行政サービス比較検索

2つの市区の行政サービスを、カテゴリごとに比較できます。市区を選択して「比較する」ボタンを押してください。

▼

東京都町田市

版画美術館 版画美術館

※会員の投票によりチャートを作成

神奈川県相模原市

麻溝公園・芝生広場 麻溝公園・芝生広場
項目 東京都町田市 神奈川県相模原市

土地

土地平均価格(住宅地)
148,247円/m286 / 814 位 135,290円/m294 / 814 位
土地平均価格(商業地)
533,818円/m242 / 808 位 218,440円/m2109 / 808 位

住宅取得支援 新築建築

利子補給制度
なし あり
利子補給条件/備考等
-
対象者は、以下の条件を全て満たす者。(a)借入先が中央労働金庫(神奈川県内の各支店)で融資期間が10年以上の者。(b)同じ事業所に引き続き1年以上勤務している者で、自分の居住する住宅を市内に新築する者。※すでに住宅を所有している者を除く。(c)市民税を完納している者。利子補給期間は返済を始めた月から2年(24ヶ月)間以内。利子補給率は年3%以内。市で算出した額と実際に支払った利子額の1/2の額のいずれか低い方の金額。対象借入額は100万円から600万円。
補助/助成金制度
なし あり
補助/助成金上限金額
- 15万円
補助/助成金条件/備考等
-
【住宅用スマートエネルギー設備導入奨励金】2017年4月1日から2018年3月15日までの間に、自ら居住する市内の住宅に未使用品の対象設備(太陽光発電システム及び太陽熱利用システム(一律3万円)、エネファーム及び定置用リチウムイオン蓄電池(一律5万円))を設置した方が対象。また、太陽光発電システムに加え、エネファーム又は定置用リチウムイオン蓄電池を設置し、かつHEMSを設置し、同時に申請した場合には、スマートハウス加算(一律2万円)の対象となる。

住宅取得支援 新築購入

利子補給制度
なし あり
利子補給条件/備考等
-
対象者は、以下の条件を全て満たす者。(a)借入先が中央労働金庫(神奈川県内の各支店)で融資期間が10年以上の者。(b)同じ事業所に引き続き1年以上勤務している者で、自分の居住する住宅を市内に購入する者。※すでに住宅を所有している者を除く。(c)市民税を完納している者。利子補給期間は返済を始めた月から2年(24ヶ月)間以内。利子補給率は年3%以内。市で算出した額と実際に支払った利子額の1/2の額のいずれか低い方の金額。対象借入額は100万円から600万円。
補助/助成金制度
なし あり
補助/助成金上限金額
- 15万円
補助/助成金条件/備考等
-
【住宅用スマートエネルギー設備導入奨励金】2017年4月1日から2018年3月15日までの間に、自ら居住する市内の住宅に未使用品の対象設備(太陽光発電システム及び太陽熱利用システム[一律3万円]、エネファーム及び定置用リチウムイオン蓄電池[一律5万円])を設置した方が対象。また、太陽光発電システムに加え、エネファーム又は定置用リチウムイオン蓄電池を設置し、かつHEMS を設置し、同時に申請した場合には、スマートハウス加算(一律2万円)の対象となる。

住宅取得支援 中古購入

利子補給制度
なし あり
利子補給条件/備考等
-
対象者は、以下の条件を全て満たす者。(a)借入先が中央労働金庫(神奈川県内の各支店)で融資期間が10年以上の者。(b)同じ事業所に引き続き1年以上勤務している者で、自分の居住する住宅を市内に購入する者。※すでに住宅を所有している者を除く。(c)市民税を完納している者。利子補給期間は返済を始めた月から2年(24ヶ月)間以内。利子補給率は年3%以内。市で算出した額と実際に支払った利子額の1/2の額のいずれか低い方の金額。対象借入額は100万円から600万円。
補助/助成金制度
なし あり
補助/助成金上限金額
- 15万円
補助/助成金条件/備考等
-
【住宅用スマートエネルギー設備導入奨励金】2017年4月1日から2018年3月15日までの間に、自ら居住する市内の住宅に未使用品の対象設備(太陽光発電システム及び太陽熱利用システム(一律3万円)、エネファーム及び定置用リチウムイオン蓄電池(一律5万円))を設置した方が対象。また、太陽光発電システムに加え、エネファーム又は定置用リチウムイオン蓄電池を設置し、かつHEMSを設置し、同時に申請した場合には、スマートハウス加算(一律2万円)の対象となる。

住宅支援 増築
・改築
・改修

利子補給制度
なし あり
利子補給条件/備考等
-
対象者の要件あり。利子補給期間は返済を始めた月から2年(24ヶ月)間以内。利子補給率は年3%以内。市で算出した額と実際に支払った利子額の1/2の額のいずれか低い方の金額。対象借入額は100万円から600万円。(2)【耐震・防火構造改修工事費用融資制度利子補給】利子補給率は年2.2%、他要件あり。
補助/助成金制度
あり あり
補助/助成金上限金額
(1)10万円(2)90万円 (1)15万円(2)111万円
補助/助成金条件/備考等
(1)【町田市住宅バリアフリー化改修助成制度】市内業者の行うバリアフリー改修工事の経費の4/5、上限10万円。(2)【木造住宅耐震改修事業助成制度】1981年5月31日以前の住宅が対象。助成金は、精密耐震診断は経費の1/2、上限10万円。耐震設計は経費の1/2、上限10万円。耐震改修は経費の1/2、一般世帯50万円、高齢者世帯70万円が上限。簡易耐震改修もあり。その他要件あり。
(1)【住宅用スマートエネルギー設備導入奨励金】2017年4月1日から2018年3月15日までの間に、自ら居住する市内の住宅に未使用品の対象設備(太陽光発電システム等及び燃料電池システム等)を設置した方が対象。また、一定の場合には、スマートハウス加算の対象となる。(2)【戸建住宅耐震改修工事費用補助】耐震改修工事費用の1/2、上限80万円を助成。建築士立会い費用の1/2、上限6万円を助成。高齢者世帯等は上限25万円加算。

新・省エネルギー設備機器等導入補助精度

都道府県の助成制度
あり あり
都道府県の助成内容
(1)【既存住宅における高断熱窓導入促進事業】窓を高断熱窓に改修する場合、その経費の一部を助成。上限50万円。(2)【家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業助成金】蓄電池システムは1kWhあたり4万円、上限24万円。ビークル・トゥ・ホームシステムは機器費の1/8、上限5万円/台。家庭用燃料電池(エネファーム)は機器費の1/5、上限10万円/台。太陽熱利用システムは機器費、工事費の1/3 、1m2あたり6万円、上限24万円。 (1)【平成29年度神奈川県蓄電システム導入費補助金】蓄電システムの導入にかかる設備費及び工事費の1/3、上限40万円。ただし県ZEH導入費補助と併用の場合の上限は20万円。(2)【平成29年度神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入事業】補助対象経費の1/3、上限30万円。
都道府県の助成制度申請期間
(1)2017/8/28~2020/3/31(2)2016/6/27~2020/3/31 (1)前期 2017/4/26~2017/9/29 後期 2017/10/2~2018/2/28(2)2017/4/26~2018/2/28
市区の助成制度
なし あり
市区の助成内容
- 【住宅用スマートエネルギー設備導入奨励金】2017年4月1日から2018年3月15日までの間に、自ら居住する市内の住宅に未使用品の対象設備を設置した方が対象。太陽光発電システム及び太陽熱利用システムは、一律3万円。エネファームは一律5万円、定置用リチウムイオン蓄電池は一律5万円。また、一定の場合には、スマートハウス加算(一律2万円)の対象となる。
市区の助成制度申請期間
- 第1期 2017/9/1~2017/9/29 第2期 2018/2/15~2018/3/15

住宅支援 その他

移住支援制度
なし なし
新婚世帯向け家賃補助制度
なし なし

※順位は登録されている市区のみを対象に算出されたものです

※調査後の制度改変、数値変更等により実際と異なる場合があります。
 最新情報は各市区役所へお問合せください。

RE-Guide不動産一括査定

あなたの不動産を無料で複数社に一括査定依頼できます!

RE-Guide収益物件

一棟アパート、区分マンション、土地などの投資物件情報

【生活ガイド.comで提供しているサービス】

地域情報主要都市札幌仙台さいたま川崎横浜静岡浜松名古屋神戸広島北九州北海道・東北北海道(東部)北海道(西部)青森岩手宮城秋田山形 福島関東茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川北陸・甲信越新潟富山石川福井山梨長野東海岐阜静岡愛知三重関西滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山中国・四国鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄地域特集横浜市松戸市江戸川区川口市京都市川崎市船橋市さいたま市奈良市宮古島市神戸市高槻市武蔵野市つくばエクスプレス足立区越谷市相模原市八王子市
サービス一覧Q&A口コミ地域レコメンド検索