぱい!足立区の意外なスポット

最近では大型ショッピングモールや再開発によって注目されている足立区ですが、 自然や芸術を楽しめる意外なスポットがあることを知っていますか。身近に楽しめる施設をピックアップしました。

  1. 桑袋ビオトープ公園

イメージ

人の手によって生き物を持ち込むのではなく、草木や水の環境を整えることで、昔、足立に生息していた生き物たちが自然に集まり暮らせることが出来るようにと、つくられた公園です。 園内には綾瀬川や身近な生き物について、楽しく学べる「あやせ川清流館」も併設。 いつの日か、いろいろな生き物がここに戻ってくると良いですね。
  1. 足立区生物園

イメージ

昆虫、魚、爬虫類など、ここでは普段観ることができない生き物を、観察したり、直接触れ合うことが出来ます。 子ども向けには、トナカイや珍しい小動物の展示など、年間を通して、その季節ならではの特別イベントも数多く開催されており、生き物の暮らしや生態系をより身近に感じることができます。 入園料/大人300円/子ども150円
  1. シアター1010
イメージ

北千住駅前に出来た総合的な文化芸術活動の場。 客席と舞台が互いに間近に感じ、一体感を味わえる劇場、全面約700平方メートルのオープンスペースギャラリー、ピアノ、コーラス、バンドの利用も可能な稽古場・アトリエ、会議などに使える講義室があります。 お芝居や展示会を気軽に楽しむことが出来ますね。

足立区の口コミ

足立区のちょっとお得な口コミを探してみよう!

■安心堂
中でも江戸どらというのが皮が柔らかくて、餡も丹念に作ってあるので本当に上品で美味しい。
口コミを見る

情報提供:足立区 広報担当室
データ出典:生活ガイド.com 行政・地域データ

生活文化を支える地場産業。
様々な物作りに取組んでいます 。

工業(主なもの)

●皮革製品(くつ、かばん など)
●一般機械器具(検査機器,製造用機器など)
●繊維製品(衣類 など)
●プラスチック製品(事務用品、 玩具 など)

農業(主なもの)

●花き園芸(キク、チューリップ など)
●つまもの園芸(あさつき、むらめ、あゆたで、めかぶ など)
●野菜栽培(コマツナ、ホウレンソウ、ネギ、ダイコン、キャベツ など)

★★★★イベント情報!★★★★

イメージ

10/13(土)・14(日)に開催される、
「あだち区民まつり」では上記内容を含む、
地場産業の展示・即売会を行います。
コチラでお買い求め頂けます!

http://adachikanko.jp/afes/

★★★★イベント情報!★★★★

祭り・イベント

  • 9月中旬
  • 鹿浜獅子舞
    寛永18年(1641年)に伝えられた獅子舞。 毎年、2つの氷川神社・天祖神社・北野神社の4つの神社の持ち回りで開催されます。
  • 9月中旬
  • 島根ばやし
    島根鷲神社「しまねわしじんじゃ」で開催。神田ばやしの流れをくむ古風なおはやし。
  • 10月中旬
  • 北足立市場まつり
    区内に流通する野菜や花きの即売会、お楽しみ縁日など、子供から大人まで、多くの人で賑う。食育についても学べます。
  • 10月上旬
  • 千住エキゾチックフェア
    個性豊かなパフォーマーが一同に集まる、大道芸フェスティバル。 ジャグリングやマジック、大神楽など様々なパフォーマンスが楽します。
  • 10月中旬
  • あだち区民まつり
    荒川河川敷虹の広場、シアター1010ギャラリーでスタンプラリーやリバーサイドバザーほか、様々なイベントが開催される。